インテリア・雑貨 美容・健康

化粧水、乳液などの詰替用を9月28日(水)から発売

株式会社良品計画
ボトルと比べてプラスチック量を約1/4に削減

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、これまでボトルで販売していた化粧水や乳液などの詰替用品15アイテムを、9月28日 (水)から全国の無印良品の店舗とオンラインストアで発売いたします。今回の化粧水、乳液の詰替用品の発売を皮切りに、2023年中にすべてのスキンケア用品で詰替用を販売していく予定です。



スキンケア用品の詰替が登場。ボトルは、より使いやすい仕様に
  良品計画は、2021年に発表した中期経営計画において、全ての商品をESGの視点で設計することを目指しています。スキンケア用品は、年間約2500万個※1を売り上げる定番かつ人気の商品群です。だからこそ、プラスチックの廃棄量削減に関する取組が重要と考え、これまで使用済みボトルの回収を行ってきました。また、リピーターのお客様も多く、ご愛用いただいているお客様から「化粧水のボトルを捨てるときに罪悪感がある」「環境に配慮した詰替があると嬉しい」などのお声をいただいておりました。これらを受け、今回スキンケア用品の詰替用を発売することにいたしました。
 詰替パウチは、ボトルと比べて包材のプラスチック量が約1/4となり、一本あたり約22gを削減できます。これにより、年間約91トンのプラスチックを削減できる想定です※2。また、ボトルはこれまでスクリュータイプだったキャップを、片手でも簡単に開閉することができるワンタッチキャップに変更しました。中栓がなくなったことで詰め替えがしやすい仕様となっています。
 良品計画ではこれからも肌に優しく、環境にも優しい商品づくりを行ってまいります。
※1敏感肌シリーズ、エイジングケアシリーズ、クリアケアシリーズ、導入化粧液、拭き取り化粧水、マイルドシリーズ全品の21AWから22SSまでの販売数量
※2該当15商品の23年8月期年間売上計画をもとに推計 


■商品詳細
 岩手県釜石市の鉱山でとれた天然水を使用したスキンケアシリーズです。数十年かけてゆっくりと地層に濾過された天然水を使用しています。




※詰替え時の注意 ●必ず同じ種類の本体ボトルに詰替えてください。●詰め替え口の部分を持ち、液の飛び出しに注意し点線に沿って切ってください。注ぎ口をボトルの口に差し込み、ゆっくりと注ぎ込んでください。●ボトルとキャップは洗わずに、そのまま詰め替えてください。●本体ボトルの中身を使い切ってから、全量を詰め替えてください。品質を保つため、水や他の商品が混ざらないようご注意ください。●定期的に新しい容器にお取り替えください。●詰め替え後は、下部の製造番号を記録してください。(製品についてのお問い合わせの際に必要な場合があります。)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)