医療・医薬・福祉

【Amazon薬局は敵か味方か?】ぺんぎん薬剤師が読み解く薬局の未来図~オンライン資格確認と電子処方箋の波を越えて~

株式会社アクシス
株式会社アクシスは、2022年10月27日(木)19:00~より、調剤薬局経営者及び調剤薬局運営に関わる方向けに、Twitterフォロワー数16,000人超で、メディカルライターとしてブログやSNSで情報発信されているぺんぎん薬剤師による、Amazon薬局とオンライン資格確認と電子処方箋の解説セミナーを開催。


株式会社アクシス(本社:東京都千代田区、代表取締役:川野尚吾)は、2022年10月27日(木)19:00~より、調剤薬局経営者及び調剤薬局運営に関わる方向けに、Twitterフォロワー数16,000人超で、メディカルライターとしてブログやSNSで情報発信されているぺんぎん薬剤師による、Amazon薬局とオンライン資格確認と電子処方箋の解説セミナーを開催。

■セミナーお申し込みはこちらから
https://lp.medixs.jp/webinar-20221027_LP.html

【セミナー内容】
先般、「電子処方箋の運用が始まる2023年を目指して、ネット通販大手「Amazon」が処方薬販売への参入を検討している」というニュースがありました。

現在、オンライン服薬指導の解禁、電子処方箋の義務化など、薬局業界が置かれる環境は目まぐるしく変化しています。アメリカで展開されている「Amazon薬局」が本格的に日本でも普及すれば、場所にとらわれることなく、診療から薬の受け取りまで、完全にオンラインで行うことも可能になります。

今回のセミナーでは、「Amazon薬局」を皮切りに「電子処方箋」「オンライン資格確認」などの近年の薬局業界におけるキーワードも踏まえて、薬局・薬剤師が生き残るために必要な在り方や働き方を解説します。

ゲストスピーカーとして、薬剤師として薬局で働きながら、メディカルライターとしてブログやSNSで情報発信されているぺんぎん薬剤師様にご登壇いただきます。

今後の薬局業界を考える必見のセミナーです。是非お申し込みください。

【セミナー講師】
ぺんぎん薬剤師
薬局で薬剤師として働きながらぺんぎん薬剤師として活動。

自身のブログ「薬剤師の脳みそ」で投稿を行いながら、大手企業でのコラムの連載、フォロワー数16,000人超のtwitter(@penguin_pharm)等のSNSを運営。
診療報酬改定はもちろん、新薬など「現場で使える情報」をシンプルでわかりやすくをモットーに提供している。

薬剤師の脳みそ:https://yakuzaishi.love/
ぺんぎん薬剤師Twitter:https://twitter.com/penguin_pharm

【こんな薬局様にオススメです】
・ Amazon薬局の仕組みについて知りたい
・ 今後の薬局経営について学びたい
・ 薬局業界の動向について詳しく知りたい

【開催概要】
・開催日時:2022年10月27日(木)19:00~
・会場:Zoom ※お申し込みいただいた方へ視聴用のURLをご案内いたします。
・参加費:無料
・主催:株式会社アクシス
・電話番号:03-6427-9800 ※受付時間平日9:00~18:00

■お申し込みはこちらから
https://lp.medixs.jp/webinar-20221027_LP.html

【Amazon薬局は敵か味方か?】ぺんぎん薬剤師が読み解く薬局の未来図~オンライン資格確認と電子処方箋の波を越えて~


□ 株式会社アクシスについて https://mediaxis.jp
株式会社アクシスは、医療現場をITでつなぐ、クラウド型電子薬歴のリーディングカンパニーです。
アクシスが提供する『Medixs(メディクス)』は、現場で働く薬剤師の声を元に開発された、日本初*のクラウド型電子薬歴(サービス開始2014年)で、『メディクス』は、全国47都道府県の調剤薬局で利用されています。

現場で働く薬剤師の声を元に先端のクラウド技術により開発され、現場での使いやすさを追求するとともに、高齢化社会に向けて必要となる在宅訪問の機能実装や、処方後も薬局と患者さまが服薬状況を連絡できる機能、法改正に合わせた対応など、時代の変化にスピーディーに対応している事が特徴です。

アクシスは、『メディクス』以外にも、処方箋送付システム『スマホよ薬』や、スマートフォンを利用したオンライン服薬指導システム『Medixsリモート調剤薬局』を提供しています。

*当社調べ 2022年9月時点
**オプション

・ 『Medixs』『メディクス』『Medixsリモート調剤薬局』『スマホよ薬』 は、アクシスルートホールディングス株式会社の登録商標です。
・ 文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
・ 記載された内容は発表日時点の情報です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)