食品・飲料

10/19(水) 無印良品 ベジタブルカレー 新発売のお知らせ

株式会社良品計画
インドのべジカレーをお手本にした7種類

 無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、主原料と副原料に動物性の肉を使用しない「“素材を生かした ベジタブルカレー”シリーズ」7種類を10月19日(水)から、全国の無印良品、およびネットストアで発売します。




■ レトルトカレーの新シリーズ
 人気のレトルトカレーに、新しく「“素材を生かした ベジタブルカレー”シリーズ」が加わります。インドのベジカレーをお手本にした、主原料だけではなく副原料含め「肉を使わない」カレーです。
 具材には、いんげん豆やじゃがいも、なすやひよこ豆などを使い、野菜の旨みを生かした7種類をご用意しました。7種のうち1種類は2015年から発売している「ダール(豆のカレー)」をリニューアルしたもので、肉原料を使用せず、バターからギー(バターオイル)に変え、さらに本場のおいしさに近づけました。1辛の辛さ控えめのものから、スパイスの風味に酸味と辛味の効いた4辛のカレーまであり、お好みで選べます。
 商品パッケージには、「肉」「卵」「乳」の不使用表示アイコンをつけることで、お客さまが店頭で選ぶ際にわかりやすくしました。

 これまで無印良品では、大豆ミートのカレーや、糖質10g以下のカレーを発売しており、今回のシリーズが加わることで、健康への配慮を含め、自分にあった豊かな食生活を望む方の選択肢がひろがります。

 また、インドやパキスタンでよく食べられているカレーによく合う香り高い長粒の精米「バスマティ米」も、同日に発売を開始します。


◇商品ラインナップ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)