その他 医療・医薬・福祉

11月開催!がんアドボケートセミナー(第12期ドリームキャッチャー養成講座)

公益財団法人日本対がん協会
~「やりたい」から「実現できる」へ!インパクトのある支援活動を目指して~

 公益財団法人日本対がん協会(東京都中央区、会長 垣添忠生)がんサバイバー・クラブは、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクト(東京都港区、理事長 福岡正博)と共催で がんアドボケートセミナーを開催いたします。



 
本年度のがんアドボケートセミナーは、「支援活動を起こしたい」と考えている方が、「実現する力」を身に着けることを目的としました。「ベーシックセミナー」と「アドバンストセミナー」の2部構成で開催いたします。さらに、両セミナーに参加し実現可能な企画を立てた修了者(団体)には、活動助成制度に申請するチャンスもあります。採択された方(団体)の活動は、公益財団法人日本対がん協会 がんサバイバー・クラブより印刷物・公式サイト等で活動支援をします。


セミナー概要

■ 日 時
・ベーシックセミナー 2022年11月20日(日)12:30~16:30
・アドバンストセミナー 2023年1月15日(日)12:00~15:00
■ 場所 : 東京都23区内
■ 参加費 : 無料
■ 定 員 : 20名
■ 申込締切 : 2022年10月20日(木)
■ 結果通知 : 2022年10月25日(火)
■ 対象者 : 次の(1)と(2)の両方を満たす方
(1) がんサバイバー、ケアギバー(家族、友人、パートナー)、患者支援に関する活動を始めたいと考えている方、始めている方、他の支援団体や活動をしたいと考えている方と交流を深めたい方。
(2) Zoom操作が自身でできる程度のネットリテラシーを有する方(操作に関するお手伝いは基本的にございません)。


詳細&お申し込み先

https://www.gsclub.jp/tips/18947


プログラム

【 ベーシックセミナー(11/20(日)12:30~16:30)】
1.「ミッション&ビジョン・マイ ドリーム」 を上野直人先生と一緒に考える
上野 直人 先生 テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(MDA) 教授
2.「アイスブレイク」
3.「患者会の活動事例とメンバーの巻き込み方」
4.「グループワーク」患者支援活動を考えよう!

【 アドバンストセミナー(1/15(日) 12:00~15:00)】
1.「発表」おひとり3分程度
2. 修了証 授与
3. お持ち帰り動画 「患者支援活動をするにあたり、心に留め置くべきこと」
平井 理心 先生(筑波大学附属病院 公認心理師/臨床心理士、医療メディエーター、 茨城県 院内臓器移植コーディネーター

※ プログラム内容が変更になることもあります。


アドボケート助成制度について

 日本国内におけるがんサバイバーやその家族の支援を目的とした活動を行う団体(個人)に対して、活動計画の実現に向けた資金の助成を行うものです。将来的に継続的かつ自立した活動につなげることを目的とし、新規事業、継続事業を問いません。団体設立のスタートアップにもご活用いただけます。

・下記(1)(2)を満たすことが申請条件となります。
(1) アドボケートセミナーの「ベーシック」と「アドバンスト」の両方を受講し修了した者。
(2)営利を目的とした団体ではないこと。
・助成金額:1団体あたり上限10万円 (採択団体数 最大10団体。)
・申込締切:2023年2月9日(木)
・助成金交付:2023年3月中旬


がんアドボケートとは

 一般的に、がん患者さんの立場に立って社会的な問題解決に取り組む活動を「がんアドボカシー活動」と言います。そしてその活動に取り組む人々を「がんアドボケート」と呼びます。


ドリームキャッチャー養成講座とは


 日本におけるより良いがん医療の実現を目指し、がんアドボケートに関わる明確な理由のもと、使命と夢をしっかり持ち、自らのがん医療の夢の実現に向かって努力し、邁進することのできる人材、すなわち「ドリーム・キャッチャー」を養成するプログラムとして、2010年より展開してきました。第11期までに修了した方々は様々な分野で活躍中です。

※過去の開催の様子(コロナ禍にてオンラインへ変更して開催)



※2022年9月10日(土)第1回目の開催の様子


2022年第1回 (9/10オンライン開催) 参加者の声

★ 他の参加者のビジョンや目標を聞くことで、自分自身の方向性を明確にすることができた。
★ 様々な領域で活動(または活動希望)されている方々のお話しを聞くことができ、色々なヒントやコラボの可能性を感じることができた。
★上野先生の考え方、実践してきたやり方、非常に勉強になりました。また読み返してしっかりと腹落ちさせたいです。
★ やはり、やる気のある、想いのあるサバイバーとワイワイ話せる場はいいですね。エネルギーをもらいました!
★グループワークや交流会の時間がもう少し長く欲しかったかな(いろいろな方と繋がりたい)と思います。



公益財団法人日本対がん協会

 1958年設立。「がんで悲しむ人や苦しむ人をなくしたい」との目標のもと、民間の立場で「がん予防・検診の推進」「がん患者・家族の支援」「正しい知識の啓発普及」という3つの柱に沿った活動に取り組んでいます。
日本対がん協会HP : https://www.jcancer.jp
がんサバイバー・クラブHP : https://www.gsclub.jp/
リレー・フォー・ライフHP : https://relayforlife.jp/
ピンクリボンフェスティバルHP : https://www.pinkribbonfestival.jp/


一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクト

 がん医療の推進に貢献することを目的として、がん患者さんがチーム医療の新の主役となり、がんでることがハンディとならない社会の実現をめざして2010年に設立された非営利団体( Webサイトhttp://www.oncology-education.or.jp/ )。
ドリームキャッチャー養成講座は、がん医療への夢を語り、共有し、実現させるための患者・家族・一般生活者による参加型プロジェクト(Oncology Dream Team Project)のひとつとして継続的に開催しています。( http://www.oncology-dreamteam.org/


本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人日本対がん協会
がんサバイバー・クラブ
担当: 横山/大田原
TEL:03-3541-4771 
Email: info@gsclub.jp
URL:https://www.jcancer.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)