医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

スマート公共ラボのシステムを応用して「大阪南医療センター」の予約システムを構築!オンライン化で「病院DX」を実現し効率性を向上

プレイネクストラボ株式会社
■LINEのみで完結する「予約システム」

プレイネクストラボ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:柏 匠、以下 プレイネクストラボ)が全国の自治体で導入を支援している、スマート公共ラボのLINE GovTechプログラムを応用して、独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター(以下 大阪南医療センター)の予約システムを構築し、サービスが開始されたことをご報告いたします。今回のオンライン化により「病院DX 」を実現し当日のFAXや電話は不要で予約可能になりました。




大阪南医療センターLINE公式アカウント(医療関係者向け)
https://page.line.me/240jojrj

■導入事例が豊富なシステムを応用

全国の自治体で導入が進んでいる、スマート公共ラボのLINE GovTechプログラムは、新型コロナワクチンや公共施設の予約にも活用されています。このような導入事例の豊富なシステムを応用し、大阪南医療センターの予約システムを構築いたしました。従来は予約をする際にその場でFAXをする必要がありましたが、今回のオンライン化によりその場でのFAXは不要になりました。

■医療従事者の手間が減少

今回の予約システムは一般の方ではなく、大阪南医療センターと提携している地域の医院や診療所など、医療従事者の方が利用いたします。たとえば、診療所やクリニックに訪れた患者様を診察し、より精度の高い検査をする必要があると判断した医師が、大阪南医療センターの予約手続きをするといった流れになります。患者様にとっても、より速やかな診療が可能となりました。

■エコにも繋がるデジタル化

今回の予約システムはLINEのみで完結するため、紙の用意はもちろん、手間や時間もかかりません。また、紙を使用しないことでエコに繋がり、環境にもやさしいデジタル化の取り組みとなります。

■今後は「教育機関」「民間企業」にも応用

今回の大阪南医療センターのケースのように、今後は地方公共団体以外にもLINE GovTechプログラムを応用し、DX化を促進いたします。病院、教育機関、民間企業などにおいてもデジタル化を実現することで、現場で働く職員の方々の負荷を軽減し、住民の方々の生活の質を向上できるよう、より一層精進してまいります。

LINE GovTechプログラムを応用したDX化にご興味のある方は、プレイネクストラボまでお気軽にお問い合わせください。

<プレイネクストラボ株式会社について>
会社名:プレイネクストラボ株式会社
https://www.playnext-lab.co.jp/

設立:2016年1月
本社:〒141-0031
東京都品川区西五反田3丁目11番6号
サンウエスト山手ビル 4階

2016年創業。”技術と多様性で未来をつくる”をビジョンとし、スマホゲーム・HR TECHサービス・チャットボットシステム開発などの多彩なサービスを手がけてきた他、近年では行政と市民を繋ぐGovTech(ガブテック)のサービス提供にも注力しています。

17カ国からメンバーが集まるグローバルなエンジニアチームの開発力を武器に、自社サービスの成長を追求し、社会とクライアントを最新技術で支える「デジタルトランスフォーメーション創出カンパニー」を目指します。

<問い合わせ先>
本リリースに関するお問い合わせはこちら
プレイネクストラボ株式会社/問い合わせ窓口
E-mail: info@playnext-lab.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)