医療・医薬・福祉

開腹手術用エネルギーデバイス「THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X」を発売

オリンパス株式会社
先端カバーにより熱損傷リスクを軽減させ、安全な手技をサポート


オリンパス株式会社(以下、オリンパス)は、内視鏡外科手術や開腹手術で血管封止※1や組織の切開・剥離などに使われるエネルギーデバイス 「THUNDERBEAT(サンダービート)」シリーズから、開腹手術用の「THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X(和文名:サンダービート ファインジョー タイプエックス)」を欧州、米国、韓国で2022年10月以降順次発売します。なお日本では、8月下旬より先行発売済みです。
今回発売する「THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X」は、従来機種の特長である操作性の高い先端形状を維持しながら、先端に熱の伝達を抑制するカバー「サーマルシールド」を搭載しました。対象部位に隣接する組織や血管に対する損傷リスクを軽減させ、より安全で確実な手技をサポートします。
※1 手術中の出血を防ぐため手術部位に関連する血管に封をする(漏れたり流れ出たりしないようにする)処置。

▪発売の概要


製造販売元はオリンパスメディカルシステムズ(株)です。


▪主な特長
1.先端に搭載したサーマルシールドにより、意図しない熱損傷リスクを軽減させ、安全性向上に寄与
2.微細な先端形状により、より正確な手技をサポート
3.2つのエネルギーの同時出力により、1本のデバイスで多様な操作が可能



▲THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X
▪発売の背景
本デバイスを用いて行う甲状腺切除術※2や喉頭がんの外科的治療は、重要な神経の損傷を避けながら病変を切除する必要があるため、非常に微細な処置を要します。そのため、より安全で操作性の高いデバイスに対するニーズがありました。今回発売する「THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X」は、操作性の高い微細な先端形状を維持したまま、熱の伝達を抑制するサーマルシールドを先端に搭載しました。これにより、対象部位に隣接する組織や血管への意図しない損傷リスクを軽減させ、より安全で確実な手技をサポートします。
※2 甲状腺がん、バセドウ病などに対する手術。甲状腺を全て、または部分的に切除する。

▪主な特長の詳細
1.先端に搭載したサーマルシールドにより意図しない組織への熱損傷リスクを軽減させ、安全性向上に寄与

組織の切除や血管封止の際は、デバイスの出力するエネルギーにより操作部先端の温度が上昇します。本製品は、先端に高機能樹脂製のサーマルシールドを搭載したことで、デバイスから組織への熱伝達を最小限に抑えます。対象部位に隣接する組織や血管への意図しない熱損傷リスクを軽減させ、手技の安全性向上に寄与します。
▲サーマルシールド(イメージ) (左)従来機種、(右)THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X
2.微細な先端形状により、より正確な手技をサポート
先端にサーマルシールドを搭載しながらも、従来機種同等の微細な先端形状を実現しました。これにより、組織の把持や剥離など、繊細な操作を可能とし、より正確な手技をサポートします。

▲デバイス先端 (左)従来機種、(右)THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X
3.2 つのエネルギーの同時出力により、1 本のデバイスで多様な操作が可能
本製品は、超音波振動エネルギーとバイポーラエネルギー※3の2種類のエネルギーを同時に出力することにより、迅速な切開性能と高い血管封止性能の2つの特長を兼ね備えています。1本のデバイスで血管封止から切開・剥離まで多様な操作が可能なため、術中に複数の機器を交換する必要がなく、手術時間の短縮および効率向上に貢献します。
※3 双極型の電極で組織をつまみ、高周波電流を通電させることで、凝固および血管封止させる。

オリンパスの治療機器事業について
オリンパスの治療機器事業は、医療分野における革新的な技術と製造技術で医療従事者のみなさまとともに歩んでまいりました。診断そして低侵襲治療において、より良い臨床結果を生み、医療経済にベネフィットをもたらし、世界の人々の健康やQOL向上に貢献してまいります。ポリープ切除用のスネア開発に始まり、様々な製品が疾患の予防、診断、治療に役立っています。詳しくは、www.olympus.co.jp/ をご覧ください。
またオリンパスの公式Twitterもよろしければ、フォローください。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)