医療・医薬・福祉

生分解性&アレルギー抑制ゴム手袋「セーフクリーンゴーグリーン」新発売

A.R.メディコム・インク・アジア・リミテッド
「We have a choice.」私達は選択します。人と地球に優しい手袋を。

A.R.メディコム・インク・アジア・リミテッド(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:藤原慎一、以下、メディコムジャパン)は、生分解性、かつゴム手袋によるアレルギーリスクを低減した人と地球に優しいニトリル手袋「セーフクリーンゴーグリーン」を発売いたしました。




■製品開発の背景:ゴム手袋の問題点(廃棄の増加とアレルギーリスク)
世界のゴム手袋の流通量は感染意識の高まりから年々増え続け2021年では約4,200億枚に達しています。
そしてその内の約1/3程度は埋め立て地に廃棄されています。
大量生産、大量消費による世界的なゴミ問題は自然環境に大きな負荷をかけ、SDGsにも大きく関連しています。
さらに、ゴム手袋の使用機会が増えるにつれてゴム手袋の成分によるアレルギーを発症する方も増加し続けています。その中でもゴム手袋によるアレルギーで最も多いのが、天然ゴム、合成ゴム手袋の製造に使用されている「加硫促進剤によるTypeIVアレルギー」と言われています。
今回発売された「セーフクリーン ゴーグリーン」はゴム手袋の使用における問題点となっている、廃棄の増加と使用者のアレルギーリスクを軽減する手袋として開発されました。


■環境への配慮:通常の10倍以上の生分解性
一般的なニトリル手袋が生分解されるのには数十年の月日を要します。
「セーフクリーン ゴーグリーン」は酸素が少ない嫌気性の環境においても1~5年で生分解されます。埋立地での生分解は、微生物による自然なプロセスで行われ、土壌中の微生物が手袋を消化します。国際的に認知されているASTM D5511標準試験で測定されています。


                                  世界中でゴミは増え続けています


   私達はこの美しい自然を未来に残していきたいと考えています。

アレルギーを抑制する:天然ゴムラテックス&加硫促進剤不使用
近年ゴム手袋の使用によるアレルギーが増加していますが、アレルギーに関しては天然ゴムラテックス蛋白によるTypeI即時型アレルギーとゴム手袋の製造過程で使われる加硫促進剤によるTypeIV遅延型アレルギーが主な要因となっています。

実際に、ゴム手袋を大量に消費する医療従事者の手袋による接触皮膚炎の80%が「加硫促進剤」に起因すると言われおります。アレルギーはいつ発症するかわからず、発症すると根治させるのはとても困難です。
アレルギーを発症しないためにはアレルゲンと接触しない事が重要です。
「セーフクリーン ゴーグリーン」天然ゴムラテックスフリーかつ加硫促進剤フリーのため、一般的なゴム手袋よりアレルギー発症リスクが少ないゴム手袋となっております。




「We have a choice.」 人と地球に優しい手袋を。
メディコムジャパンの「セーフクリーン ゴーグリーン」は従来の伸縮性やフィット感、強度、耐久性といった機能を損なわずに、生分解性と低アレルギー性という機能を付加した次世代型ニトリルグローブとなっております。自分自身だけではなく、世界と未来の地球の為に役立つゴム手袋です。
手袋をご検討の際は是非、選択肢のひとつとして加えて頂ければ幸いです。


メディコムグループについて
私達Medicomグループは1988年の創業以来、世界中の方々を感染症から守る事を目的に感染管理に真摯に取り組んでまいりました。今では世界95ケ国以上の何百万人という医療従事者をはじめとする多くのプロフフェッショナルの方々に製品を愛用して頂いています。また、その製品群は8,500品目にのぼり、納入先は政府、病院、⻭科医院、研究機関、産業分野等10,000施設以上の実績となっております。
販売拠点はカナダモントリオール本社を中心に北米、アジア、欧州、中東、オーストラリア等18拠点。製造工場は北米、アジア、欧州に11箇所。日本は2003年に現代表の藤原慎一によって設立され、国内でも多くの基幹病院、⻭科医院、工場、研究機関、ドラッグストア等に私達の製品を納入しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)