美容・健康

【販売終了のお知らせ】習慣性敏感肌「MediQOL(メディコル)スキンリピッド15/33 I」

ナノエッグ
メディコル スキンリピッド15/33 II は販売継続

株式会社ナノエッグ(本社:東京都港区、代表取締役 山口葉子)は、2022年10月31日(月)をもって、習慣性敏感肌スキンケアブランド「MediQOL」(以下、メディコル)の「メディコル スキンリピッド15/33 I」を販売終了いたします。なお、「メディコル スキンリピッド15/33 II」は引き続き販売いたします。




2018年6月のリリース以降、多くの習慣性敏感肌に寄り添ってきたスキンケアシリーズ「メディコル」。
本来肌には必要としない乳化剤や界面活性剤を一切排除し、肌を構成するために必要な成分のみで設計しています。
敏感肌だけでなく、揺らぎの季節やマスク生活など環境による肌トラブルにも対応。
肌のバリア機能となる皮脂・水分・細胞間脂質の3つの要素を補充し、健やかな肌へ導いてきました。


【「メディコル スキンリピッド15/33 I」販売終了のお知らせ】

細胞間脂質のパートを担う「メディコル スキンリピッド15/33」は、肌をしっとりとなめらかにするバーム状クリーム。
細胞間脂質はラメラという特殊な構造をしています。
この構造がバリアの役割を担っていますが、人工的に作ることは非常に困難。
ナノエッグは、11年以上の研究に歳月をかけ、やっと細胞間脂質を量産することに成功、製品化することが出来ました。
細胞間脂質(ラメラ)の濃度がライトなタイプのIと、リッチなタイプのIIの両タイプをラインナップ。
しかし、近年の肌環境やニーズに伴い、「メディコル スキンリピッド15/33 I」の生産を中止し、「メディコル スキンリピッド15/33 II」に統合することとなりました。

「メディコル スキンリピッド15/33 I」は下記日程にて販売を終了いたします。

■対象商品:「メディコル スキンリピッド15/33 I」
■販売終了日:2022年10月31日(月)

※現在「定期お届け便」をご契約中のお客様は、終売とともにリピッドIのお届けを終了し、スキンリピッドIIをお送りさせていただきます。
※ご愛用中の皆様にはご不便・ご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。



「メディコル スキンリピッド15/33 II」は、引き続き販売いたします。
また、「メディコル トライアルセット」では、これまで通りリピッドIをお試しいただけます。


【習慣性敏感肌スキンケア「MediQOL(メディコル)」について】



メディコルは、肌のバリア機能を維持するために必要な成分、すなわち、健康な肌に在るべき、皮膚を構成する成分で作られたスキンケアシリーズ。
本来あるべき健康な肌は、肌を守る皮脂膜と細胞間脂質、そして活発な細胞であるための水が重要です。
ところが、バリア機能が低下した肌は、それらの成分すべてが不足していることがわかりました。
それらを適切に補い、3ステップでケアするのがメディコルです。

<商品ラインナップ>
・メディコル ウォッシングパウダー(洗顔パウダー)
・メディコル スキンウォーター35/54(補充水)
・メディコル スキンリピッド15/33 II(補湿クリーム)


【株式会社ナノエッグについて】

聖マリアンナ医科大学難病治療研究センターのDDS研究室から、2006年に創業。有用性が高く、副作用の少ない薬剤を必要なところで効率よく作用させる技術『DDS 〔ドラッグデリバリーシステム〕』や、皮膚の難治性疾患の創薬研究を推進。
アトピー性皮膚炎の原因探索研究及び完治を目的とした新たな治療法や、肌に塗る・貼るだけの「針のない」ワクチン開発などを構想、皮膚科学研究から医療のブレークスルーを起こすことを目指しています。

社 名:株式会社ナノエッグ
代表者:代表取締役 山口葉子
本 社:東京都港区赤坂7-1-15 アトム青山タワー5F
研究所所在地:神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-14 ナノ医療イノベーションセンター4F
設 立:2006年4月
事業内容:医薬品研究開発、医薬部外品・化粧品開発及び販売事業、医薬品基剤・化粧品配合原料販売事業
コーポレートサイト: https://www.nanoegg.co.jp/
ナノエッグオンラインショップ: https://www.nanoegg.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)