流通 医療・医薬・福祉

宅配ロッカーシステム「Quist」がスギ薬局の「お薬受取ロッカー」として拡大展開

株式会社FUJI
~2023年2月までに100店舗への導入を予定~

株式会社FUJI(本社:愛知県知立市、代表取締役会長兼社長:曽我 信之、以下「FUJI」)が展開する、宅配ロッカーシステム「Quist(クイスト)」(以下「Quist」)は、株式会社スギ薬局(本社:愛知県大府市、代表取締役社長:杉浦 克典、以下「スギ薬局」)の「お薬受取ロッカー」として3店舗で導入いただいておりましたが、2023年2月までに100店舗への導入を目指し、設置を拡大してまいります。服薬指導済みの調剤薬を店舗の営業時間中いつでも受け取り可能となるサービスの拡大展開となります。


スギ薬局 陽光台店 様に導入されている「お薬受取ロッカー」(Quist)

【Quistの特長】
FUJIはコロナ禍による非対面・非接触へのソリューションとして、そして、小売業界で急速に広がるBOPIS(ボピス、Buy Online Pick-up In Store)へのソリューションとしてQuistを展開しておりますが、調剤薬受け取りシステムとしても活用されております。
「お薬受取ロッカー」は調剤薬受け取りの利便性向上のため、服薬指導後の調剤薬が店舗の営業時間中いつでも受け取り可能なサービスとして、一部店舗にて展開しておりました。このたびの拡大展開では、各店舗の規模やご要望に合わせ、下記の3タイプをご採用いただいております。



◆ QRコードを利用したシンプル・スマートなお薬の入庫・受取
◆ 「お薬受取ロッカー」用伝票発行システムをオプションにてご準備
◆ Quistクラウドを利用したリアルタイムなロッカー管理および監視システム
◆ 常温ユニットは、全天候型として、IPX4の防水規格を満たし、屋外設置にも対応
◆ -20℃~+15℃で温度制御可能な冷蔵・冷凍ユニットもラインナップ
  ※冷蔵・冷凍ユニットは、Quistに連結可能なホシザキ株式会社の製品です。
◆ 制御ユニットおよび各増設ユニットによるフレキシブルなロッカー構成が可能
◆ 各システムとのデータ連携を可能としたフレキシブルなシステムI/F提供
◆ 顔認証機能もオプションにて実装可能

【Quistの今後の展開】
社会の劇的な変化により、急速に高まった「より安心で便利な新しい生活様式」の実現に向けて、人々の快適な暮らしを支援する宅配ロッカーシステムのプラットフォームの提供を通じ、小売業・物流業の課題である労働力不足、再配達問題の解決に寄与できるよう、更なる企画・開発に努め、事業拡大を目指してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)