ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

障がい福祉専用eラーニングの新コンテンツ!「現場で使える!役立つ!腰痛予防対策」

株式会社Lean on Me
出演:岡田 慎一郎氏 (理学療法士・介護福祉士・介護支援専門員)

インクルTech※(インクルテック)で社会課題を解決する「株式会社Lean on Me」(リーンオンミー、本社:大阪府高槻市、 代表取締役:志村駿介)は、障がい福祉に関わる方を対象に提供する障がい福祉専用eラーニング「Special Learning(スペシャルラーニング)」に、新たな研修コンテンツをアップしました。 ※インクルTechとは、インクルージョン(Inclusion)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、SDGsに関心が高まる今、ソーシャルな課題の中でも、多様性の包摂を実現するテクノロジーを意味しております。


今回アップしたのは、「現場で使える!役立つ!腰痛予防対策」。

生活支援や食事や入浴の介助作業と、障がい福祉の現場で悩む方も多い腰痛…。
実は そんな腰痛対策に必要なのは、1つ1つの体の動きを見直す事なのだとか!
現場歴30年のスペシャリストである 介護福祉士の岡田慎一郎さんと共に
具体的なトレーニング方法を学びましょう。



■具体的なコンテンツ紹介
世に様々な腰痛対策があふれる中、根本的な腰痛予防対策とは何なのか?
岡田慎一郎さんが考えるのは…「体の連動性を高め、合理的な動きを手に入れること」!
そのためには腰痛予防の「概論」「体作り」「姿勢や動作」。3つを抑えなければなりません。



下半身は、腰を中心とした動きを見直し、股関節を中心とした合理的な動作を行う。
上半身は、肩甲骨から肘を伸ばし、手の甲を上手に活用して連動性をもたせる。
などなど…

具体的なトレーニング方法を丁寧にレクチャーし
何度でも繰り返し視聴することで、定期的なチェックや復習にも活用いただけます。




01.導入&概論1~腰痛の原因~
02.概論2~腰痛にならない正確な動作~
03.体作り:下半身編1~股関節のチェック~
04.体作り:下半身編2~股関節の改善「しゃがみの構え」~
05.体作り:下半身編3~股関節の改善「中腰の構え」~
06.体作り:下半身編4~動きの原則「踏みしめない」~
07.体作り:上半身編1~体幹と腕との連動チェック~
08.体作り:上半身編2~体幹と腕との連動トレーニング~
09.体作り:上半身編3~力の伝導率を高める~
10.体作り:上半身編4~腕を長く使う~
11.腰痛予防の体作り~全身連動編~
12.実用的な姿勢・動作1~立位姿勢~
13.実用的な姿勢・動作2~前傾姿勢~
14.実用的な姿勢・動作3~座位姿勢~
15.実用的な姿勢・動作4~しゃがみ姿勢~
16.実用的な姿勢・動作5~腰痛時の対応・動作&まとめ~

■内容がよくわかるサンプル動画はコチラ♪
https://www.youtube.com/watch?v=dBF-oOiaYGo




1972年生まれ。理学療法士、介護福祉士、介護支援専門員
身体障害者、高齢者施設に勤務し、独自の身体介助法を模索する中、武術研究家の甲野善紀氏と出会い、古武術の身体運用を参考にした「古武術介護」を提案したところ大きな反響を呼んだ。近年は介護、医療、リハビリ、消防救命、育児、健康増進、教育など、幅広い分野で身体を通した発想と実践を展開させ、講演、執筆、企業アドバイザーなど多岐にわたる活動を国内外で行う。

◆「Special Learning」について
社会福祉法人の職員様や、障がいのある方を積極的に雇用する一般企業の社員様を対象に、障がい者を支援するうえで必要となる知識をインターネット動画で学ぶことができるオンライン研修サービスです。
日常の支援でつまずいた時、自分がいま必要とする知識(コンテンツ)を自ら選択して学ぶ(視聴する)ことで、実際に適切な支援をおこなうことができるようにサポートします。
現在45都道府県1,400以上の事業所で導入頂いています。

◆株式会社リーンオンミーについて
社名:株式会社Lean on Me
所在地:(本社) 〒569-0093 大阪府高槻市萩之庄5-1-1-502
(大阪支社)〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1丁目9番20号 新中島ビル8階GH
TEL:072-648-4438
設立:2014年4月1日
資本金:2億9,180万円(準備金を含む)
代表者:志村 駿介
URL: https://leanonme.co.jp
事業内容:◆障がい福祉専用eラーニング「Special Learning」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)