教育・資格・人材

ガイアックスがN/S高にてヘルスケアの社会課題解決をテーマにしたコラボレーション授業を本日より開始!

ガイアックス
~2023年度から本格化する起業家精神教育に先駆けて~

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校、S高等学校(以下 N/S高)の課題解決型学習プログラム「プロジェクトN」にて、本日より約3ヶ月の期間にわたって行われるヘルスケアの社会課題解決をテーマにした授業「Social Good ~若き起業家の描く新しいヘルスケア~」に協力・監修します。(※1) ガイアックスは本プログラムの監修を契機に、起業家精神教育が本格化する2023年度以降に向けて、全国の中学校や高校における起業家教育プログラムの開発・提供に注力してまいります。 ※1: 授業は基本的にオフラインで行われ、ガイアックスメンバーによる特別講演や中間発表会、最終発表会はオンラインで行われます


ドルトン東京学園中等部・高等部での起業ゼミ風景
● 背景:2023年から本格化する起業家精神教育
岸田内閣は今年を「スタートアップ創出元年」と位置付け、さらに2023年度以降の小中学校や高校における起業家精神教育を本格化する方針を示しました。アントレプレナーシップの醸成と起業を生徒たちのキャリアの選択肢に加えてもらうことが狙いで、民間と連携した授業の開催にも注力するとのこと。(※2)
今回のガイアックスとN/S高のコラボレーション授業は、来年度から本格化する起業家精神教育の一つのモデルケースとなることを目指します。
※2:「起業家精神」教育、小中高で強化…新興企業育成「5か年計画」に明記へ、讀賣新聞オンライン、2022年5月29日、https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220528-OYT1T50212/

● 特徴1.:教育的視点(アントレプレナーシップ教育)と実務的視点(起業家育成)の融合
昨今、日本でも起業家教育を行う事業者は増えてきていますが、その内容はいわゆる起業家トレーニングといった、起業に関する知識・スキルの伝達に留まるプログラムも多く、専門家からも問題視する声が出てきています。(※3)
ガイアックスは、2020年から30以上の教育機関で700名を超える生徒・学生に「起業ゼミ」と題した起業家教育を実施してきましたが、N/S高との今回のコラボレーションでは、「起業家精神の涵養」や「非認知能力の向上」など、より教育的視点からプログラムを監修しています。
※3: 起業家教育と起業家トレーニングの違い、
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)