医療・医薬・福祉

IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社との業務提携に関するお知らせ

日本システム技術株式会社
 当社は、グローバル展開する米国企業IQVIAが日本で事業運営するIQVIAジャパン グループのIQVIAソリューションズ ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宇賀神 史彦、以下「IQVIA」)との間において、ヘルスケア分野に関する業務提携を開始しましたので、お知らせいたします。


1.業務提携の背景および目的
 IQVIAは、先進的かつ高度な分析機能、変革をもたらすテクノロジー、および臨床試験サービスをライフサイエンス業界の皆さまへ提供する世界的なリーディング企業として、患者の皆さまの医療アウトカムを高める革新的な治療の臨床開発と市販化を促進する、強力なインサイトを迅速かつ変化に対応する機敏性をもってご提供するインテリジェントな繋がり(intelligent connections)を創出します。現在、およそ82,000人の従業員が世界100以上の国と地域で事業を展開しており、IQVIAソリューションズ ジャパンは日本法人として国内を中心に活動しています。

 一方当社は、長年培った広範なICTを駆使し、医療機関が保険者に月単位で請求する医療費の明細書(レセプト)を高速かつ自動的に点検・分析するシステム「JMICS」を開発し、2010年8月よりサービス展開しております。また当社は、JMICSを核として、健診データ等外部データの取り込みや各種分析・通知サービスなどのデータヘルスソリューションを拡充し、2013年4月より医療ビッグデータ事業を推進して参りました。
 「医療データを価値あるものに」「ICTによる保険者業務DX」を両輪としたサービス創出による健康寿命の延伸と国民皆保険制度の維持をミッションとして、医療費分析や保健事業コンサルティング業務に加え、行動変容を促す通知事業から各種保健指導まで、保険者におけるデータヘルス計画の実行をワンストップでサポートしており、取引保険者数は、自治体様や健康保険組合様など全国で300団体を超えます。
 近年では「未来共創Lab」を立ち上げ、800万人以上の匿名化レセプトデータおよび健診データをソースとした、メディカルビッグデータを構築・提供しています。当部門では、ヘルスケア関連企業との新規商材開発や大学との共同研究を推進し、医療・健康に関する多種多様な社会課題の解決を目指しています。

 本業務提携により、両社が保有するメディカルビッグデータ、サービス・ノウハウや実績を有効に活用し、国民の健康増進・医療費適正化に向けたサービスの強化・創出を目指すと共に、ヘルスケア分野の社会課題解決に一層貢献することを目的としております。

2.業務提携の内容
 業務提携の概要は以下のとおりであり、前述の目的に資する提携について、今後は継続的に両者間で協議していくこととしております。

・ データ利活用分野
 IQVIAはJASTのメディカルビッグデータを統合し、これまでのノウハウ・経験を活かして両者合計1,300万人超のデータベースを活用した新サービス、ソリューションを創出・提供。


【IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社の概要】
 名称 :IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社
 所在地 :東京都港区高輪四丁目10番18号 京急第1ビル
 代表者 :代表取締役社長 宇賀神 史彦
 設立 :1964年12月
 事業内容 :
 IQVIA本社はニューヨーク市場に上場(NYSE:IQV)し、先進的かつ高度な分析機能、変革をもたらすテクノロジー、および臨床試験サービスをライフサイエンス業界の皆さまへ提供する世界的なリーディング企業であり、実用的なインサイトを提供することに特化。IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社は、グローバル企業IQVIAが日本で事業を展開する法人で構成するIQVIAジャパングループの一員で、医療情報とテクノロジーソリューション、コンサルティングサービスを提供。
 URL:www.iqvia.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
 日本システム技術株式会社
 ヘルスケアイノベーション事業部
 JMICSソリューション部 事業戦略室
 TEL 03-6718-2785
 Mail:jmics-sales@jast.co.jp
 URL:https://jmics.jp/

以 上


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)