美容・健康 自動車・バイク

100歳を超えても元気な超高齢者の脳を探る「Century Brain Project」に「運転免許の認知機能テスト」を提供協力

ベスプラ
100年時代の安全なカーライフへの貢献

株式会社ベスプラ(東京都渋谷区、代表取締役CEO:遠山 陽介、以下:べスプラ)は、一般社団法人ブレインインパクト(理事長:山川 義徳、以下:ブレインインパクト)が開始する研究プロジェクト「Century Brain Project」へ、研究に使用するテストとして「運転免許の認知機能テスト」サービスを提供協力する形式で支援することが決まりましたためお知らせいたします。


■本プロジェクトの背景
 脳の健康状態を見える化するだけでなくどのようにしたら脳の健康を維持・向上できるのかを明らかにすることは、非常に重要な課題です。これまで、脳情報の可視化と制御による活力に溢れた生活の実現に向け実施された内閣府ImPACTプログラムでは、脳の健康状態を見える化する国際標準指標「BHQ(Brain Healthcare Quotient)」が開発されました。BHQを用いた過去の様々な研究プロジェクトを通じて、超高齢者の中でもBHQが高く、健康な脳を維持できている方が存在する可能性があることが示されています。このことから、BHQプロジェクトの一貫として、100歳を超えても脳が健康な超高齢者の秘訣を探る研究プロジェクト「Century Brain Project」を立ち上げました。

■研究の目的・概要
 本研究では、80歳以上の元気な高齢者を対象に、MRI計測、オンラインインタビュー、オンラインアンケートを実施し、1.元気な高齢者はBHQが高いのか?2.BHQが高い高齢者はWell-beingが高いのか?3.なぜ年齢を重ねてもBHQが高いままなのか?といった疑問を明らかにすることで、誰もが健康な脳で100歳を迎えるための知見を収集します。


■支援内容
 本プロジェクトに際して、研究参加候補者の研究参加可否の判定に使用する認知機能テストとして、ベスプラの「運転免許の認知機能テスト」を参加者に無償提供いたします。本テストは運転免許の更新時に受ける認知機能検査に基づき作成されています。このテストにより、研究参加候補者はご自身の認知機能の状態を把握することができます。

[これで安心! 75歳からの運転免許認知機能検査 テキスト&問題集]


■本プロジェクトの参画を通した将来的な取り組み
 本プロジェクトは、脳のヘルスケアサービスの中心的な価値である、100歳を超えても脳を健康に保てる方法についての学術的な発見を第一の目標としています。ベスプラは、より多くの方が元気な脳で活躍する社会を作るため、本取り組みを通じて得られた知見を活用し、社会実装に向け取り組んでまいります。

■Century Brain紹介ページ
https://www.bi-lab.org/century-brain-project

■本プロジェクトのお問い合わせ先
一般社団法人ブレインインパクト
問い合わせ先:centurybrain@bi-lab.org

<ご参考>
==================
株式会社ベスプラについて (https://bspr.co.jp
 株式会社ベスプラは認知症予防に向けた脳の健康維持アプリ「脳にいいアプリ」ならびに運転免許更新時の認知機能検査が手軽に試すことができる運転免許の認知機能テストを提供し、ICTを使ったヘルスケアサービスを通して脳と体の健康サービスを提供しています。

一般社団法人ブレインインパクトについて (https://www.bi-lab.org/
 一般社団法人ブレインインパクトは脳の健康管理指標BHQ(Brain Healthcare Quotient)に関連する各種取り組みについての国際標準化活動を推進すると共に、脳情報のデータベースを公的共用リソースとして提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)