アパレル・ファッション 美容・健康

新型コロナウィルス感染拡大に伴う原則休業のお知らせ

株式会社カインドウェア
株式会社カインドウェア(本社:東京都千代田区、代表取締役:渡邊喜雄)は店舗運営に関する業務を5月31日(日)まで原則休業するという決断に至りました。


弊社では、この度の新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受け、お客様やお取引先の皆さま、全従業員の安全を第一に考え、一部百貨店店舗と直営店であるカインドウェア神田本店の休業、本社勤務社員の時差出勤、在宅勤務などの対策に取り組んでまいりました。

未だ、新型コロナウイルス感染拡大につきましては予断を許さない状況が続いております。さらに緊急事態宣言の全国への拡大により、休業百貨店が全国に広がったことを受けまして、店舗運営に関する業務を5月31日(日)まで原則休業するという決断に至りました。

お客様からのお問合せ対応等につきましては、東京オフィスおよび大阪オフィスにて時短勤務のうえ継続いたします。
つきましては、皆様には大変ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、本件に対するご理解を賜りますようお願い申し上げます。

一刻も早い感染拡大の収束と、現在闘病されている方々が早期に回復されますことを、従業員一同、心よりお祈り申し上げます。

休業期間

■期間: 5月31日(日)まで
東京オフィス/大阪オフィスの電話対応: 10:00~17:00


オンラインショップについて

■フォーマル:https://www.kindwaretailor.com/
■ヘルスケア: https://kind-care.jp/

フォーマル、ヘルスケアのオンラインショップはそれぞれ運営しており、5月31日(日)までの期間、送料無料キャンペーンを実施中でございます。
また、ヘルスケアのオンラインショップでは、「KINDCARE」イチ推しの母の日ギフトやSNSキャンペーンを実施中でございます。


各店舗の情報

各店舗の状況につきましては、下記にて詳細をお知らせいたします。
http://www.kindware.co.jp/images/information_0408.pdf


株式会社カインドウェア 会社概要 http://www.kindware.co.jp/



創業1894(明治27)年創業。
「世界と対等に渡り合うには洋服の充実が重要」と考えた3代目がフォーマルウェアの浸透に注力した結果、1968年には宮内庁御用達に選ばれ、フォーマルウェア業界のパイオニアとなりました。
1971年には英国王室御用達テーラー・ハンツマン社と技術提携し、縫製技術の向上と礼装の近代化・国際化を取り入れ、それ以降も時代に合ったフォーマルスタイルを提案しつづけ、最高品質の技術を追求しています。
そして創業100年目にあたる1994年に、次の100年に向けてヘルスケア事業を新たに立ち上げました。アパレル出身ならではのお洒落な生地巻きステッキやシルバーカーなど、デザインと機能を併せもった商品をヘルスケアブランド「KINDCARE」として展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会