外食・中食 医療・医薬・福祉

高齢者専門宅配弁当『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』 おせち予約受付開始

株式会社シニアライフクリエイト
高齢者のニーズに合わせた9種類 2023年は「洋風 雅」が新登場!

高齢者専門宅配弁当サービスを展開する株式会社シニアライフクリエイト(本社:東京都港区、代表取締役:高橋洋)は、高齢者専門宅配弁当サービス『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』の353店舗(2022年9月末時点)で「おせち料理」の予約受付を2022年10月1日より開始しました。


1人前の洋風おせち(20品目)「洋風 雅(ようふう みやび)」

おせち料理は、大晦日の12月31日にご自宅にお届けします。お一人様用から家族と楽しむ3~4人様用まで人数に合わせた商品や、栄養価の調整が必要な方向けの商品、噛む力が弱くなった方向けの商品などがあり、2023年より新たにお一人様用の洋風おせちをご用意しました。

◆高齢者の食べやすさに配慮したおせちに洋風おせちが登場
当社では、お一人暮らしの高齢者や、家族が帰省できない環境の中でもおせちを通じて新年の雰囲気を感じてほしいという想いから、2011年よりお一人様用のおせち「彩」の販売を開始しました。また、近年はコロナ禍で外出に対する抵抗感や、帰省を控える風潮が強まったことから、お一人様用のおせちのラインアップを強化し、2021年より「雅」を販売しています。今回新しく登場した「洋風 雅」は、定番のおせち食材を使用せず、洋風の食材を使用した20品目が詰まったお一人様用の洋風おせちです。テリーヌ・ローストビーフ・スモークサーモンなど、「和風 雅」で使用していない料理を盛り込んでおり、「洋風 雅」・「和風 雅」の2種類のおせちをお一人で召し上がっても飽きずに楽しめるようになっています。
当社が販売するおせち料理は高齢者に向けたもののため、「高齢者にとって食べやすい」ように食材に配慮しています。使用する海老は、手や口などを傷つけないように、頭の角と尻尾の剣を取り除いています。また、タケノコやたたきごぼうなど繊維の強い野菜は食べやすいように柔らかく調理し、田作りやイカなど硬い食材も高齢者の咀嚼力に配慮し柔らかく仕上げています。ほかにも、なますなどの酢の物は酸味を調整し、むせにくいように仕上げています。高齢者のニーズに合わせたおせちで、お正月の食卓を華やかに彩ります。

◆塩分調整や噛む力が弱くなった方にも 高齢者のニーズに合わせたおせち
おせちは保存をするために味が濃く、塩分が高いものが一般的ですが、エネルギーと塩分を調整した「カロリー・塩分調整おせち」は極力塩分の低い食材を使用し、1段あたりの食塩相当量は4.0g未満となっています。また、エネルギーや塩分だけでなく、たんぱく質やカリウム、リンなども調整した「たんぱく・塩分調整おせち」は食塩相当量を1段あたり3.0g未満に抑え、たんぱく質を抑えたときにエネルギーも低くなりすぎないようにいも類やデザート系を多く使用しています。噛む力が弱くなった方のためにもテリーヌや、ムースでかたどった海老などやわらかい食材を集めた「和」もご用意しており、栄養価の調整が必要な方でもおせち料理で食べる楽しみやお正月気分を味わえるように作っています。


『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』のおせち一覧(価格はすべて税込み価格)





【高齢者専門宅配弁当店『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』】
高齢者専門宅配弁当『宅配クック ワン・ツゥ・スリー』は、現在全国で353店舗展開しており、月間約300万食を提供しています(2022年9月末時点)。店舗では、在宅の高齢者を中心に、宅配時の手渡しによる見守り・安否確認を創業時より実践しており、昼食・夕食を別々に届け1日2回訪問することで、より顧客に近い存在となるべく努めています。また、お届けの際に倒れているなどの異常が発見された場合には、速やかにケアマネジャーやご家族と連動する地域密着型の独自のサービスを展開しています。


【会社概要】
会社名:株式会社シニアライフクリエイト
代表:代表取締役 高橋 洋
本社:東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル6F TEL. 03-5427-3981
ホームページ: https://slc-123.co.jp/
設立:1999年12月
資本金:28,000万円
事業内容:
1)高齢者専門宅配弁当「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」 フランチャイズ本部の運営
2)高齢者施設向食材卸事業「特助くん」の運営
3)高齢者向コミュニティサロン「昭和浪漫倶楽部」の運営
4)高齢者施設向厨房受託事業「結の台所」の運営
5) 個人向通販事業「健康直球便」の運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)