エンタテイメント 医療・医薬・福祉

<イベントレポート>おのののか、バービーがオンライン診療を体験!スキマ時間で安心・安全な診療を受けられる新しい医療の在り方とは

合同会社DMM.com
【DMMオンラインクリニック】朝日新聞社主催「GOOD LIFE フェア 2022」にてトークショーを開催!

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長兼CEO 亀山敬司 以下「DMM」)が新六本木クリニック(所在:東京都港区、院長 来田誠)と展開するオンライン診療プラットフォーム「DMMオンラインクリニック」は、2022年9月23日から25日に朝日新聞社が主催する「GOOD LIFE フェア 2022」へ出展、9月25日には同イベント内にてバービーさん、おのののかさん(以下敬称略)をゲストにお招きし、オンライン診療と女性の暮らしをテーマとしたトークショーを開催いたしました。




「DMMオンラインクリニック」は、IT企業であるDMMがオンライン診療のパイオニアである新六本木クリニックをサポートし、両者が連携することで、オンラインサービスの観点から医療を身近にし、QOLの向上を実現するためのオンライン診療サービスです。
今回のトークショーでは、”オンライン診療のある暮らし”をテーマに、新六本木クリニック院長・来田誠と、合同会社DMM.com ヘルスケア事業部長・岡部篤史が、タレントのバービーさん、おのののかさんと共に次世代のオンライン診療の未来についてトークを行いました。


ちょっとした体調の相談や予防目的のクリニック受診は、”時間がなくて難しい” ”ハードルが高い”




冒頭、「クリニックで困ったことはありますか?」との問いかけから始まったトークショー。現在ママタレントとして活躍されているおのののかさんは、「子供が生まれてから自分の時間が取れず、自分の体調で少し気になることがあってもなかなか診察を受けることができていないんです。もともと面倒くさがり屋なので病院に行くのはハードルが高いと感じていました」と話しました。バービーさんは、「婦人科だけでも行きつけのクリニックが3件ほどあり、検査を受けに行くところ、病気になったときに行くところ、相談をするところと使い分けています。自分の体のことなので興味を持って調べるようにしています」と話し、それに対し来田は「悪くなってからでは治療するのが大変になってしまうので、予防のために診療を受けてもらうのは大事なことです。困ったことがあればぜひ相談してもらいたいですね」とコメントしました。さらに、バービーさんは自身のYouTubeチャンネルで投稿しているクリニック関連の動画への反応にも触れ、「自分ではなかなか病院に行かないという声が多いですね。私の動画がきっかけで診察を受けたり、疾患が見つかったりしたという人もいます。もっと多くの人にクリニックに行ってほしいなと感じています」と呼びかけました。


今の時代に合った安心・安全な医療の形としての”オンライン診療”



MCから「もし自宅で待っているだけで薬が届いたり、スマホの中にかかりつけ医がいるとしたら、どうでしょうか?」と聞かれると、おのののかさんは、「通常は病院での待ち時間のあと、さらに薬局でも待たないといけないですよね。家で待っているだけで薬が届くサービスがあるならすごくありがたいです」と興味津々。バービーさんも「自宅からスマホで診療が受けられたら、困ったときにいつでも連絡しちゃいますね」と関心を寄せました。それを受け、DMM.com ヘルスケア事業部の岡部から「DMMオンラインクリニック」のサービスの紹介が行われました。
「DMMオンラインクリニック」は、2021年12月より提供を開始したサービスで、新六本木クリニックがオンラインによる医療サービスを提供し、DMMが事業運営を担当しています。岡部は同サービスを立ち上げた背景について、毎年花粉症の時期になると薬をもらうためだけに仕事を休まないといけないことに時間の無駄を感じていたと話しました。そして、薬を処方してもらうだけでいいようなことであれば、自分が病院に行くのではなく、”医師が自分のスマホに来る”世界観があってもいいのではないか、とサービスにかける思いを語りました。その後、オンライン診療のパイオニアである新六本木クリニックと総合ITメガベンチャーであるDMMが協力することで実現した「DMMオンラインクリニック」の4つの強みとして、1.国内最安クラスで処方薬の提供ができること、2.初診・再診に関わらず診察料が無料であること、3.最短当日発送・当日到着で、自宅やコンビニなど好きな場所で薬を受け取れること、4.自宅やオフィスなど好きな場所からすぐに受診可能なことを挙げました。特に、薬が最短30分で届くことや診察料が無料であることには、おのののかさん、バービーさんお二人から驚きの声があがりました。
また、現在「DMMオンラインクリニック」ではメディカルダイエット、メディカルスキンケア、ピル、パーソナル漢方、AGA、EDなどのデリケート医療、美容医療を中心とした自由診療領域に対応していると紹介。これらのQOL(Quality of Life / 生活の質)に関わる領域の医療を診察料無料で提供することで、医師の診察にもとづいて安全な薬が処方される環境を作り、便利なだけでなく医療の安心・安全も担保したサービスを目指しているとアピールしました。
さらに、スマホが当たり前になった時代にも関わらず医療のあり方が長らく変わっていないことへの課題意識を掲げ、今後「DMMオンラインクリニック」のサービスを通じて、今の時代に合った安心・安全な医療を再定義することで医療業界の未来を創っていきたいと意気込みを語りました。


「予約が非常に簡単」「普通の診療と変わらず安心感がある」と好評のオンライン診療体験!



続いて、プライベートでもクリニックに頻繁に通われているバービーさんに実際のオンライン診療を体験していただきました。バービーさんは、今回の診療内容として『ピルの処方』を選択。ログインするだけで簡単に予約が可能であることや、問診票を記入した後は予約時間を待つだけで診察が受けられるとの説明を受けながら、「診察予約をする前にサイト上でも気になることを自分で調べられるのが良い」「予約までのステップが非常に簡単」と感想を述べました。
その後担当の医師につながると、「ピルってなんですか?」「副作用はないんですか?」など、ピルの処方を受ける方が気になるであろう質問や悩みを相談するバービーさん。医師の説明とアドバイスに対し、「普通の診療と変わらないですね。細かく説明してもらえて安心感があります。薬のラインナップが心配でしたが、取り扱っている薬の種類も豊富なんですね」と感心した様子でした。
また、おのののかさんからの「診療の制限時間はあるんですか?」という質問に対しては、来田が「初めての患者さんでも納得いくまで相談できるようにしています。聞きそびれたこともLINEで医師と直接やりとりができますよ」と話し、ゲストのお二人も「これで無料なのはすごすぎる」「いたれりつくせりですね」と感動をあらわにしていました。
その他にも、「婦人科に一緒に行くのは難しいかもしれないが、オンラインなら女性と一緒にパートナーの男性も話を聞けるのではないか」「怪しいサイトで簡単に薬が買えてしまうこともあるが、医師がきちんと処方した薬をすぐに受け取れるようになることで、偽物の薬を扱うような怪しいサイトが減るのではないか」といった前向きな意見が生まれていました。

最後に、おのののかさんは「忙しい方も多い中、手軽に医師と会話できるのは革新的でありがたいと感じました。一人でも多くの人にこのサービスを知ってほしいですし、身近な人との間でもぜひこういうサービスがあることについて会話してみてほしいです」とメッセージを送り、バービーさんも「私も” 自分の体のことは自分で管理しなくてはいけない”という思いで日々情報発信をしているので、今日のお話を聞いてクリニックに興味を持たれた方は、ぜひYouTubeチャンネルも見てもらいたいです」とコメントし、トークショーが締めくくられました。


【登壇者プロフィール】


バービー
東洋大学文学部印度哲学科卒業。
2007年、お笑いコンビ「フォーリンラブ」を相方・ハジメと結成。 「イエス、フォーリンラブ」を決め台詞とする恋愛ネタで人気を博す。
コメンテーター、ラジオパーソナリティのほか、エッセイの執筆、下着のプロデュース、地元の町おこしなど芸人の枠を超えて幅広く活動。


おのののか
「東京ドームのビール売り子 No.1 」として話題になり、
バラエティー番組などでご活躍。プライベートでは、 2020 年に競泳選手の塩浦慎理(しおうら しんり)さんとご結婚、
第一子が誕生。現在、ママタレントとしても活動。

新六本木クリニック院長 来田 誠
・京都大学医学部卒
・日本精神神経学会認定 精神科専門医 精神保健指定医
・新六本木クリニック院長
・2016年に新六本木クリニックを開設しオンライン診療を開始。

DMM.com ヘルスケア事業部長 岡部篤史



「GOOD LIFE フェア 2022」について



「明日(ミライ)のために、今日(イマ)からグッドライフ」をコンセプトに、その日からできる身近なグッドライフを知り、学び、共感することで、SDGsに根ざした「心地よい豊かな生活」に向けた第一歩を踏み出すためのイベント。

8つの専門エリア(グッドフード&クラフト、健康&ビューティ、趣味&レジャー、雑貨&ファッション、住まい、働き方、人生設計、SDGsマーケット)で構成され、社会課題の解決につながる商品・サービスを展開する企業や自治体など約350ブース(予定)の展示のほか、体験コーナーやステージイベントなども多数用意され、会期の3日間で計18,948名が来場しました。

【開催概要】
名称:GOOD LIFE フェア 2022
会期:2022年9月23日(金・祝)~25日(日) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:東京ビッグサイト東3ホール
開催規模:220社・団体/284ブース
来場者数:18,948名
主催:朝日新聞社
ウェブページ: https://goodlife-fair.jp/


「DMMオンラインクリニック」について



IT企業であるDMMがオンライン診療のパイオニアである新六本木クリニックをサポートし、両者が連携することで、オンラインサービスの観点から医療を身近にし、QOLの向上を実現するためのオンライン診療サービスです。
今後も自由診療領域において、国内最大規模のオンライン診療のプラットフォームを目指してまいります。

【概要】
サービス名称:DMMオンラインクリニック
提携医療機関名称:新六本木クリニック
診療内容:男性AGA、女性AGA、ピル、アフターピル、メディカルダイエット、ED・早漏防止、
飲む日焼け止め、メディカルアイラッシュ、メディカルスキンケア、パーソナル漢方、
睡眠導入剤、性感染症
サイトURL:https://clinic.dmm.com/


合同会社 DMM.com について

会員数3,914万人(※)を誇る総合サービスサイト「DMM.com」を運営。1998年の創業からこれまで、動画配信、FX、英会話、ゲーム、3Dプリントなど60以上のサービスを展開。沖縄での水族館事業参入、ベルギーでのサッカークラブ経営など、様々な事業を手掛けてまいりました。また2018年より若手起業家の支援を強化、「DMM VENTURES」による出資や、M&Aなどを積極的に展開しています。今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。
※2022年2月時点

・企業サイト:https://dmm-corp.com/
・プレスキット:https://dmm-corp.com/presskit/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)