出版・アート・カルチャー 美容・健康

50代から目をケアすれば人生後半がより楽しく!知って得する「メノコト12選」雑誌『若々(わかわか)』10月号は10月3日発売!

株式会社 わかさ生活
10月は目の愛護月間。この1冊で目を守る鍛える!

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、健康雑誌『若々(わかわか)』2022年10月号を2022年10月3日(月)に株式会社ミライカナイ(本社:東京都中央区)から発売いたします。



50代を迎えて真っ先に実感するのは、目の衰えかもしれません。
まだまだ体力も気力もあるけれど、なんとなく視界がぼやける、近くが見えにくくなってきた、そんな声が聞こえてきます。人生100年時代の今、目の機能がQOL(生活の質)を左右することは間違いありません。
若々10月号では、気がつきにくい目の病気や良くならないと思い込んでいた目の機能がアップする、そんな最新情報をお届けします。

「ゴールにたどり着くまで自分に「ありがとう」を伝えたい」
人気のわかわか対談は、「鈴木砂羽さん」。


女優ではクールな役どころを完璧に演じ、バラエティー番組では、飾らない人柄でファンを魅了。幅広い活躍を見せる鈴木砂羽さん。自分に向き合い、自分を受け入れたことで女優への情熱を確信した砂羽さんの「生きる道」をご紹介します。

お得で便利な定期購読・若々のお買い求めはこちら
↓↓↓
URL:https://books.wakasa.jp/shop/g/g711002501-00/




特集


【メノコト1】
40代から始める目のエイジングケア 心も体もいつまでも若々しく!
【メノコト2】
レーシックに代わる最先端治療ICL
【メノコト3】
進行が遅く、気が付きにくい 白内障は早めに検査を
北澤 世志博(きたざわ・よしひろ)【アイクリニック東京サピアタワー最高執刀責任者】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【メノコト4】
日本の失明原因第1位!緑内障ってこんな病気
【メノコト5】
加齢黄斑変性は放置すると失明も!
【メノコト6】
目薬の正しい使い方
森下 清文【医療法人森下眼科理事長】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【メノコト7】
心療眼科医に聞く 目と脳の関係
若倉 雅登【井上眼科病院 名誉院長】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【メノコト8】
近視に、遠視に、老眼にも効く!ガボール・アイがすごい!
【メノコト9】
若々しい目と目もとの条件
【メノコト10】
いますぐできる習慣10
平松 類【二本松眼科病院 副院長 眼科専門医】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【メノコト11】
実は目にも悪影響 内臓脂肪を減らす!
工藤 孝文【工藤内科 院長】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【メノコト12】
目の健康に役立つ成分で瞳イキイキ
【わかわかレシピ】
ひとみに嬉しいカンタンレシピ
こころのたね。yasuyo【ナチュラルフードコーディネーター/発酵食スペシャリスト/ときどきモノ作り】
【連載】
みらい研究所わかわか支部
次世代のために私たちができること。キッチンから始めるSDGs
稲田 進一【株式会社ジョリーブ 商品開発担当】
【連載】
わかわか対談
ゲスト 鈴木 砂羽(すずき・さわ)【女優】

■健康雑誌『若々』
2020年7月に創刊。毎月発刊。発売からわずか1ヵ月で定期購読者が3,000人を突破。目・脳・体・美それぞれの観点から若返りに役立つ専門家による最新情報をお届け。皆様が「若々しく健康的な生活」を実現するためのお手伝いをします。


関連リンク


・1日1分で読める健康情報「若々マガジン」
https://wakawakamagazine.wakasa.jp/
・ココロもカラダもHappyに「若々ラジオ」
https://web.wakasa.jp/wakawakaradio/
・「若々編集部」TikTok
https://www.tiktok.com/@wakawaka_wakasa
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)