企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

在宅医療介護業界の作業コストと人材不足問題を解決する株式会社Cone・Xiがシードラウンドで20百万円の調達を実施

株式会社Cone・Xi
株式会社Cone・Xi (コネクシー) (本社:岡山県岡山市 代表取締役:高木 大地、以下「当社」)は、ガゼルキャピタルをリードインベスターとして、ちゅうぎんインフィニティファンドを引受先とする第三者割当増資を実施しました。今回の資金調達により、創業からの累計調達額は26百万円となりました。 調達した資金は、chokowa(チョコワ)β版の実装、岡山県外エリア展開に向けてのシステム機能強化、カスタマーサポート体制の強化、それらに伴う組織の拡充へ投資をする予定です。


■本件の背景
医療費40兆円/年のうち4割を占める入院費が大きな問題となっています。2025年の医療体制計画では、入院ベッド数15万床削減・在宅復帰率75%を明文化されました。手厚い医療を必要としていない入院患者の約34万人を自宅や施設での治療に切り替え、更に2040年の年間死亡者数は168万人となり、在宅看取りのニーズが高まり地域医療構想が加速していきます。その中で注目されているのが訪問看護業界です。

業界のニーズは高まる中、2021年時点での訪問看護師は約7万人で、2025年には訪問看護師が11,7万人必要と試算されており、地域医療構想との兼ね合いを考慮すると、達成は極めて困難であると言われています。
そこで当社の提供価値として、訪問看護に特化した人材のマッチングと、訪問看護事業所の経営状況、及びスケジュール管理・共有ができる事業chokowa(チョコワ)を展開していきます。

【顧客の課題】
訪問看護事業所は、担当する利用者の病状変化などで緊急時対応や訪問回数の調整をしながらフレキシブルに対応しなければならない為、スケジュール調整に莫大な作業コストがかかっています。

また、スケジュール再調整時の作業コストという課題と共に、対応する看護師の人材が不足している点についても、訪問看護事業所が抱える大きな問題です。そこで当社が提供するプラットフォーム上のフリーランス看護師のスキルやエリア、空きスケジュール等から、訪問看護事業所のフレキシブルなスケジュールに対応した最適な看護師をマッチングします。これは人件費を固定費として考えない仕組みで、事業所運営の経費削減にも繋がります。
またこれと同時に、訪問看護事業所に特化した訪問スケジュール作成サービスを提供します。
訪問看護事業が安定的かつ高品質な経営を行うことにより、日本における医療サービス提供体制の変革が促進されることとなり、ひいては財政健全化ならびに新たな社会のありかたを提示できるようになると考えています。


■本案件で開発する「chokowa」について
chokowa(チョコワ)は、看護師に特化したスポットバイトを提供するサービスです。

1)スキマ時間を活用した看護師マッチングサービス
利用者の体調変化による緊急時対応、社員の体調不良などによる人材確保に伴う、急なスケジュール変更に対応できる看護師をマッチングします。


2)訪問スケジュール作成サービス
エクセル操作等が不要で「直感的操作」、スケジュール作成に特化した「シンプル機能」、小規模ステーションでも導入可能な「手頃な月額費用」のシステムを、クラウドで提供するものであり、社員間/連携機関とのリアルタイムな情報共有ができるサービスです。


■引受先からのコメント
Gazelle Capital 代表パートナー 石橋孝太郎 様からのコメント


記事内の"本件の背景"としてもご説明をいただいておりますが、日本における財政問題の中でも、医療費における入院費の課題は甚大です。国としても対策を講じているこの大きな社会課題に対して、さまざまな解決策が図られているかと思いますが、訪問看護/介護業界もその一つと期待されるところです。

そんな訪問看護の業界をさらに改善し、力強くしていくことで、日本全体にのしかかる課題を解決し、これからの社会を前に進める推進力を、高木さんのチームであれば、築いていただけるのではないかと感じております。
圧倒的に現場課題を知り、現場に寄り添える高木さんチームとご一緒させて頂き、彼らの今後の高成長のキッカケとなれるように努めてまいります。

https://gazellecapital.vc/

株式会社ちゅうぎんキャピタルパートナーズ 取締役 石元玲 様からのコメント


病院完結型から地域完結型の医療・介護の在り方(地域包括ケアシステムの構築)へシフトする中で、訪問看護師が果たすべき役割はますます重要となっております。一方で、訪問看護サービスに対する認知度は決して高いとは言えず、訪問看護師の絶対数も不足していることから、国として将来進むべき方向性と現状に大きなギャップが存在しており、在宅医療の普及整備は待ったなしと言えます。

Cone・Xi代表の高木さんは、自ら看護師として働く中で業界内に存在する大きな課題を発見し、その原体験をベースに多くの医療・介護・看護従事者の方々と意見交換を行いながら、サービス開発に取り組んでいます。こうしたチャレンジに共感する方が岡山だけでなく全国に少しずつ広がっており、将来Cone・Xiが社会全体に新しい価値を生み出すことを期待しております。

株式会社Cone・Xi 代表取締役 高木 大地


地域医療構想・地域包括ケアの実現の為に、訪問看護事業所が重要視される事は間違いありません。
当社サービスchokowa(チョコワ)によって、訪問看護事業所が抱える諸問題を解決し、安定経営に寄与しつつ、看護師が本来業務に集中できる職場環境を整えるお手伝いをして参りたいと考えています。
一方で、現在の訪問看護事業所の廃業率は、約5.8%と非常に高く、訪問看護業界のニーズが高まる中、訪問看護事業所を廃業させない仕組みも必要だと考えてます。廃業することで誰が困るのか、それは在宅療養者と訪問看護師(社員)です。

当社の理念でもある「心に描く、想いを繋ぐ」には、
それぞれの人生の中で色々な思い出があり、最期を在宅で迎えることを決断した利用者様に対して、悲しい想いはさせてはならない。楽しい思い出に浸りながら在宅での生活を過ごしていただける環境を作っていくことを理念として掲げています。

在宅療養者の幸せを願い、訪問看護事業所の支援、そして看護師の働き方をサポートしていきます。


< お問い合わせ先 >
株式会社Cone・Xi
Mail: info@conexi.co.jp
(平日 am9:00 - pm6:00)
問い合わせフォーム:https://conexi.co.jp/contact/
※本件のお問い合わせである旨をご記載の上、お問い合わせください。

■「株式会社Cone・Xi」について
・会社名   株式会社Cone・Xi ( 株式会社コネクシ- )
・所在地  〒704-8164 岡山県岡山市東区光津507-1 2階
・代表    高木 大地
・設立   2017年08月15日
・事業内容  chokowa(チョコワ):在宅医療介護の営業コストとミスマッチを無くすプラットフォームサービス、医療介護事業所のBPO事業
・HP https://conexi.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)