美容・健康

ヘアケアメーカーのb-ex 西日本物流センターを開設~持続可能な社会の実現を目指し効率的な輸送とモーダルシフトでCO2排出量削減を推進~

b-ex
株式会社b-ex(本社:東京都世田谷区・代表取締役社長:福井敏浩)は、環境負荷低減の考えを基軸に、さらなるサービスレベルの向上とBCP対策を目的として2022年9月26日に関西エリアの新たな物流拠点として、大阪市西淀川区中島2-1-27プロロジスパーク大阪4内に「西日本物流センター」を開設いたします。




b-exは持続的な成長と持続可能な社会の両立のため、SDGsを経営の柱の1つに据え、2021年に明確なSDGs方針を掲げました。重要課題の1つとして「サプライチェーン全体におけるCO2削減」を設定しており、今回の「西日本物流センター」の稼働はその取り組みの一環になります。効率的な輸送の実現と、モーダルシフト(トラックによる長距離輸送の幹線部分を鉄道や船舶を使って輸送すること)を採用することで、CO2排出量削減を推進します。
また関西エリアに物流拠点を持つことで、BCP対策や、近畿・中国・四国・九州・沖縄エリアにおけるリードタイムの短縮及び翌日配送エリアの拡大を叶え、よりお客様にご満足いただける製品の提供体制の構築を図ります。

b-ex SDGs宣言
https://www.b-ex.inc/company/sdgs/




「西日本物流センター」概要


住所: 大阪市西淀川区中島2-1-27プロロジスパーク大阪4内
稼働開始: 2022年9月26日(月)
名称: 西日本物流センター
配送範囲: 近畿・中国・四国・九州・沖縄エリア




輸送量当たりのCO2の排出量(貨物)


貨物輸送において、各輸送機関から排出される二酸化炭素の排出量を輸送量(トンキロ:輸送した貨物の重量に輸送した距離を乗じたもの)で割り、単位輸送量当たりの二酸化炭素の排出量を試算すると下図の通りになり、営業用貨物車に対するCO2排出量は、船舶が1/5、鉄道の場合は1/10となります。





b-exについて


ヘアコスメブランド「Loretta (ロレッタ) 」やヘアカラーブランド「THROW(スロウ) 」で知られるヘアケアの総合メーカーです。1975年の創業以来、美容師とお客様に寄り添った製品提供を目指し、プロフェッショナル製品及び、コンシューマー向け製品の製造・販売を行っております。「人生に、新しい美の体験を」という新たな理念のもと、2021年3月に旧社名である「株式会社ビューティーエクスペリエンス」から「株式会社 b-ex」へ社名を変更。SDGsを経営の柱の一つとし、長期ビジョンとして「アジアNo.1クリーンビューティー*カンパニー」を掲げています。その一環として、昨年「グリーン革命( よりよい未来のために世界を変えること) 」をミッションに掲げるO’right社と資本業務提携し、持続可能な社会の実現に向けて邁進しています。
*クリーンビューティー:人や環境に配慮して開発された美容製品のこと


〇b-ex公式サイト↓
https://www.b-ex.inc/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)