スポーツ・アウトドア 医療・医薬・福祉

全米障害者クライミング選手権に日本人が出場!51歳、現役パラクライマーのあくなき挑戦!

特定非営利活動法人モンキーマジック
株式会社ゴールドウインが展開するブランド THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)の渡航費支援により実現いたしました。


「見えない壁だって、越えられる。」をコンセプトに、障害者クライミングの普及活動を通じて、多様性を認めあえるより成熟したユニバーサルな社会の実現を目的に活動する特定非営利活動法人モンキーマジック(東京都武蔵野市、以下「NPO法人モンキーマジック」)の代表理事 小林幸一郎は、2019年3月30日(土)にアメリカ合衆国オハイオ州コロンバスで開催される、全米障害者クライミング選手権に出場いたします。
小林の本大会への出場は2年ぶりとなり、株式会社ゴールドウインが展開するブランド THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)の渡航費支援により実現いたしました。
全米障害者クライミング選手権2017年大会出場時の様子
・小林幸一郎コメント
「この度、ザ・ノース・フェイスの支援を受け、2017年大会準優勝という成績を上回ることのできるようすべての力を出し切り、前回大会と同じくナビゲーターに鈴木直也を迎え、一緒に頑張ってきます。」

・全米障害者クライミング選手権(英語サイト)
Adaptive Nationals
http://www.usaclimbing.org/Nationals_Information/Adaptive_Nationals.htm?fbclid=IwAR1rVju93E38clxn7soNe1_UFkxIMEwO9T21KFqo_LqpX446PzQ0tEG05KI

小林幸一郎
・小林幸一郎プロフィール
クライマー
NPO法人モンキーマジック 代表理事
日本パラクライミング協会 副会長
視覚障害リハビリテーション協会 理事

自身も大会出場を続ける現役競技者でありながら、NPO法人モンキーマジックでのフリークライミング普及活動を通じ、視覚障害者を初めとした人々の可能性を大きく広げることを目的とした活動を精力的に展開。
スクールやイベントを通じて様々な交流を生み出し、視覚障害者にとどまらず幅広く障害者理解やその自立支援の促進を目指す。
また同時に、多様性を認め合うことのできるより成熟した社会の実現を目指す。

< 経歴 >
1968年 東京都生まれ。16歳でフリークライミングと出会う。大学卒業後旅行会社入社、アウトドアメーカーに転職。(合計11年間企業人として務める)
1996年 28歳。「網膜色素変性症」という目の難病が発覚「将来失明する」という医師からの告知と失意の日々。
2005年 37歳。NPO法人モンキーマジックを設立(同年、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ登頂)
2006年 38歳。「パラクライミング選手権」視覚障害者男子部門 優勝(ロシア・エカテリンブルグ)
2011年 43歳。「パラクライミング世界選手権」視覚障害男子B2クラス 優勝(イタリア・アルコ)
パラクライミング世界選手権 視覚障害男子B1クラス 優勝 ※現在3連覇中
2014年 46歳。スペイン・ヒフォン大会
2016年 48歳。フランス・パリ大会
2018年 50歳。オーストリア・インスブルグ大会
その他国内外大会優勝経歴多数

・関連リンク
株式会社ゴールドウィン 障がい者スポーツ支援の取り組み https://www.goldwin.co.jp/corporate/info/csr/parasports
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会