企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

「デジタルヘルスイノベーションフェア2022」に出展

キヤノンITソリューションズ株式会社
医療DXを実現するためのコンサルティング~システム構築~運用までワンストップで支援するサービスを紹介

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、2022年10月12日(水)から14日(金)まで幕張メッセで開催される「第5回 医療・介護・薬局 Week【東京】」の特別展「第2回デジタルヘルスイノベーションフェア」に出展し、お客さまの新たな付加価値創出とビジネス創造の加速をサポートする、キヤノンITSならではのサービスを紹介します。



キヤノンITSは、「第2回デジタルヘルスイノベーションフェア」において、医療DXを実現するためのコンサルティングから、医療情報ガイドラインに準拠したシステム構築、運用までワンストップで支援するサービスを紹介します。また、本展示会をプロデュースしているドクターズ株式会社(以下、ドクターズ)と2021年6月よりスタートした協業の取り組みについても紹介します。


■第2回デジタルヘルスイノベーションフェア
医療に関するAI・クラウド・モバイル・IoTといった最新技術を活用したデジタルヘルスに特化した展示会です。

□日 時 :2022年10月12日(水)~14日(金)10:00~18:00 ※14日(金)は17:00まで
□会 場    :幕張メッセ(〒261-8550千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
□主 催    :RX Japan株式会社、ドクターズ株式会社
□展示会HP   :https://www.medical-jpn.jp/tokyo/ja-jp.html

■出展内容
<医療IT クラウドコンサルティングサービス>
医療情報システムをクラウド化する際の課題となる3省2ガイドラインへの対応を、医療情報ガイドラインに精通したセキュリティ専門チームが支援します。

・医療情報ガイドライン適合性診断
アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)上での運用を想定もしくは実施しているシステム/サービスが、医療情報ガイドラインの要求事項へ適合しているかを診断します。不適合項目が発見された際は、是正措置案を検討・提案します。

・医療情報ガイドライン関連文書作成支援
3省2ガイドラインで作成が求められる「サービス仕様適合開示書」「サービスレベルアグリーメント」「運用管理規程」などのひな型提供およびドラフト作成を支援します。

・医療分野 AWS 利用標準化/ガイド作成支援
これからAWS上で医療情報の取り扱いを始める方向けに、3省2ガイドラインにのっとったAWS利用ルールの標準化や、利用ガイドの作成を支援します。

<医療IT クラウドシステムインテグレーション>
・医療情報ガイドライン準拠システム開発・構築
3省2ガイドラインおよびAWSに精通した担当者が、3省2ガイドラインの要件に準拠したシステムの開発・構築を支援します。

<医療IT クラウドコンプライアンスサービス>
医療情報ガイドラインに準拠したクラウド上での医療情報システムの運用を支援します。

・監査支援サービス
AWS上で稼働する医療情報システムの監査を目的とし、監査に必要な情報を収集・整理し、監査用情報として提供します。

・導入支援サービス
医療情報システムをAWS上に構築・利用するにあたっての契約変更やAWS上での監査情報の収集方法などの支援サービスを提供します。

・キヤノンITSによるAWSサポート(1次サポート)
AWSサポートの1次窓口を当社が提供します。

・AWSアカウント提供
医療情報を取り扱うシステム向けにAWSアカウントを提供します。(Solution Provider Programに基づくResold)

※アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

■キヤノンITSとドクターズとの協業体制について
医療の知見を持つドクターズが医療現場に即した事業戦略を立案し、キヤノンITSが、ガイドラインに準拠したシステム構築や、医療情報ガイドラインの適合性診断、関連文書作成支援などを提供します。これにより、医療業界におけるDX実現に向けて、医療現場で容易に利用ができるデジタルヘルスサービスの導入・運用を支援します。


● 一般の方のお問い合わせ先:デジタルビジネス企画部 医療ITクラウド担当 03-6636-5470(直通)
●医療IT クラウド紹介ページ:https://www.canon-its.co.jp/solution/healthcare/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)