流通 美容・健康

【新感覚歯ブラシ】光と水で歯を磨く「ソラデー5」新登場!

株式会社 シケン
クラウドファンディングで先行発売中

株式会社シケン(本社:大阪市天王寺区/代表取締役社長:池尻誉広)は、水と光に反応する半導体応用歯ブラシソラデーシリーズから、最新モデル「SOLADEY5(ソラデー5)」をクラウドファンディングMakuakeで先行発売中です。



https://www.makuake.com/project/soladey5/


オーラルケアを真剣に考えたテクノロジー「ソラデー5」


「ソラデー5」は、40年以上研究開発を続けている<TiO2半導体><ソーラーパネル>を歯ブラシに応用したソラデーシリーズの最新モデルです。
TiO2半導体の光触媒作用によりe⁻(電子)を発生させ、室内光の光エネルギーを<ソーラーパネル>で取り込みます。そして歯ブラシボディに配した<ステンレスプレート>に触れて歯を磨くと、e⁻(電子)のチカラが口腔内に伝わり、歯の汚れ(歯垢)にアプローチします。
まさに最新のテクノロジーが詰まった新感覚歯ブラシです。


クラウドファンディング開始3時間で目標金額を達成!


2022年9月1日よりクラウドファンディングMakuakeにてご案内を開始しました。
開始わずか3時間で目標額達成し、現在サポーターは1,000名を超え、今なお多くのご支援を頂いています。



こだわりぬいたデザイン美と機能性


「優しく、シャープに、美しく。」を追求し、オーラルケアのこれから(未来)を、ソラデー5というカタチにしました。
〇デザイン
カーブと楕円を絶妙なバランスで取り入れた流線形のグリップは指なじみが良く、類を見ない美しい形状に仕上がっています。また子供から大人まで握りやすく、丁寧なブラッシングに最適です。

〇機能性
光と水を利用し、マイナス電子を発生させてブラッシングすることで、歯垢を効果的に除去する機能を装備。


・TiO2半導体
光と水で汚れをクリーニングする酸化チタン半導体を採用。独自の技術で、光と水に反応することでマイナス電子を発生させ汚れを効率的に除去します。この技術は世界12の国と地域で特許を取得しています。
・ソーラーパネル
パネル部分に光があたることによりマイナス電子を発生。外光はもちろん、室内光にも反応します。
採光部の面積を従来のソラデーシリーズより50%アップし、より効率的な光エネルギーの利用を実現しました。
・ステンレスプレート
このプレートに触れることで取り込んだ光エネルギーを口腔内へ循環させます。
導電部面積を大きく設計し、持ちやすさ、磨きやすさを実現しています。



商品概要


ソラデー5 2,500円(税込価格2,750円)

カラー展開 計4色(ホワイト/ブラック/ブルー/ピンク)




ソラデーシリーズについて


ソラデーシリーズは40年以上の実績があり、累計販売本数1,600万本以上のロングヒットブランドです。
また欧州・北米・中国・韓国・東南アジアなど世界30か国での販売実績があり、世界中の方々からも評価されています。ソラデーシリーズは【日本発】の技術を応用し、世界へ発信しています。
今までにないクリエイティブなアイデアと多数の大学と共同研究を行い、そこで得た研究データを商品に採用しています。確実に効果があるものだけを大切に商品化しています。



株式会社シケンについて


株式会社シケンは、「人々の歯の健康を守り、人々の生活を豊かにする」のミッションを掲げる、創業41年になるオーラルケア製品の開発メーカーです。大阪市天王寺区で、初代代表:中川善典が光触媒応用型歯ブラシソラデーを開発。その後、ブラシ交換式を開発し、現代表:池尻誉広により歯ブラシとして初のエコマーク認定製品となりました。半導体応用歯ブラシソラデーシリーズの他、歯磨き剤やオーラルケア製品の開発・販売を事業とし、現在も大学との共同研究・産学連携により、歯ブラシを通じたオーラルケア向上を目指しています。

◎お問い合わせ
株式会社シケン
soladey@kk-shiken.co.jp
◎公式サイト
https://www.kk-shiken.co.jp/
◎ECサイト
https://www.soladey.jp/shop/default.aspx
◎Facebook
https://m.facebook.com/soladey.jp/
◎Instagram
https://www.instagram.com/soladey_jp/
◎Twitter
https://twitter.com/soladey_jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)