美容・健康 広告・マーケティング

オンライン診療サービス「Oops(ウープス)」が世界最大級のデザイン賞「Pentawards(ペントアワード)2022」にてゴールド(金賞)を受賞

株式会社SQUIZ
 株式会社SQUIZ(本社:東京都目黒区、代表取締役:平野巴章)が展開する、オンライン診療サービス「Oops(ウープス)」が世界最大級のデザイン賞「Pentawards(ペントアワード)2022」にてゴールド(金賞)を受賞いたしました。ヘルスケア部門では唯一のゴールド受賞です。




 OopsはED診療Oops LOVE、AGA診療Oops HAIRの2つの診療ドメインを運営しています。
 「Oops Love(ウープス ラブ)」は20~30代の男性7人に1人が悩みを抱えているEDを、誰もが気軽に受診できる社会を目指し、2021年6月より開始した予約~処方までのすべてのステップをオンライン化したED診療のサービスです。
 EDは誰にでも起こり得るしごく当たり前の悩みであるにもかかわらず、「EDは男としてダメで、相談するのが恥ずかしい」という従来のネガティブなイメージを払拭し、EDの悩みは決して特別なものではなくあたりまえのものという世界をつくりたいという思いから生まれました。EDは男性だけの話ではなく、パートナーを含めた二人の話として向き合ってほしいという思いもデザインに反映されています。
 「Oops HAIR(ウープス ヘアー)」はED診療と同じくAGA診療のすべてのステップをオンライン化。AGA今悩んでいる方はもちろん、将来のAGAを予防したいという方のニーズにも応えています。さらに多くの美容室と提携しながら新しい髪型の提案なども行なっています。






※授賞式にて(左から取締役安宅亮、代表取締役平野巴章、アートディレクター小出鯉子)


Pentawards(ペントアワード)について

 ペントアワードは,2007年に創立された,パッケージデザインにおける世界で最も権威のあるデザインコンペティションです。毎年,世界中から優れたパッケージデザインがノミネートされ,高名なデザイナーや大手企業のパッケージデザインディレクターからなる12人の国際審査員によって審査が行われます。創造性やマーケティング効果に基づいて,金賞,銀賞,銅賞を授与。さらに,各部門でプラチナ賞1点,総合でダイヤモンド賞1点が授与されます。
URL:https://pentawards.com/live/ja/page/home


オンライン診療サービス「Oops(ウープス)」について



 「Oops(ウープス)」は、2021年4月に開始したオンライン診療サービスです。第1弾はED診療、第2弾はAGA診療で事業を展開。男性特有のセンシティブな悩みに対してデザインやコミュニケーションの力で、もっと相談しやすい場所つくりを行っています。また、コンプレックス市場と呼ばれるネガティブなイメージも変革していくための情報発信や教育も行い、新しい価値観を世の中に提案しています。


会社概要

企業名:株式会社SQUIZ
代表者:平野巴章
本社所在地:東京都目黒区駒場1−5−2−401
代表TEL:03-4405-3013
サービスURL:https://oops-jp.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)