医療・医薬・福祉

<トーアエイヨー×インターネットインフィニティー>「服薬相談支援ツール」をケアマネジャーから受け取った要介護高齢者の約2割が服薬の見直し

株式会社インターネットインフィニティー

循環器医療において必要とされるスペシャリティファーマを目指し、循環器疾患治療剤を製造販売するトーアエイヨー株式会社(本社所在地:東京都中央区、代表取締役社長:高橋 敦男、以下「トーアエイヨー」)と、介護支援専門員(ケアマネジャー、以下ケアマネ)向けの会員制ウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」を運営する株式会社インターネットインフィニティー(本社所在地:東京都品川区、代表取締役社長:別宮 圭一、以下「インターネットインフィニティー」)は、全国約1万1千軒の居宅介護支援事業所を通じて、自宅で療養する要介護高齢者に対して「服薬相談支援ツール」(下記)を約33万枚配布しました(詳しくはhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000142.000012000.htmlを参照)。



この「服薬相談支援ツール」は、要介護高齢者が“薬の飲みにくさ”を感じている場合に、医師や薬剤師などの医療従事者への相談をサポートするために作成しました。この取り組みにより、実際にどのくらいのインパクトが得られたのか調査・検証を行った結果、ケアマネはきちんと服薬ができていない人を中心に、適切な声かけとともにツールを配布していたことがわかりました(配布率63.1%)。また、ツールを受け取った人の32.1%は医師や薬剤師、ケアマネなどに相談をしており、21.6%が実際に薬の見直しや医療従事者への情報共有などへつながったことが示されました。


■「服薬相談支援ツール」の効果検証を実施
2022年3月末に全国の居宅介護支援事業所(約1万1千軒)に所属するケアマネ宛に「服薬相談支援ツール」を30部ずつ郵送し、薬の飲みにくさがある担当利用者に配布するよう依頼しました。その後、ツール配布・状況確認をするのに必要な期間を置き、「服薬相談支援ツール」を受け取ったケアマネに対して、ツールの配布状況や受け取った利用者・家族の反応、処方や服薬指導の変化などについて、「ケアマネジメント・オンライン」などを経由したウェブアンケートで聞き取り調査を行いました(実施期間:6月9日~7月31日)。


■きちんと服薬ができていない人を中心に、適切な声かけとともに「服薬相談支援ツール」を配布
当調査に対して、「服薬相談支援ツール」を受け取ったケアマネ184人が回答しました。回答者1人につき、平均で10.2枚のツールを受け取り、6.41枚が自宅で療養する要介護高齢者(以下、利用者)やその家族に配布されました(配布率※63.1%)。

※利用者への配布枚数もしくは介護家族への配布枚数のうち、いずれか大きい方を分子とし(配布数が重複してカウントされている可能性があるため)、ケアマネが受け取ったツールの数を分母として算出

ケアマネは1人あたり平均して約30名の利用者を担当しています※※ので、より必要性の高そうな利用者を選別してツールを配布することになります。実際に「きちんと服薬ができていない人」(71.7%)に最も多く配布されており、次いで「薬が多くて困っている人」(46.7%)、「薬が飲みにくい人」(41.3%)、「服薬支援が負担になっている家族」(38.6%)に多く配られていました。

※※厚生労働省:第142回社会保障審議会 介護給付費分科会, 参考資料3(平成29年7月5日)



また、ケアマネは普段から利用者・家族に対して、介護や療養生活、健康維持に関するアドバイスを行っています。多くのケアマネは「服薬相談支援ツール」を手渡す際に何らかの声かけをすると考えられたため、どのような声かけをしたのかを聞きました。その結果、「薬の飲みにくさを確認してほしい」(59.8%)、「薬に関する希望を教えてほしい」(55.4%)、「薬剤師への相談を勧めた」(43.5%)、「医師への相談を勧めた」(32.1%)、「ケアマネに相談してほしい」(21.7%)との回答を得ました。



このことから、ケアマネは入手した「服薬相談支援ツール」の多くを、特に「きちんと服薬ができていない人」を中心に配布し、薬の飲みにくさなどに関する聞き取りを行い、医療従事者への相談を促していたことが分かりました。


■「服薬相談支援ツール」を受け取った利用者の21.6%が、薬の見直しや医療者への情報共有などへつながった
次に、ケアマネから「服薬相談支援ツール」を配布された後の結果についてご報告します。ツールを受け取った利用者(≒ツール配布枚数1179枚)のうち、医師や薬剤師、ケアマネなどに相談をした利用者は378人(32.1%)いました。このうち、医師に相談したのは88人(7.5%)、薬剤師に相談したのは167人(14.2%)、ケアマネに相談したのは291人(24.7%)でした。

また、相談から薬の見直しや変更、服薬支援、情報共有などにつながった利用者が255人(21.6%)いました。具体的な内訳は、利用者の約4割で剤形や薬剤数が変更となり、約3割に服薬支援が追加され、約2割で薬の種類が変わっていました。また、ケアマネから医療職や介護職との情報共有を促進することにもつながりました。



※※※「服薬相談支援ツール」を受け取った利用者・家族が医師や薬剤師、ケアマネなどに相談をしたことを指す

今回の取り組みに対する医師・薬剤師の反応についても、ケアマネを通じて聴取することができましたので、その一部をご紹介します。





さらに、今回の取り組みにより、ケアマネの77.8%が「介護者の負担が減ったと思う」と回答しました。



※※※Q19の脚注に同じ

ケアマネから適切な声かけとともに「服薬相談支援ツール」を配布することは、利用者・家族がこれまで訴えることがなかった服薬の問題を、医師や薬剤師、ケアマネに伝えるきっかけになり、そこから薬の見直しなどにつながることが明らかになりました。

この取り組みが、利用者の嗜好に合った薬や、介護者が服薬介助をしやすくなる薬を、医療従事者と利用者・家族との対話(shared decision making: SDM)により選択するきっかけとなったのであれば幸いです。

両社は今後も、高齢社会における循環器疾患のサポートおよび医療と介護の連携促進に向けて新たな貢献をすべく検討して参ります。


■会社概要


トーアエイヨー株式会社:
トーアエイヨーは、「循環器領域を中心に独創的な新薬を通して人々の健康に寄与する」ことを企業理 念に掲げる製薬企業です。虚血性心疾患、不整脈、心不全等の循環器領域及びその周辺領域の新薬や 付加価値後発品等の研究開発に取り組み、医療現場で真に必要とされるスペシャリティファーマを目指して、社会に貢献し続けて参ります。トーアエイヨーの詳細については、(https://www.toaeiyo.co.jp/)をご覧ください。


株式会社インターネットインフィニティー:
全国のケアマネジャー10万人が登録するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」(https://www.caremanagement.jp/)、全国にリハビリ型デイサービス「レコードブック」(https://www.recordbook.jp/)を展開するなど、健康寿命の延伸に向け、様々なヘルスケアサービスを運営。
介護関係者や介護家族を対象とした調査や、疾患啓発、勉強会の集客支援、資材制作などの情報発信サポートを承っており、製薬会社や医療機器メーカーの皆様にご活用いただいております。


■■■ニュースリリース及びサービスに関するお問合せ先■■■
株式会社インターネットインフィニティー Webソリューション部(担当:酒井)MAIL: ssakai@iif.jp
トーアエイヨー株式会社 臨床開発部育薬開発課(担当:横井)MAIL: MedicalAffairs@toaeiyo.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)