美容・健康

“食べる断食”で話題 1日3食のお米を食べて10日間で体質改善「若玄米リセットプログラム(R)」 9月22日より申込開始

一般社団法人日本健康食育協会
~セルフメディケーション大手、H.U.ウェルネスの腸内環境検査とスペシャルコラボ~

「食」から様々な課題を解決し、元気な社会を創造する一般社団法人日本健康食育協会(代表理事:柏原ゆきよ 所在地:東京都新宿区)は、お米を食べて腸内環境を整えるなど健康を促進するキャンペーン、「お米生活 腸を元気にキャンペーン 若玄米リセットプログラム(R)」を実施いたします。 実施にあたり、先着50名様限定の予約受付を専用キャンペーンページにて9月22日より開始いたします。 専用キャンペーンページ https://forested-kileskus-66d.notion.site/516ed568c06b4a8b890dbfd065389dbc






お米生活 腸を元気にキャンペーン 『若玄米リセットプログラム(R)』 概要

【申込み期間】 2022年9月22日(木)~10月27日(木)
【価格】 69,300円(税込)
【応募条件】腸内環境検査を若玄米リセットプログラム前後に行い、所定の検査機関に郵送いただくこと。
【応募方法】キャンペーンページより健康食育シニアマスターの講師に直接お申込みください。
【実施内容】10日間、基本的に3食「若玄米リセットごはん+みそ汁」を中心に食べていただく健康
改善を図るプログラム。開始前にはオンラインで「虎の巻セミナー」、開始後には「ステップアップセミナー」を受けていただきます。
不安なことや疑問点は日本健康食育協会公認の健康食育シニアマスターによるカウンセリング、アドバイス等を約2週間実施し、不安や疑問を解消できるようにしています。
【キャンペーンページ】
https://forested-kileskus-66d.notion.site/516ed568c06b4a8b890dbfd065389dbc
【お申込み後からプログラム終了までの流れについて】


〈若玄米リセットプログラムの開催にあたって〉
若玄米リセットプログラムは当協会が開発から実施まで約5年の歳月をかけて完成させた健康促進プログラムで、提供開始より10年の実績があります。
近年、糖質制限ダイエットなどの影響で「お米」を食べると太るというイメージを持つ人が多く、多忙で食事をコンビニなどで簡単に済ませる人なども増え、日本の主食であるにも関わらず「米離れ」が加速しています。
当協会では、「若玄米リセットプログラム」などの取り組みを重ね、調査を進める中で「お米」は正しく食べることで健康改善につながると考えています。
今年の2月に開催した同プログラムでの参加者アンケートでは、約8割の方が「お腹回りがサイズダウンした」と回答し、92%の人が「お通じが良くなった」という結果がでており、ダイエットや腸内環境の改善が期待できることが分かりました。
今回のプログラムでは、参加者の方に「若玄米パックごはん」を食べていただくので、ご飯を炊く手間がなく、忙しい人でも参加しやすい内容となっています。
また、腸内環境の調査はH.U.ウェルネス株式会社様にご協力いただき、より医学的な観点で腸内環境への影響を調査しますので、年内を目安に当プログラムが体に与える効果が見えてくる予定です。

〈補足情報〉
◆今回のプログラムで参加者が食べるお米
「若玄米パックごはん」 https://maikoku.shop-pro.jp/?pid=170564785

◆プログラム開始前後の腸内環境調査に使用する
「H.U.ウェルネス 腸内環境検査」 
https://mierukara-hugp.jp/items/lifestyle/intestinal-environment/




一般社団法人日本健康食育協会について

日本健康食育協会は、2005年「食育基本法」の施行をきっかけに、一人ひとりのライフスタイルにあった継続可能な「食」のアドバイスを可能にする独自の教育プログラムを開発し活動を開始しました。
20年以上にわたる健康と食に関するカウンセリングを通して、4万人以上の人々の悩みや疑問を聞き、解決する為に必要なことは、栄養学の知識だけでなく、健康を支える医学や脳科学、心理学、運動学、食を選ぶ際の視点など、様々な周辺知識を得る必要があると感じたからです。
当協会では、健康を実現するために何が一番必要かを、健康ブームに左右されず選別する力を身につける教育が急務だと感じています。
そして、誰もがすぐに理解できる健康教育の普及により、元氣に生きがいのある社会の創造に繋がると信じています。
「健康食育」を軸に、指導者の育成、健康経営教育プログラムの開発、地域住民の健康サポートを通じた地域の活性化など、食から様々な問題を解決し、1人でも多くの方の健康を実現することで社会貢献を目指しています。



10万人以上の食サポートの経験から、日本人の体質とライフスタイルに着目し、お米(雑穀米)を主軸に「しっかり食べて太らないカラダづくり」を目指す独自のメソッドを確立。これまでボクシング世界チャンピオンをはじめとするトップアスリートや企業経営者、モデルなどへ食生活サポートやアドバイスを行い、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌など多数のメディアに出演。子どもから高齢者、女優やトップアスリートなど幅広いクライアントへの結果の出るアドバイスに定評がある。
25年以上、健康ブランディングの専門家として社員研修やメニュー開発、大人向け食育セミナーの監修、上場企業や全国の地方自治体と健康プロジェクトを推進するなか、「健康食育マスター講座」を主宰し、健康食育の専門人材育成にも力を注いでいる。国内にとどまらずニューヨーク、台湾など海外でもセミナーや講演を開催、これまでに2000回を超え、大きな反響を呼んでいる。
著書『お腹からやせる食べ方』(三笠書房)、『疲れない体を作る疲れない食事』(PHP研究所)など累計15万部を超える。
そのほか、YouTubeお米チャンネルやSNSなどで、食事で体調を整え、人生を楽しく生きるヒントや、肌荒れ、高血圧、冷え性、便秘など様々な悩みについて、解決のヒントを配信・解説している。

お米チャンネル「人生が変わる食べ方」
https://www.youtube.com/channel/UC1ZZXxFmKCIxoaIaye3OQeQ


【法人概要】
◆社名: 一般社団法人 日本健康食育協会
◆代表理事: 柏原 ゆきよ
◆所在地: 東京都新宿区舟町8-2 石橋興業舟町ビル3階
◆設立日: 2011年12月28日
◆事業内容: 食と健康分野のコンサルティング事業/講演事業/人材育成、教育、研修事業
◆URL : https://jhe.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)