食品・飲料 美容・健康

~きのこのある食卓。健康な毎日。~「きのこと楽しむ野菜炒めの素『いためのこ』」新発売!

ホクト株式会社
 きのこ総合企業のホクト株式会社(所在地:長野県長野市、代表取締役社長 水野雅義)では、炒めた具材にパパッとかけて和えるだけで美味しいきのこ料理ができる、普段の炒め料理と一味違う味わいをご家庭でお楽しみ頂ける炒め用粉末調味料「いためのこ」を、和洋韓3種類のバリエーション展開で、2022年10月1日(土)より全国で発売を開始いたしました。



長期化するコロナ禍の影響もあり、家庭内での調理機会が増え、簡単に調理できて利便性と保存性を備えたシーズニングの需要が近年高まっています。


ホクトではシーズニングの需要、及び近年増加傾向にある健康志向のニーズに応え、家庭の食卓でより健康に、よりお手軽においしい料理を楽しんで頂くために、きのこと野菜を炒める素「いためのこ」を新たに開発しました。


「いためのこ」の特徴と商品ラインナップ】

 手軽に作れて、豊富な栄養が摂れる家庭の定番メニューであるきのこや野菜を使った炒め物を、より簡単に、さらに和洋韓3種のバリエーションのラインナップで、家庭では再現が難しい一味違った味付けを楽しんで頂けます。今回、開発時に数十種類以上の味付けから試作を繰り返して、選りすぐりの3味に絞り込みました。きのこはうま味が豊富で食感も良く、野菜と一緒に炒めると相性抜群で、あえるだけで簡単にきのこと野菜をおいしく食べられ、さらに健康なカラダづくりにも役立つ商品です。




【いためのこ ガーリック】
にんにくの風味が食欲をそそるガツンとパンチの効いた味わいで、スタミナをつけたい時やガッツリとした食事を楽しみたい方におすすめです。





【いためのこ ヤンニョム】
ほんのり甘い韓国風の味付けで、普段の料理とは一味違った味わいを楽しみたい方や、ご家庭で手軽に韓国料理を楽しみたい方におすすめです。





【いためのこ ピリ辛かつお】
きのこと魚介のうま味とピリ辛の味付けが融合した、辛さの中にうま味が凝縮されたやみつきになる味わいで、味に刺激が欲しい方や、辛い料理を楽しみたい方におすすめです。



製品概要

【商品名】:きのこのある食卓 いためのこ(ガーリック/ヤンニョム/ピリ辛かつお)
【価格】: ¥98円(税別) (各1袋)
【内容量】:8g(2人前)×2包入り
【販売方法】:全国各種量販店様(一部お取り扱いがない店舗もございます)、ホクト公式オンラインショップ

▼ホクト公式オンラインショップ
https://www.hokto-onlineshop.jp/


きのこの効果効能について

「菌」は訓読みで「きのこ」と読み、きのこは菌そのものだけを食べられる唯一の食材です。きのこを日常的に食べることで、体の中からキレイで健康になる生活習慣「きのこで菌活」を実践することで、体に嬉しい様々な効果効能があります。


[免疫力維持]


食物繊維が健康の要である腸を整えて、さらに免疫細胞活性化作用が期待されるβグルカンが豊富に含まれ、風邪やウイルスに負けないからだづくりをサポートします。

[ダイエット]

きのこは、100gあたり約20キロカロリーと、低カロリーな食材です。また、食物繊維が腸内環境を整えてお通じを良くし、さらに脂質や糖質の吸収を緩やかにするので、ダイエットの強い味方です。


[美肌づくり]

きのこには、腸をきれいにする食物繊維や、肌のターンオーバーを整え、美容ビタミンとも呼ばれるビタミンB群が豊富に含まれ、肌の乾燥をからだの内側から改善します。

[ストレス対策]

「第2の脳」と呼ばれ、ストレスの影響をとても受けやすい腸を整えてストレスを緩和するとともに、イライラや神経の高ぶりを抑え、リラックスさせる効果がある成分GABAが豊富に含まれています。

[エネルギーチャージ]

きのこには、三大栄養素である糖質やタンパク質、脂質の代謝に働きかけてくれるビタミンB群が豊富に含まれ、エネルギー補給や疲労回復に役立ちます。


▼より詳しい「きのこの効果効能」はこちら
https://www.hokto-kinoko.co.jp/kinokolabo/matome/


会社概要

会社名/ホクト株式会社
代表/代表取締役社長 水野雅義
所在地/〒381-8533長野県長野市南堀138-1
資本金/55億円
設立/1964年
連結事業内容/農産物の生産及び生産指導、農産物の加工及び販売、合成樹脂の成型及び製品販売、農産物の生産資材、機械等の製造販売
URL/https://www.hokto-kinoko.co.jp/





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)