医療・医薬・福祉 美容・健康

【岡山大学】ヒト化抗HMGB1抗体を用いて脳出血治療の新しいターゲットを発見

国立大学法人岡山大学

2022(令和4)年 9月 29日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/




<発表のポイント>


治療薬開発を目指して、ヒト化抗HMGB1単クローン抗体を作製した。
ヒト化抗HMGB1抗体は、実験動物の霊長類マーモセットの脳出血による脳障害と神経症状を軽減した。
抗体治療は脳内炎症を抑制するだけでなく、脳出血によるヘモグロビン処理を促進し、鉄沈着を抑制することで効果を発揮した。



◆概 要
 脳出血は、重篤な後遺症状を残す可能性の高い脳血管疾患です。特に、脳出血の結果赤血球から放出されるヘモグロビンとその代謝物は、生体に対し毒性を発揮するので、脳血管疾患の中でも治療がより困難であると考えられています。

 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)学術研究院医歯薬学域創薬研究推進室の西堀正洋特任・特命教授らの研究グループは、株式会社イーベック元会長の高田賢蔵氏(研究開始時は会長)との共同研究で、ヒト治療に応用可能なヒト化抗HMGB1抗体の作製に成功し、ヒトに近い実験動物である霊長類マーモセットの脳出血モデルを用いて、抗体による脳組織の保護効果と神経症状の改善効果を明らかにしました。

図1.新たに見つかった抗HMGB1抗体の予想される作用機序
図2.脳障害時に放出されるHMGB1の多様な機能

 また、今回の研究で、脳障害によって神経細胞から細胞外へ放出されるタンパク質・High mobility group box-1(HMGB1)が、赤血球から放出されるヘモグロビンの処理に与るハプトグロビンの機能を阻害し、ヘモグロビンの代謝物である鉄化合物を神経組織内に沈着させる可能性を見出しました。抗HMGB1抗体が脳血管のバリアー機能を護り、脳内炎症を抑制することはラットを用いた研究でこれまで明らかにしていましたが、今回よりヒトに近いマーモセットモデルで、新たにヘモグロビンの処理促進を介した効果が示されたことになります。

 ヒト化抗HMGB1抗体を用いた脳血管障害治療開発が、さらに加速することが強く期待されます。本研究成果は、2022年9月23日に国際学術誌Cellsに掲載されました。


◆西堀正洋特任・特命教授からのひとこと
 脳卒中の中でも脳出血は一般的に後遺症状が重篤です。脳出血後に神経組織が受けるダメージを防ぐ薬物治療法は、これまで殆どなかったので、今回のサルモデルを用いた良好な実験結果をもとに、ヒト化抗HMGB1抗体による治療法の開発がさらに前進することを願っています。
西堀正洋特任・特命教授


◆論文情報
 論 文 名:Treatment of marmoset intracerebral hemorrhage with humanized anti-HMGB1 mAb.
 掲 載 紙:Cells, 11(19): 2970, 2022.
 著  者:Wang D, Ousaka D, Qiao H, Wang Z, Gao S, Liu K, Teshigawara K, Takada K, Nishibori M.
 D O I:https://doi.org/10.3390/cells11192970
 U R L:https://www.mdpi.com/2073-4409/11/19/2970


◆COI
 著者の西堀正洋は、株式会社イーベックと特許(特許第6247646号, 米国US9550825, 欧州EP2949675, 中国ZL201380071400.5, Humanized anti-HMGB1 antibody or antigen-binding fragment thereof)を共同出願し取得している。著者の高田賢蔵は、株式会社イーベックに属していた。


◆研究資金
 本研究は、日本学術振興会科学研究費(20K17930; 19H03408)の支援を受けて実施しました。


◆詳しい研究内容について
 ヒト化抗HMGB1抗体を用いて脳出血治療の新しいターゲットを発見
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r4/press20220927-2.pdf


◆参 考
・岡山大学 学術研究院 医歯薬学域 創薬研究推進室
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/translre/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
 https://www.mdps.okayama-u.ac.jp/
・株式会社イーベック
 https://www.evec.jp/


岡山大学鹿田キャンパス(岡山市北区)


◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 学術研究院 医歯薬学域 特任・特命教授 西堀正洋
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1 岡山大学鹿田キャンパス
 TEL:086-235-7393
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/translre/

<岡山大学病院との連携等に関する件(製薬・医療機器企業関係者の方)>
 岡山大学病院 新医療研究開発センター
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 下記URLより該当する案件についてお問い合わせください
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/ph_company/

<岡山大学病院との連携等に関する件(医療関係者・研究者の方)>
 岡山大学病院 研究推進課 産学官連携推進担当
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 TEL:086-235-7983
 E-mail:ouh-csnw◎adm.okayama-u.ac.jp
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/medical/

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学SDGs~地域社会の持続可能性を考える(YouTube):https://youtu.be/Qdqjy4mw4ik
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年10月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000905.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)