広告・マーケティング 出版・アート・カルチャー

トレンド・プロが健康経営支援プログラム「M3PSP」を導入、運用開始

株式会社トレンド・プロ
約2000社、10,000件の広告マンガ制作の実績を誇る株式会社トレンド・プロ(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡崎寛之、以下トレンド・プロ)は、エムスリー株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役:谷村 格、URL: https://corporate.m3.com/、以下エムスリー)が提供する健康経営支援プログラム「M3PSP」を導入・運用開始しました。





■導入の背景
テレワーク導入により、社員同士の直接的なコミュニケーション機会が減ったことや、運動不足などから、精神的・身体的に体調を崩す社員がコロナ禍以降少しずつ増えてきました。そこで、M3PSPを導入し、社員が気軽に専門家に体調の相談をできるようにすることで、健康経営を続けていける仕組みづくりをしました。

■トレンド・プロ代表岡崎寛之コメント
テレワークの導入により、対面でコミュニケーションをとることが少なくなり、社員の体調の変化に気づきにくい・体調不良を抱えていても相談しにくいといった状況を課題に感じていました。そんな折に本サービスを知り、自分自身・パートナー・子ども等の体や精神的な不調について、一人で悩みを抱えるのではなく気軽な相談先があることはとても助けになると思いました。未然の対処による社員の健康維持と、早期解決による生産性向上を期待しています。

■M3PSPについて
エムスリーは日本国内の約32万人の医師の約9割以上、31万人以上の医師会員を有する医療ポータルサイトm3.comを運営し、広く医療を前進させるための情報を提供しています。M3PSP(エムスリー ペイシェント サポート プログラム)は、この医師会員基盤を利用して、自力ではたどり着けない医療情報を従業員に提供し、適切な医療へと誘導するサービスです。従業員やその家族のこころとからだの不安を払拭し、貴社の健康経営に貢献する新しい福利厚生サービスです。

<株式会社トレンド・プロについて>
マンガのトータルプロデュース企業を目指すトレンド・プロは「マンガコンテンツで感情と行動を変える」を企業理念に、1988 年、“広告マンガ” 事業を 日本で初めて立ち上げた企業。広告・採用・社内マニュアル・ビジネス書籍などのマンガ制作を幅広く手掛け、これまでの制作実績は、約 2,000 社 10,000 件にのぼり、日本一の制作実績を誇ります。

所在地:東京都港区西新橋1−6−21NBF虎ノ門ビル9階
代表者:岡崎寛之
設立:1988年11月22日
URL:https://ad-manga.com/
事業内容:マンガに関わるあらゆる制作物の企画・制作・編集・出版

<お問い合わせ先>
株式会社トレンド・プロ
Tel:03-3519-6769(担当:絹巻)
Mail:pr@trendpro.co.jp

※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。
※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)