美容・健康 医療・医薬・福祉

30~40代女性が抱える髪悩み 1位は「白髪」、2位は「うねり」! アルコールの摂取量が多い人はうねりが出やすい?! 髪の毛のエイジングサインを見逃さない「医療美髪」治療メニュー開始

クレアージュ東京 エイジングケアクリニック
女性の発毛治療を中心に行うクレアージュ東京 エイジングケアクリニック(場所:東京都千代田区有楽町 院長:浜中聡子 以下「クレアージュ東京」)は、25歳~59歳の女性が抱える髪の毛についてのアンケート調査を実施しました。その結果、半数以上の女性が髪の毛に悩みを抱えていることが分かりました。 ※クレアージュが実施したインターネット調査、実施時期 2022年9月、25歳~59歳女性 350人を対象



秋は1年のうちで一番抜け毛が多くなるシーズンです。特に、今年の夏は梅雨明けも早く猛暑が続いたことから、頭皮と髪の毛が紫外線によるダメージを受けています。実際に、クレアージュへも多くの抜け毛のお悩みが寄せられています。

そこで、25歳~59歳女性を対象とした「髪の毛の悩み」についての調査を行ったところ、約半数となる64.3%の女性が髪の毛になにかしらの悩みを抱えていることがわかりました。


女性が抱える悩みは「白髪」と「うねり」だった!

髪の毛に悩みを抱えていると回答した方に、「どのような悩みがあるか」という問いに対し、「白髪」と「うねり」をあげた女性が約半数となりました。


髪の毛の色は、毛根部にあるメラノサイトという色素細胞で作られます。若い頃は、メラノサイトが活発に働いてメラニン色素をつくり、髪に色を届けます。しかし、メラノサイトの働きが年齢とともに鈍くなることで、つくられるメラニン色素が減少すると髪色も薄くなり、多くは黒から茶色や灰色へ、そして白へと段階的に変わっていき、「白髪」となります。
白髪は、今のところ医学的に治す方法はありませんが、髪の毛へのダメージを最低限に抑えるために、髪の毛に負担の少ないヒアルロン酸のカラーリング剤などを使用することや、生活習慣の乱れを防ぐこと、たんぱく質やミネラルなど髪の毛に必要な栄養を摂ることを推奨しています。

次にお悩みの多かった「うねり」と回答した方の年齢構成を比較すると、「髪の毛のうねり」を感じ始める方は30代~40代女性に多いことがわかりました。これは、髪の毛の加齢変化が30代半ばから後半にかけて起こることと一致した調査結果となります。

女性の髪の毛は30代後半から加齢変化が出始め、20代の頃と比べると髪質の変化を感じやすくなります。「髪の毛のうねり」とは、まっすぐに伸びた髪の毛ではなく、1本1本の髪の毛が波打つようにうねってしまうことを指します。「若いころには髪の毛にクセを感じなかったのに、髪がうねるようになってきた・・」という髪質の変化は、髪のエイジングサインの現れです。これは、髪の毛をつくる大切な働きをする女性ホルモン“エストロゲン”が20歳代後半をピークに加齢とともに減少し、女性ホルモンのバランスが崩れはじめることが原因で起こります。特に、もともと毛量が多く、髪が太い髪質の方にはその傾向が強く出ることが多いと言われています。また、お酒を飲むことが多くアルコールの摂取量が多い人にも、「うねり」が出ることが多い傾向にあります。


髪の悩みは泣き寝入りで終わらせない!クレアージュの「医療美髪」



髪の毛の悩みをもつ女性の94%が「今すぐに解決したい」「できれば解決したい」と回答しています。髪の毛は外見の印象を多く占める部分であり、髪の毛の悩みを解決されることで気分が前向きになることもあります。白髪やうねりから始まった悩みが、薄毛などの他のエイジングサインも出てくると、人と会うのも億劫になってしまったり、人の目が気になってしまったりすることも多いので、早めに治療を行うことでお悩みを軽減して多くの女性に明るく前向きな気持ちで日々を過ごしてもらえるようにと、クレアージュでは新たな外来を開設し、「医療美髪」治療を開始することにいたしました。


“医療美髪”で「マイナス5歳髪」を目指す「美髪外来」を開設

クレアージュでは、22年にわたり51万人もの患者様の発毛治療を行ってきた実績があります。多くの患者様の髪の毛に対するお悩みと向き合ってきたからこそ、早めにエイジングケアを行うことが重要だと考え、患者様の美しい髪を保つお手伝いをしたいと「美髪外来」を開設いたしました。髪質の根本改善を目指し、髪の毛の内側と外側の両方から医学的な治療でアプローチする“医療美髪”での美髪治療メニューをご用意しています。


美髪外来での処方メニュー



1.頭皮の血流を促進する発毛剤(外用薬)
30代後半以降は、年齢とともに血流が悪くなり、髪の毛に栄養が行きわたらなくなることから髪の毛のボリュームや髪質に変化を感じやすくなります。美髪外来では、頭皮の血液の流れを促進する発毛剤を使用し、ハリ・コシのあるご自身の髪の毛を生やしていくことで髪の立ち上がり、ボリューム感を出します。

2.髪の毛のハリ・コシ・ツヤを改善するサプリメント
ビタミンB1、パントテン酸カルシウム・ビール酵母・L-シスチン・ケラチン・葉酸を豊富に含むサプリメントを使い、髪の毛に必要な栄養素を補います。

3.ヘアメディカルサロン監修 特許技術を応用した低分子ヒアルロン酸トリートメント
ご自宅のトリートメントと一緒にご使用いただける泡タイプの低分子ヒアルロン酸トリートメントをホームケアとしてご使用いただくことで、髪の毛の水分量を上げ、髪の毛のシワやたるみ、キューティクルの開きが改善され髪本来のツヤを取り戻します。


美髪外来について、詳しくはWEBページでもご覧いただけます。

https://www.womenshealth-tokyo.com/ladies/beautyhair/
下記クレアージュグループのクリニックでも美髪治療が受けられます。
・クレアージュ大阪
・Dクリニック札幌  クレアージュ外来
・Dクリニック名古屋 クレアージュ外来
・Dクリニック福岡  クレアージュ外来


ヘアメディカルサロン銀座での美髪外来提携メニュー

提携ヘアサロンのヘアメディカルサロン銀座では、美髪外来と連携したトリートメント施術をご用意しています。
毛髪診断&高濃度トリートメント&ブロー 60分 7,700円⇒5,500円(初回のみ、2023年3月末まで) 詳しくはクレアージュまたはヘアメディカルサロン銀座スタッフにお問い合わせください。

浜中聡子 院長コメント



女性の髪の加齢変化は、30代後半頃から誰にでも起こります。
特に、うねり、白髪、抜け毛によるボリュームの低下など、20代の頃に比べて変化を感じやすくなり、髪の毛の悩みを抱える女性が多くなります。クレアージュでは、医学的なアプローチによって髪の毛の根本改善を目指し、髪本来の美しさを取り戻すお手伝いができればと思っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

浜中聡子(はまなかさとこ)医学博士 クレアージュ東京 エイジングケアクリニック院長
14年に渡り女性の髪の悩みに携わってきた女性専門・頭髪治療の第一人者として、
「クレアージュ東京 エイジングケアクリニック」にて、患者様が心身ともに健康で充実した毎日を過ごすことができるよう、医療面からのサポートを行っています。

クレアージュ東京 エイジングケアクリニック概要
クレアージュは発毛治療を中心とした女性の悩みに寄り添うクリニックです。
1999年より業界で先駆けて女性専門の発毛治療を開始し、開院から22年間で51万人※もの治療を行ってきました。クリニックには、頭髪(頭髪外来・産後抜け毛外来・美髪外来)・更年期・美肌・アートメイクの診療科目を設置し、特に頭髪外来は、Dクリニック 東京 ウィメンズ時代から15年以上の臨床実績で培った治療内容をご提供しています。女性のライフステージによって変化する、髪・肌・ホルモンバランスのエイジングに関する悩みを、患者様お一人お一人のライフステージに寄り添った複合的な治療をご提供できることがクレアージュの特徴です ※1999年7月~2021年12月 クレアージュグループ延べ患者数

クリニック名:クレアージュ東京 エイジングケアクリニック
所在地   :東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17F
院長    :浜中聡子
診療科目  :頭髪(頭髪外来・産後抜け毛外来・美髪外来)・更年期外来・美肌外来・アートメイク外来
診療日時  :火・木・金:10:00~19:00|水:13:00~19:00|土・祝日:9:00~18:00
休診日   :日・月
電話番号  :03-5224-6661
ホームページ:https://www.womenshealth-tokyo.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)