医療・医薬・福祉

感染症診断に必要な遺伝子検査をもっと簡単に

株式会社TBA
大学発ベンチャー企業「株式会社TBA」が海外の診断薬メーカーBiotron社との共同で、簡単な操作で遺伝子検査が可能な『PASシーリングカセット』を開発しました。


 株式会社TBA(代表取締役:川瀬三雄、以下TBA)は、2013年7月に東北大学発ベンチャー企業として設立され、誰でも、簡単に実施できる遺伝子検査紙 「STH-PAS」 を開発しました。STH-PASは感染症診断、食品検査、品種識別など様々な分野に応用できる新たな遺伝子検査ツールです。当社は蚊媒介熱帯病ウィルス (デング、チクングニア、ジカ) 検出キットや養殖エビ感染症検出キットなどの開発を行い、国内のみならず世界のキットメーカーを通じて販売しています。

STH-PASの技術と特徴
1. 高度な技術や訓練は必要無く、簡単な操作方法。
2. 複数項目を同時に判定(最大12項目)。
3. 従来の遺伝子検査よりも安価な機器で検査可能。

PASシーリングカセットを使用した感染症の遺伝子検査方法




1. 標的用タグ付きプライマーを用いて、目的遺伝子(病原菌もしくはウィルスなどの標的遺伝子)をPCR反応で増幅させます。
2. PCR産物が入ったマイクロチューブをそのまま、PASシーリングカセットに挿し込みます。
3. PCR産物がPASシーリングカセットに組み込まれたSTH-PASに浸み込みます(10~15分程度)。
4. ハイブリダイゼーション反応により、増幅した目的遺伝子がSTH-PASにトラップされ、青く呈色します。
5. 感染症の診断が目視で判別可能です。

 PCR後のマイクロチューブの蓋を開けずにそのままPASシーリングカセットに挿し込めるので、操作が簡単であり、サンプルの汚染の心配がありません。
 なお、TBAはこの開発製品を11月から販売します。プライマー設計はTBAがサポートさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

PASシーリングカセットの製品情報 (Biotron webサイト)
http://www.ebiotron.com/sthpasmethod.html#list

TBAの今後の展開
 当社製品のSTH-PASは遺伝子検査でありながら、1.高価な検査機器を必要ない。2.医療現場で即時判別可能。3.特殊な技術や訓練は不要。4.複数項目を同時に検査可能という特徴があります。これらの特徴は医療インフラが整っていない発展途上国の地域の医療サービスの向上に適しており、世界の感染症対策に貢献できると考えております。当社は、その事業活動を通じて感染症リスクを軽減し、発展途上国の子供たちにも健やかな未来が訪れることを目指しています。

株式会社TBA Webサイト
https://www.t-bioarray.com

STH-PASの紹介動画

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)