医療・医薬・福祉

新型コロナ抗体測定サービスを福岡市へ寄贈

KAICO株式会社
福岡市医療従事職員の安全・安心へ貢献

KAICO株式会社(福岡市西区、代表取締役:大和建太、以下:KAICO)は、昨年9月に新型コロナウイルスの抗体測定サービス(商品名:カイコでチェック、以下:本サービス)を開始しましたが、今般、本サービスを、福岡市医療従事職員の方々にご利用頂くことになり、本日福岡市役所を訪問し高島市長へ贈呈させて頂きました。 KAICOは福岡市のインキュベーション施設(福岡市産学連携交流センター)で起業したスタートアップ企業であり、創業以来福岡市には施設利用、助成金など様々な面で公的なベンチャー支援をいただいております。今回の寄贈は、日頃の福岡市のサポートへの謝意と福岡市へ貢献することを目的に行いました。


■市長への表敬・贈呈内容
日時:   2022年9月30日(金)  15時00分~
場所: 福岡市役所
出席者: 福岡市長 高島 宗一郎 様
KAICO株式会社 代表取締役 大和 建太
    寄贈品:    新型コロナウイルス抗体測定サービス  1,320セット

■福岡市医療従事職員の方々のご利用
Withコロナ時代にはワクチン接種が重要な鍵となっておりますが、ワクチンによる抗体価(免疫)の獲得や低減は個人差が大きく、接種の適切なタイミングを把握する必要があります。今般ワクチンの4回目接種が医療従事者の方々から始まった中で、そのタイミングを図る一環として、希望する職員へ本サービスをご利用頂くことになりました。
早期のワクチン接種が必要かどうか、また個人が必要なタイミングを把握することで、日々ウイルスに接触する可能性がある医療従事職員の方々の安全・安心のためにご利用頂きます。

■本サービス概要
本サービスでは、新型コロナウイルスに対する抗体価を測定し、ワクチンの効果を把握することを目的としています。本サービスは、自宅や学校、職場などで自己採血し郵送することにより簡易に、ワクチン接種後に抗体がどれくらい保持できているか、抗体価のレベルの確認ができます*1。ワクチン接種後の抗体の保持状況には個人差があります*2ので、個人のワクチン接種後の抗体価を管理し安全・安心に日々を送れることに加え、ワクチン接種のタイミング確認にも利用できます。
本サービスは医療機関などに出向かずに自宅等で検査できるので、福岡市医療従事職員の方々のように平日や日中忙しい方、若い働き盛りの方々でも、新型コロナワクチンの抗体価を簡易に把握できます。




また今後再び海外旅行を楽しむようになった時には、現地での重症化リスクを避けるためにワクチンの接種が望まれますが、接種後のワクチンの免疫効果がどのくらい保持できているかの目安にご利用できます。
今後もKAICOの技術を様々な商品開発に活かし、Withコロナの日常生活における安全・安心確保に貢献することを追求してまいります。

■会社概要
会社名:KAICO株式会社
代表者:代表取締役 大和建太
設立日:2018年4月2日
本社所在地:福岡県福岡市西区九大新町4-1
事業内容:
(1) タンパク質の受託発現
(2) 試薬・診断薬・医薬品原料の製造・販売
本サービスHP:http://www.kaicoltd.jp/product/covid19-testkits/




1: 測定結果は、イムノクロマト法の抗体の保持有無を提示するのではなく、E L I S A法によって得られた詳細数値を5段階のレベル表示として開示します。このレベル表示は、製品性能試験のデータを元にした平均値を目安としています。


2:性能試験のために協力者27名の抗体レベルを評価しています。この追跡データではワクチン接種後の抗体獲得量や、その後の抗体量の減少に個人差があることが見られます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)