その他

予選通過者決定!2022年度日本版 MedTech Actuator【ORIGIN JAPANプログラム】

大阪イノベーションハブ(公益財団法人大阪産業局)
公益財団法人大阪産業局は、日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部および大阪商工会議所と合同で、オーストラリアのMedTech Actuatorと連携し、起業初期からグローバル展開を意識した医療・ヘルスケア関連分野のビジネス検討を促す【ORIGIN JAPANプログラム】を、2022年9月19日~21日に開催。メルボルンで開催されるピッチコンペティションの日本代表選考に向けた国内予選を行い、3社が予選を勝ち抜きました。 https://medtechactuator.com/announcing-medtech-actuator-origin-japans-semi-finalists/



「ORIGIN JAPANプログラム」は、医療・ヘルスケア分野で起業初期からグローバル展開を意識したスタートアップを対象に、アイデアをいかに事業化するかを焦点にあてたアクセラレーションプログラムです。3日間の集中講義とピッチコンペティション予選を経て、15社の予選参加企業から選抜された3社が決定しました。
予選通過企業は、今後オーストラリア・メルボルンで海外のスタートアップと合同で行う集中講義とピッチコンペティションに参加し、グローバルを見据えた事業展開を考え海外ビジネスを加速させるチャンスを掴みます。



予選通過企業




※予選通過企業は、ジェトロによる旅費負担でオーストラリア・メルボルンへ渡航します。



MedTech Actuatorについて


オーストラリアを本拠地とする、医療・ヘルスケア分野専門のアクセラレーターで、2017年に豪州連邦政府、ビクトリア州政府などのサポートを得て創設されました。12か月のアクセラレーションプログラムを中心としたプログラムを運営しており、これまで55社が卒業、合計7,500万ドルの資金調達につなげています。CEOのBuzz Palmer 氏は、元臨床医で複数のスタートアップの起業・経営の経験をもつシリアルアントレプレナーであり、エンジェル投資家として活躍しています。



MedTech Actuatorとの連携プログラムについて


スタートアップの幅広い成長ステージに合わせ、以下3つのプログラムを実施します。

1. ORIGIN JAPAN(ピッチコンペティション+集中講義)
起業初期からグローバル展開を意識したビジネスの検討を促す、多国間ネットワークプログラム。全体で3つのフェーズから成る。
<Phase1> 大阪での集中講義およびピッチコンペティション予選。

<Phase2> 選抜された3社がオーストラリアの選抜者と集中講義。日本代表を決める。
<Phase3> メルボルンで開催されるファイナルラウンドに日本代表として参加。医療関係者が参加するGALA Dinnerでピッチし、投資家や大手企業との交流機会も提供。

2. GLOBAL NAVIGATOR JAPAN(現地ネットワーク構築プログラム)

具体的な製品・サービスをもつスタートアップ等を対象に、シンガポールおよびオーストラリアにおいて、現地のエコシステムを理解した上で、医療機関等とのネットワーク構築機会を提供。

3. メンタリング
MedTech Actuatorによる相談対応。医療・ヘルスケア分野における、幅広い成長フェーズに対応。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)