美容・健康 流通

『熟酵』史上最高峰(※1)のエイジングケア(※2)!待望のリニューアル新商品がまもなく発売!! “エステの感動を届けたい” 世界初(※3※4)の独自開発原料2種を配合した唯一(※5)の化粧品が新登場!

株式会社まごころ総合美容
株式会社まごころ総合美容(代表取締役:長嶋まさこ)が、2022年10月7日(金)に『熟酵』シリーズでリニューアル新商品を販売開始。 同社の独自開発原料を配合し、美容成分が熟酵シリーズ最多の300種類(水を含む)の多機能オールインワンセラムが新発売。



『熟酵』シリーズの始まりともいえる「オールインワンセラム」が、2017年6月発売以降5年ぶりのリニューアルをして新発売!
「エステのプロのトリートメントを受けたような喜びや感動を届けたい!」という情熱で作り上げたオーダーメイド感覚で使用できる熟酵史上最高峰(※1)のエイジングケア(※2)が誕生しました。

10月7日(金)発売予定
*まごころ総合美容の公式オンラインショップと、ショップチャンネル(株式会社ジュピターショップチャンネル)のみでの販売となります。


製品特徴

世界初(※3※4)の独自開発原料2種類を配合し、美容成分数は熟酵シリーズ最多の300種類(水を含む)(※5)
世界初(※3※4)の独自開発原料をダブルで配合したのは、この商品のみ!(※5)
化粧水、美容液、乳液、クリーム、美容パック、化粧下地、マッサージクリーム、目元口元の集中ケアの8機能を1本で兼ね備える多機能オールインワンセラムです。

【熟酵 エステトリートメント オールインワンセラム】
内容量:75ml
メーカー希望小売価格:10,000円(税込)

オーダーメイド感覚で使用できる熟酵史上最高峰(※1)のエイジングケア(※2)!
■世界初(※3※4)の独自開発原料『Siプラントファーメント(R)(※6)』『ヒアロディープファーメント(R)(※7)』をダブル配合
■美容成分300種類(水を含む)
■先端美容成分【ハリ・ツヤ・うるおい・キメ・なめらか・引きしめ・肌荒れを防ぐ】独自処方。
 浸透(※8)美容にこだわった『エステ テクノロジー(※9)』
■1品8機能(化粧水、美容液、乳液、クリーム、美容パック、化粧下地、マッサージクリーム、目元口元の集中ケア)

(ご使用方法)
 洗顔後、適量を手にとり、お肌にやさしくなじませてください。
 ~美容トリートメントとして~
 多めに手にとり、お肌にやさしくなじませてください。
 ~マッサージクリームとして~
 多めに手にとり、お顔全体にやさしくマッサージしてください。


※1 美容成分数最多配合300種(水を含む)のこと(2022年10月現在)
※2 年齢に応じたお手入れ
※3 熟酵ブランドにSiプラントファーメント(R) が世界初配合
※4 熟酵ブランドにヒアロディープファーメント(R) が世界初配合
※5 2022年10月現在
※6 アスペルギルス/(キビ種子/イネ種皮)発酵液
※7 乳酸桿菌/ヒアルロン酸Na発酵液
※8 角質層まで
※9 乳酸桿菌/コラーゲン発酵液、コラーゲン、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、水溶性プロテオグリカン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、アルブチン、アスコルビン酸、ローヤルゼリーエキス、ツボクサエキス、フラーレン、乳酸、グリシン、セリン、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス)


こちらの商品はエステティック通信10月号にも掲載されました。
*ESTHETIC WIRED(エステティック通信)とは、株式会社美容経済新聞社が発行するエステティックサロン経営者向けの専門情報誌です。

エステティック通信 公式WEBサイト:https://www.esthe.news/



『熟酵』シリーズについて

株式会社まごころ総合美容(代表取締役:長嶋まさこ)が販売する『熟酵』シリーズは、2017年よりショップチャンネルで販売している基礎化粧品です。
カリスマエステティシャンとして活躍していた長嶋まさこが「エステの感動を届けたい!」との想いから、『熟成発酵』させた独自開発原料を配合した化粧品を開発しました。
多くのお客様からご支持をいただき、今年で5周年を迎えることができました。


熟酵シリーズ公式HP
https://magokoro39.jp/jukukou/

~公式オンラインショップ~
株式会社まごころ総合美容|ご注文フォーム
https://organic.magokoro39.jp/shop_form.html


※企業様からのお問い合わせは、HPのお問い合わせフォームよりお願いいたします。
株式会社まごころ総合美容
https://magokoro39.jp/contactus/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)