医療・医薬・福祉 デジタル製品・家電

今注目の持ってでかけたくなる!AI搭載歩行アシスト機器「seeker」、H.C.R.2022(第49回国際福祉機器展)に登場!

株式会社マリスcreative design
~高齢者、障がい者が、健常者の垣根を超えてすべての人が住み良い社会へ~

介護でなく、自立できる世界をつくる株式会社マリスcreative design(本社:東京都墨田区 代表取締役:和田 康宏、以下マリス)は、活躍し続ける工学系人材の育成と知の創造で未来社会へ貢献する国立大学法人九州工業大学(福岡県北九州市、学長:三谷 康範、以下九州工業大学)の和田親宗研究室、および半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス&ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)、「モバイル・クラウドファーストで社会・産業のDXに取り組むNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸岡 亨、以下NTT Com)とともに来月2022年10月5日(水曜日)~7日(金曜日)の3日間、東京ビックサイトにて開催される「第49回国際福祉機器展H.C.R.2022」に出展いたします。


マリスは視覚障がい者や高齢者の方々が自由に安心して出かけられるよう、歩行アシスト機器「seeker」の製品化に向けた取り組みを進めています。駅のプラットフォームの検知や横断歩道や信号の検知を行い、安全でより快適に歩行できるように危険を使用者に振動で呈示します。また、「seeker」の使用者が近くにいる場合に使用者同士でコミュニケーションが行える機能、公共交通機関での支払い機能を追加し、安全を超えた快適な生活の提供を目指しています。
イベント当日は以下の展示を行い、マリスが目指すビジョン「障がい者と健常者の言葉の垣根さえもなくなる社会」をご体感いただけます。

・ブース内プレゼンテーション
・「seeker」(試作品)の体験イベント

seeker(シーカー)について
株式会社マリスcreative designは、障がい者、高齢者に「もっとでかけたくなるように」という思いで事業を行っております。そして、高齢者、視覚障がい者が、好きなところに旅行にいけて、好きな仕事ができて、自由にお酒を飲みに行けるように「seeker」を考案しました。「seeker」は、メガネ型の装置に取り付けたカメラとセンサーで、AIを使い、危険 な状況を検知します。そして、高齢者に振動で知らせて回避をします。


■株式会社マリスcreative designについて
株式会社マリスcreative designは、「障がい者と健常者の言葉の垣根さえもなくなる社会の創造をめざす」ために創業しました。障がい者が自立して生活できる社会づくりに貢献したいと考えおり、日本で障がい者用機器を稼げる産業にしたいと考え事業を行っています。東京都が将来有望な事業を行うスタートアップ企業を支援する「青山スタートアップアクセラレーションプログラム」で住友不動産賞、旭化成グループアクセラレーションプログラム「LIFE CO-LAB.(ライフコラボ)」優秀賞、Sony Startup Acceleration Program 京セラ賞など数多くの賞を受賞しており、日本の将来を担う福祉機器開発の事業を行う会社として注目を集めています。
Webサイト(http://maris-inc.co.jp/


■国立大学法人九州工業大学について
九州工業大学は、1909年に私立明治専門学校として開学して以来、建学の精神「技術に堪能なる士君子」の養成の実践により、これまで7万人近くの工学系人材を世に送り出すとともに、学術の進展につながる知の創造、産業界の競争力強化並びに地域の発展に貢献してきました。今年2021年に創立112年を迎えた伝統ある国立大学です。現在では、北九州市戸畑区、同市若松区及び飯塚市に2学部・3大学院(2学府・1研究科)を構え、約5千6百名の学生を有する工学系大学として、最先端の教育と研究を行っています。
Webサイト(https://www.kyutech.ac.jp/

■株式会社マクニカについて
マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス&ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界23ヶ国85拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。
詳細はWebサイト(https://www.macnica.co.jp)をご覧ください。

■NTTコミュニケーションズ株式会社について
NTT Comは、2022年より法人事業ブランド「ドコモビジネス」のもと、ドコモグループにおける法人事業の中核を担う企業として、社会・産業のグローバルレベルでの構造変革や、新たなワークスタイルの創出、地域社会のDX支援などの価値を提供しています。 今回NTT Comは、「seeker」装着者の移動軌跡データをはじめとしたさまざまなデータを、お客さまのDXを支援するデータ利活用基盤「Smart Data Platform」上に安全に保管するとともに、収集したデータの利活用を支援することで、見守りやフィードバック機能などの高付加価値なサービスの提供に貢献します。
「Smart Data Platform」Webサイト(https://www.ntt.com/business/sdpf.html

株式会社マリス creative designのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/73897
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)