デジタル製品・家電 美容・健康

ムダ毛×美肌ケアはこれ1台でOK!エステ級のIPLとサファイヤ冷却のW機能を搭載した話題の光美容器【EPIREVEUR(エピレヴール)】が遂に一般発売開始!

株式会社IBIS
Makuakeで1,550万円(5,226%)達成した話題の光美容機【EPIREVEUR(エピレヴール)】が2022年10月1日より自社サイトと蔦屋家電+、及び一部家電量販店にて先行販売をスタート致します。


株式会社IBISは、新・美容アイテムブランド「NEBEUS(ネビアス)」第1弾として、"光美容器【EPIREVEUR(エピレヴール)】"を自社EC(自社サイト・楽天市場)並びに全国家電量販店にて10月1日より順次発売スタート致します。





『NEBEUSとは・・・』
New Neo Beauty Usを元に生まれた画期的な美容アイテムを生み出し続けるブランドとして誕生しました。業界最高クラスのデザイン力と技術力で、「新しい美容」をお客様に身近に感じて頂く事が出来る商品をご提供すべく、第一弾として光美容器のEPIREVEURを発売する事となりました。


EPIREVEURとはクリニックやサロンで使用されている物と同等のIPL技術とサファイヤ冷却のW機能を搭載した家庭用光美容器です。


ここ数年、脱毛=ムダ毛ケアとして男女問わず身だしなみの一つとして強く認識され始め、初心者から経験者まで「もっと手軽に」「もっと気軽に」生活の中に取り入れられるアイテムをお探しの方が増えてきています。

しかしながらその反面、「熱さ・痛さなどを強く感じるのではないか」「専用のジェルや付属品の交換、追加購入等により必要以上に費用がかかってしまうのではないのか」と思われる方も多く、結果、手が出しにくい商材というイメージが定着している部分もありました。


そんな悩みを解決し、ムダ毛ケアと美肌ケアが同時に出来る光美容器を開発。
コンパクト設計・シンプルなデザインで誰でも気兼ねなく手に取って頂きやすい様、デザインにもこだわった商品となっております。


◼️サファイヤ冷却機能
IPL照射面には光の透過性、及び、冷却伝導性を重視した、傷が入りにくいサファイヤガラスを採用。最大冷却値6℃となっており、照射と同時に肌を急冷する事で肌のケアをしながら脱毛が可能となっております。
また、照射面をくぼみがないフラットな設計にした事で、照射面をしっかりお肌に密着させることが出来ます。



◼️IPL出力 最大15Jを実現
主にサロンで導入されているIPL(フラッシュ式)を採用。
肌に特殊な光を照射し、毛根にアプローチする事でムダ毛ケアだけでなく、美肌ケアにもおすすめの方式となっております。また、1.5秒間隔で照射できるエンジンを搭載
エネルギーを溜めて照射する事でIPLの出力を最大限にすることが可能。
連続照射設定時はわずか1.5秒間隔で継続使用しても出力低下しにくい特徴があります。
※IPL(インテンスパルスライト)とは・・・

冷却装置を用いて表皮を保護しつつ毛根に微熱熱傷傷を与えて抑毛する方法となります。
IPLの熱作用はレーザーと比較すると弱い為、浅く細いシワ・毛穴の開き・肌弾力低下に対するケアには適していると考えられています。




◼️3種類のフィルター3段階調整機能
ボディ・フェイス・VIOとムダ毛ケアしたい部位に合わせて3種類のフィルターを使い分ける事ができます。
※首の周り・目の周り・ひたい・口・喉・乳首・肛門・ほくろ・タトゥーや刺青部分、日焼けした箇所にはご使用頂けません。





◼️3段階の強さ調整機能×2種類の照射モード
SOFT/MEDIUM/STRONGの3段階の強さの中からお肌に合わせて強さが選択可能、且つ、単発で1ショットずつ照射するマニュアルモード、ボタンを押さず照射ができるオートモードも選択可能となっております。
肌探知機機能を採用している為、照射口がお肌に当たっていないと、フラッシュが照射されない設計となっております。


◼️自社サイトURL
https://nebeus.net

◼️EPIREVEUR製品概要
製品名:EPIREVEUR(エピレヴール)
価格:36,850円(税込)
型番:NE-221W
外箱サイズ:約 L520mm×W352mm×H233mm
重さ:326g(電源アダプター除く)
電源方式:交流式
定格電圧:AC100-240V 50-60Hz
消費電力:60W
照射回数:約35万
付属品:電源アダプター、フィルター3種(ボディ用・フェイス用・VIO用)、フィルター収納ケース、アイプロテクター、専用ポーチ、取扱説明書





株式会社IBISについて
「世界の人々の暮らしのために、感性と理性を満足させる革新的な商品を」株式会社IBISは、上記のビジョンを掲げ、日々邁進する組織です。感性とは 「デザイン・利便性」 理性とは 「機能・性能」を表し、これまで世の中になかった革新的な商品を提供していく予定です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)