デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

KDDI「デジタルの日」寄付プロジェクトの支援先に決定。au PAYでの決済利用回数などに合わせた寄付で医療従事者を応援

認定NPO法人ジャパンハート
国内外で医療支援に取り組む特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区 理事長:吉岡春菜)は、KDDI株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長:高橋誠 以下KDDI)が2022年10月1日から同31日まで実施する「#ちょっといいことにふれよう」プロジェクトの寄付先に選定されました。本企画による寄付は、ジャパンハートを通じて、新型コロナウイルス感染症対策に取り組む医療従事者の支援に使われます。



このプロジェクトは、KDDIが「デジタルの日」(10月2日-3日)へ賛同し、今年のテーマ「ふれよう!#デジタルのチカラ」に合わせて昨年に引き続き実施されるものです。プロジェクト期間中はau PAYでの支払い1回につき1円をauが寄付し、ジャパンハートを通じて新型コロナウイルス感染症に対し尽力する医療従事者支援のために使われます。また、期間中「#auPAY」「#ちょっといいことにふれよう」(半角スペースなし)のハッシュタグをつけてツイートされた場合も1円をauから寄付します。


ジャパンハートは、「医療の届かないところに、医療を届ける」という理念の下、国内外で医療支援に取り組んでいます。2020年には新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、クラウドファンディングを活用した医療機関へのマスク等医療物資の提供や、日本国内でクラスターが発生した施設などへの医療チーム派遣などを実施。現時点の累計で、全国201カ所に医療チームのべ約480名を派遣しています。

KDDIではこれまでも寄付サイト「キボウのカケハシ(https://kakehashi.kddi.com/)」などを通してデジタル上の寄付を推進し、その中でジャパンハートの新型コロナウイルス感染症対策を支援してきました。今回は、2022年「デジタルの日」のテーマ「ふれよう!#デジタルのチカラ」に賛同し、「日々のお買い物で、社会にちょっといいことができる」をコンセプトに、非接触決済を利用することで寄付ができる取り組みを実施する運びとなりました。


■「#ちょっといいことにふれよう」プロジェクト
期間中、au PAYでのお支払い1回につき1円がジャパンハートに寄付されます。また、期間中「#auPAY」「#ちょっといいことにふれよう」のハッシュタグをつけてツイートいただいた場合も、1円をauから寄付します。寄付の上限額は1,000万円とし、利用者の負担はありません。
本プロジェクトは、au・povo・UQ mobileをご利用の方以外も対象となります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)