その他 医療・医薬・福祉

【10/6の「国際協力の日」に合わせてイベントに参加しよう】1.Instagramへの写真の投稿で途上国にワクチンを贈れるチャリティーイベントは10/9(日)まで開催中

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)
2.10/1(土)~2日(日)は日本最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2022」開催

UNICEFと協力して途上国の子どもたちにポリオ、はしか、結核などのワクチンを届け、命と未来を守る子どもワクチン支援を行う「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(以下JCV)は、誰もが気軽に国際協力やチャリティーに参加できるイベントとして、2022年9月5日(月)~10月9日(日)まで、Instagramへ写真を投稿すると、投稿1件につきワクチン1人分が途上国の子どもに贈られる「小さな幸せ、ひとつのワクチン」チャリティーキャンペーンを開催中です。 また、2022年10月1日(土)~10月2日(日)には、国内最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2022」が東京国際フォーラムで開催され、JCVも国際協力団体のひとつとして出展いたします。10月6日の「国際協力の日」に合わせて開催される、誰もが気軽に参加できるイベントに、皆さん是非ご参加ください。






【ここからつながる世界。ともにここから創る未来。みんなが参加する国際協力】

「グローバルフェスタJAPAN2022」の今年のテーマは「ここからつながる世界。ともにここから創る未来。みんなが参加する国際協力」。感染症、貧困、気候変動を始めとする地球規模の課題、ロシア軍によるウクライナ侵攻とそれに端を発した世界規模の食料危機など、人間の尊厳を脅かす問題は深刻さを増しています。
JCVが支援を行っている、開発途上国の子どもたちを守るためのワクチン支援においても、問題はより深刻となっています。例えば、ジフテリア・破傷風・百日ぜきを予防する3種混合(DTP)ワクチンの2021年の3回目接種完了率は、世界保健機関(WHO)と国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)によれば、2019年から5ポイント減の81%となり、過去30年間で最低の水準となってしまいました。このような現状だからこそ、誰もがこうした問題に関心を示し、多くの人たちが国際協力に参加することが何より大切です。

【「小さな幸せ、ひとつのワクチン」チャリティーキャンペーンとは?】

生活に当たり前となったSNSを活用して誰もが気軽に参加でき、ちいさな幸せを分かち合いながら、途上国の子どもたちへの支援に貢献できるチャリティーキャンペーンです。ハートの写真や動画を撮影し、#ハートアクションを付けてInstagramに投稿するだけで、1投稿につき1人分のワクチンを途上国の子どもに贈ることができます。9月28日時点で、既に約3,500件の投稿をいただいています。

●実施期間: 2022年9月5日(月)~10月9日(日)
●参加方法: 期間中にInstagramで「#ハートアクション」を付け、ハートにまつわる写真や動画を投稿すると、1投稿につき1人分のワクチンがJCVを通して支援国(ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツ)に寄付されます。
●協賛企業: 日本リユースシステム株式会社、ビープラスシステムズ株式会社、日本テクノ株式会社、株式会社柴橋商会、株式会社パートナーズコーポレーション、株式会社クラダシ、有限会社協栄、一般社団法人インターナショナルエキスパート総合協会、株式会社ZEN、ピジョンハーツ株式会社、フジイ化工株式会社、ピーアークホールディングス株式会社、東武トップツアーズ株式会社、ラサ商事株式会社、株式会社岡三証券グループ、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、株式会社ニッソウ(17社)
●特設サイト:https://www.jcv-jp.org/sharefor1smile


※対象となる写真や動画は、ハートの商品、イラスト、ポーズ、風景など、ハートであれば何でも問題ありません。


【「グローバルフェスタJAPAN2022」概要】

外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)の共催、内閣府、東京都、NHK等32団体の後援で行われ、国際協力、SDGsなどに取り組む官民様々な団体が参加する国内最大級の国際協力イベント。

●開催日程:2022年10月1日(土)・2日(日)
●開催時間:10:00~17:00
●会場:東京国際フォーラム ホールE2(※オンライン配信もあり)
●特設サイト:https://gfjapan2022.jp/


【JCV団体概要】



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)