医療・医薬・福祉 その他

トーヨーケムのセンシングシステム「Fichvita(R)」がパラマウントベッドの床ずれ防止エアマットレスに採用

東洋インキSCホールディングス
~業界初の自動で姿勢を検知するセンサーが市場で好評価。販売数が順調に伸長中~

トーヨーケム株式会社(代表取締役社長 町田 敏則、東京都中央区)が提供するセンシングシステム「Fichvita(フィッチヴィータ)(R)」が採用された、パラマウントベッド株式会社(代表取締役社長 木村 友彦、東京都江東区)の床ずれ防止エアマットレス「ここちあ利楽(りらく)flow 」は、業界初*の自動で姿勢を検知するセンサーの市場における好評価を受け、2020年の発売開始以来2年を迎え、販売数を順調に伸ばしています。




Fichvita(R)は、シート状のユニットを組み合わせて使用する非光学式行動検知システムです。個人情報を収集せず、また生活者から「被視感」を払拭した生活に溶け込んだセンシングが可能であることから、これまで自動運転バスの着席状況や、店舗の来店者数・滞在者数をリアルタイムに把握する実証実験を進めてまいりました。 この度Fichvita(R)は、パラマウントベッド株式会社の体位変換、姿勢保持を全自動で行う床ずれ防止エアマットレス「ここちあ利楽flow 」に採用され、2020年10月の発売開始以来、当初の見込みを大きく上回る出荷となっております。



ここちあ利楽flowのマットレスの内部には上下から挟み込むようにFichvita(R)が設置されています。患者の寝位置がずれてマットレスが変形すると、Fichvita(R)間の距離の変化を検知し、体位変換を自動で行う機能(スモールフロー)を自動で停止させ、ずれの発生やベッドからの転落を防ぐほか、患者が離床しようと身体を起こしたことを検知して、マットレス全体の内圧を上げ硬くすることでベッドの端に座った際の姿勢を安定させます。


【Fichvita(R)のテクノロジー】
 Fichvita(R)の静電容量式センサーシートは、これまでトーヨーケムが培った電磁波シールドフィルムの設計技術を応用することで実現した、薄膜でフレキシブルなセンサーです。使用環境に合わせて製品の形を自由に変更できることで、従来にないマットレス向けのセンシングを実現しました。
 静電容量式センサーの出力はシートの面積に比例します。ここちあ利楽flowには大面積のセンサーシートが用いられていることで、感圧式センサーと比較してより精緻な寝位置検知が可能となり、マットレス全体の制御に役立てられています。



 トーヨーケムは、独自のポリマー・テクノロジーから生まれた要素技術を、お客さまのニーズとマッチングさせ、お客さまと一緒になってイノベーション製品を開発することで、世界中の社会課題解決に貢献できる企業を目指してまいります。

*自社調べ(2018年10月)、日本国内の医療介護用マットレスとして

<関連情報>
■ プライバシーに配慮したセンシング Fichvita(R)で安心・安全を実現
  https://www.toyo-chem.com/ja/products/special/electronics/fichvita/

パラマウントベッド「ここちあ利楽flow」



https://www.paramount.co.jp/cococia_riraku


【展示会出展予定】
Fichvita(R)が採用されたエアマットレス「ここちあ利楽flow」は、CEATEC2022の東洋インキSCホールディングスブースにて展示を予定しています。

展示会名: CEATEC2022
会 期: 2022年10月18日(火)10時 ~ 10月21日(金)17時
会 場: 幕張メッセ ホール5 ブース番号K006
公式サイト https://www.ceatec.com


TOYOCHEM、TOYOCHEMロゴ、およびFichvitaは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)