医療・医薬・福祉

【日本産科婦人科学会、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会、共催メディアセミナー】HPVワクチン、新たな視点でのがん予防―2022年11月11日(金)リアル&オンラインで開催

株式会社メディプロデュース
両学会から子宮頸がん、頭頸部がんのスペシャリストが登壇――積極的勧奨再開後の課題と男性への接種の重要性を最新データで報告

2013年以来、約9年にわたって停止していたHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種の積極的勧奨が再開され、この間に接種機会を逃した女性へのキャッチアップ接種の機会提供も始まりました。本セミナーでは海外及び国内でのHPVワクチン接種の最新情報と課題、近年増加傾向にある中咽頭がんを想定した男性への接種の重要性を、この領域で日本を代表する医師が解説します。


子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス感染を防ぐHPVワクチンは、2013年4月に定期予防接種の対象となりましたが、厚生労働省は「接種後に生じうる多様な症状等について十分に情報提供できない状況」にあるとして、同年6月、個別の接種勧奨(*1)を中断しました。2021年11月、厚労省の専門家部会でワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが改めて確認され、2022年4月、約9年ぶりに接種勧奨が再開されました。
定期予防接種の対象は、従来どおり小学校6年生から高校1年に相当する女子です。また1997~2005年度生まれで、情報がなかったために接種を逃した女性へのキャッチアップ接種も同時に始まり、2025年3月末までは公費で接種を受けられることになりました。しかし接種率の伸びは順調とは言えず、将来、多くの女性が子宮頸がんに罹患するリスクはまだ解消できたとは言えない状況です。

一方、HPVは男性にも無関係ではありません。中咽頭がん(*2)をはじめとするいくつかのがんの重要なリスクファクターであることがわかっています。世界的にはHPVワクチンの男性への接種を推奨する流れになっており、海外ではすでに男性への定期接種を行っている国もありますが、我が国ではまだ実現していません。

このたび、2022年11月11日(金)、日本産科婦人科学会と日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会による初の共催イベントとして、メディアセミナー「HPVワクチン、新たな視点でのがん予防」を開催する運びとなりました。国内外のHPVワクチンの接種状況と他の施策も含めた子宮頸がん予防の実情、そして中咽頭がんに関するアウトラインと男性へのHPVワクチン接種普及への展望を、両学会所属の医師が最新情報を盛り込みつつ解説します。

対面型のリアル会場、Zoomによるライブ配信のハイブリッド型開催となります。多くのメディアの方にご参集いただき、HPVワクチンとがんに関する最新の知見を多くの方にお伝えいただきたく存じます。

*1 : 対象者にワクチンの接種券やワクチンの効果や安全性に関する内容のリーフレットが送られる施策のこと。

*2:咽頭の中間部分で、口の上部の奥にある軟口蓋、口の奥の壁、口蓋扁桃、舌の奥の付け根部分の舌根を含む「中咽頭」にできるがんで、頭頸部がんに含まれる。

    ◇  ◇  ◇

●開催概要
【日時】
2022年11月11日(金)14時~16時(受付開始 13時30分~)

【開催形式】
セミナー会場での対面型開催とオンラインでのライブ配信のハイブリッド開催

【会場】
丸ビル・コンファレンススクエア Room5(東京都千代田区丸の内2丁目4-1 丸ビル 8階)

【ライブ配信】
Zoomによるライブ配信(お申込み後にURLをご連絡します)
※当日の講演内容(質疑応答は除く)は動画収録し、後日一般の方向けへの配信を予定しております。


●プログラム・講演詳細(敬称略)
【開会のご挨拶】
 木村 正(日本産科婦人科学会 理事長、大阪大学産科学婦人科学 教授)
 丹生 健一(日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 副理事長、神戸大学耳鼻咽喉科頭頸部外科学 教授)

【講演】
これまでのHPVワクチンの状況~子宮頸がんの予防の観点から~
○海外の状況
 宮城 悦子(横浜市立大学産婦人科学 教授)
○日本の状況
 上田 豊(大阪大学産科学婦人科学 講師)

HPV関連中咽頭がん
○HPVが引き起こすもうひとつのがん「中咽頭がん」
 猪原 秀典(大阪大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授)
○HPVワクチンの男性への接種の現状と展望
 折舘 伸彦(横浜市立大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授)

●総合討論~HPVワクチンの重要性や男子接種への展開などを中心に
 宮城 悦子(進行役を兼ねる)
 猪原 秀典(進行役を兼ねる)
 上田 豊
 折舘 伸彦
 川北 大介(名古屋市立大学耳鼻咽喉・頭頸部外科学 准教授)

●会場アクセス
丸ビル・コンファレンススクエア
JR 東京駅 丸の内南口 徒歩1分
東京メトロ 丸ノ内線 東京駅 地下道経由直結
千代田線 二重橋駅 直結
https://www.marunouchi-h-c.jp/building/1/hall

    ◇  ◇  ◇

●参加お申し込み
以下の申し込みページより必要事項を記入のうえ、お申し込みください。
https://bit.ly/3PL6Whq

締め切り:2022年11月10日(木)

●主催
日本産科婦人科学会
日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会


●お問い合わせ先
本セミナーの運営および広報は、日本産科婦人科学会、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会より株式会社メディプロデュースが委託を受けて実施しております。
メディアセミナー事務局(株式会社メディプロデュース内)
メール : hpv-seminar@mediproduce.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)