ネットサービス・アプリ 美容・健康

乾燥肌の悩み1位は「ニキビ・肌荒れ」、試した商品は「化粧水」が最多、保湿で肌質を改善

ナイル株式会社
~「最後の商品」がわかるコスメ・化粧品の美容情報メディアLASELAによる調査~

ナイル株式会社(本社:東京都品川区、 代表取締役社長:高橋飛翔、 以下ナイル)が運営する美容情報サイト「LASELA」は、 2022年4月22日から9月18日の期間中、美容の悩みを抱える20代~40代の女性2,074名を対象に症状と購入した美容商品に関するアンケート調査を実施いたしました。


■調査結果概要
乾燥肌の女性575人が抱える肌の悩みは「ニキビ・肌荒れ」が最も多く、全体の56.7%でした。ニキビ・肌荒れを改善できた美容商品の1位は「化粧水」。また、過去に購入した商品のTOP3は「化粧水」、「クレンジング」、「フェイスパック」となりました。化粧水で悩みを解決できた人が商品を使い続ける理由は「保湿力が高い」であることが分かりました。
https://nyle.co.jp/lasela/articles/56883261179

乾燥肌の約6割が「ニキビ・肌荒れ」に悩んでいる
ニキビ・肌荒れの悩みを解決できたアイテムは「化粧水」
化粧水を使い続ける理由は「保湿力が高い」が48.2%で最多
過去に試した商品TOP3は「化粧水」「クレンジング」「フェイスパック」


■調査背景
今回の調査では、美容の悩みを抱える20代~40代の女性2,074人のうち、肌質が乾燥肌の人を対象に、肌の悩みと症状、購入した美容商品とその購入回数、使い続ける理由、使用感に関する結果を公開致します。

■調査概要
調査対象:全国の20代~40代女性 2,074人
調査機関:自社調べ
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年4月22日~9月18日
有効回答数:2,074人(20~29歳:961人/30~39歳:812人/40~49歳:301人)

■乾燥肌の約6割が「ニキビ・肌荒れ」に悩んでいる
20代~40代で美容の悩みを抱える2,074人のうち、乾燥肌の575人の回答で最も多かったのは「ニキビ・肌荒れ」で56.7%でした。乾燥肌の約6割が「ニキビ・肌荒れ」を解決したいと考えているようです。


■乾燥肌でニキビ・肌荒れの悩みを解決できたアイテムは「化粧水」
ニキビ・肌荒れに悩む乾燥肌の人に、解決できたアイテムをたずねたところ、最も多くの人が選んだのは「化粧水(34.7%)」でした。

化粧水でニキビ・肌荒れを解決できた乾燥肌の人のコメント ※一部抜粋


赤みやかゆみが収まっただけでなく、かさつきもなくなり、乾燥肌が改善された
使い始めてから鼻の横など乾燥しやすいところのカサつきがなくなった
元々アトピー性皮膚炎で重度の乾燥肌なのですが、こちらの商品は保湿力が高くかき傷などにも全く滲みないところ
カサカサの肌に最後にクリームで蓋をしても潤いませんでしたが、化粧水を使いはじめてから中から保湿されるという感覚が初めてわかりました
季節の変わり目で肌荒れしやすかったのが、使い始めて1年を通して肌荒れをする事がなくなり、保湿が出来ている事で頬の毛穴も目立たなくなっていると思う


■化粧水を使い続ける理由は「保湿力が高い」が48.2%で最多
化粧水でニキビ・肌荒れを解決できた112人に化粧水を使い続ける理由を聞くと、最も多かったのは「保湿力が高い(48.2%)」でした。半数近くが、肌の乾燥を防ぐために化粧水を使用し、ニキビ・肌荒れの悩みを解決できたようです。


「保湿力が高い」に続いて回答が多かったのは、「予防効果がある(23.2%)」、「刺激が少ない(19.6%)」となりました。化粧水を継続的に使用することで肌質の改善に繋がった、低刺激なので乾燥肌にも使用することができたとの声が多くありました。

化粧水を選んだ理由を「予防効果がある」と回答した人のコメント ※一部抜粋

使いつづけることで肌の綺麗さをキープすることができる
ニキビができにくくなったことと、ニキビ跡が目立たなくなってきた
使いはじめて1ヶ月程度で肌の乾燥を感じなくなり肌荒れをしなくなった
悩んでいた症状が改善した上に肌質が良くなった
悩みだった大人ニキビも出来にくくなり、できてもすぐ改善するようになったし、化粧のりがよくなったのでメイクも楽しめるようになった


化粧水を選んだ理由を「刺激が少ない」と回答した人のコメント ※一部抜粋

肌荒れしている時も染みずに使えるし、肌の調子を整えてくれている
ニキビができ始めた時などに使用すると悪化せずに済むので、必ず常備しています
肌荒れ中でも安心して使えるところ
肌に優しい素材が使われているので、安心して使い続けられるため
小さい頃はアトピー肌だった為極度に乾燥したり、合わないものは赤みが出たりするので使って良かった物は安心して使用できる


■乾燥肌の人がニキビ・肌荒れを解決するために試した商品TOP3は「化粧水」「クレンジング」「パック」
乾燥肌でニキビ・肌荒れを解決できた112人に、過去に試したことがある美容商品をたずねた結果、TOP3は「化粧水(27.7%)」、「クレンジング(14.3%)」、「フェイスパック(12.5%)」となりました。

化粧水は解決できた商品の1位に選ばれていますが、保湿力に欠けていた、肌への刺激が強く継続できなかった、効果は見られたが使用感が好みではなかった等を理由に、化粧水以外の別の商品を選んだ人も多くいたことが分かりました。

化粧水でニキビ・肌荒れを解決できなかった人のコメント ※一部抜粋

つけてもつけてもすぐに肌が乾いてしまい肌悩みの改善に至らなかった
肌荒れ中でも刺激がなく使用できたが、乾燥肌には保湿が足りなかった
しっとりしているのはいいが少しベタベタする感じがあった
効果は良かったがアルコールが強くて少しでも乾燥が強い部分の肌にはヒリヒリと染みて使い続けることができなかった
つけ始めは確かにしっとりするものの、肌荒れが改善することはなく、保湿効果も長く保たれず、暫くすると乾燥してしまった
肌への浸透率はとても良かったのですが、やはり肌荒れしていると、しみたり、乾燥しやすかったのが残念でした


■乾燥肌の原因とスキンケア方法【専門家監修】
乾燥肌を引き起こす原因は肌のバリア機能の低下にあります。バリア機能が正常な状態では、肌の水分が保たれているため、外部刺激から肌は守られています。しかし、このバリア機能が低下すると肌が乾燥しやすくなり、刺激も受けやすくなります。

バリア機能低下の要因としては生活習慣の乱れ、室内でのエアコン使用、紫外線からの影響、加齢に伴う肌質の変化、先天性の肌質…などが考えられますが、お肌をピカピカにしたいからと必要以上に洗いすぎたり、ゴシゴシしすぎたりしても、肌の乾燥状態を招いてしまう可能性があります。

潤いを与え、肌をなめらかに整える化粧水は乾燥肌にとって大切なスキンケアです。また乾燥肌の改善にはスキンケア全体を見直し、健康的な生活習慣を取り入れることも大切になります。乾燥肌に合ったスキンケアを取り入れて肌トラブルのない理想の肌へ導きましょう。



【専門家監修】乾燥肌の人向け正しいスキンケアの方法、アイテムの選び方
乾燥肌向け化粧水 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_skinlotion/skin_dry/
乾燥肌向けクレンジング https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_cleansing/skin_dry/
乾燥肌向け洗顔料 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_facewash/skin_dry/
乾燥肌向けパック https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_specialcare_pack/skin_dry/
乾燥肌向け乳液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_milkylotion/skin_dry/
乾燥肌向けファンデーション https://nyle.co.jp/lasela/productlist/basemakeup_foundation/skin_dry/


美容の悩みを解決できた「最後の商品」がわかるコスメ・化粧品の美容情報メディア「LASELA」では、美容の悩みに関する調査を今後も行ってまいります。

【LASELAについて】

「LASELA(ラセラ)」は、口コミで高評価な商品は数多くある中で、私にとって「最後の商品」になる美容商品、サービスと効率的に出会えるメディアです。すべての女性を美容の悩みから解放し、「なりたい私になれる」世界を作ることをミッションに、2022年春リリース。
https://nyle.co.jp/lasela/

【ナイル株式会社について】
2007年創業。「幸せを、後世に。」をミッションに掲げ、デジタルノウハウを強みに、マーケティングDX事業と自動車産業DX事業を展開する。
住所: 東京都品川区東五反田1丁目24-2 JRE東五反田一丁目ビル7F
設立: 2007年1月15日
代表者: 代表取締役社長 高橋 飛翔
資本金:3,674,556,838円(資本準備金等含む)
事業内容: マーケティングDX事業、自動車産業DX事業
URL: https://nyle.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
ナイル株式会社 マーケティングDX事業 メディアテクノロジー事業部(担当:中村)
TEL:03-6409-6805
E-mail:lasela-media@nyle.co.jp

■本データの利用について
1 データはご自由にご使用可能です。情報の出典元として、「LASELA」の名前を明記してください。
2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
https://nyle.co.jp/lasela/articles/56883261179
3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。
4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)