デジタル製品・家電 流通

フェイスラインがぼやけてきたときに選ぶべき最初の美顔器はコチラ

Areti株式会社
年齢を重ねると肌の弾力が低下し、すっきり引き上げられていたフェイスラインも崩れてしまいます。長いマスク生活で見えないところは油断しがちという方、必見です。

美容家電メーカーAreti.(本社:東京都中央区 以下アレティ)はオフィシャルサイトにて、10月5日より光美顔器トライカラー(b1708WH/GD)の期間限定セールを開催。 サロンなどに行く時間がなくても自宅で気軽に始められるセルフケアで、秋枯れ肌も予防してください。






フェイスラインのたるみはなぜ起こる? 



肌のハリは“コラーゲン”と“エラスチン”というタンパク質によって成り立っています。しかし、年齢を重ね、紫外線などのダメージが蓄積されるとこれらは減少。皮膚は重力に耐えることができなくなり、たるみにつながります。

他にも筋膜のゆるみ、加齢による骨の萎縮も原因のひとつと考えられていますが、ここ数年のマスク生活で表情筋は衰え、その一方で、耳にマスク紐をかけることで前方に引っ張られた顔全体が緊張状態になっていることも新たなたるみの原因に。たるみはフェイスラインが崩れるだけではなく、シワにも影響するので要注意!
特に目元や口元、あごは老け見えさせないためにも引き締めたいパーツです。

肌の変化と上手く付き合っていくために




コラーゲンなどの減少は加齢に関係するため誰にでも起こる現象ですが、ただ変化を受け入れるのではなく、美顔器などでスマホやパソコン、マスクで疲れた肌を癒し、コリをほぐすことも重要です。
一般的に美顔器は洗顔後のきれいな肌に軽く当て、フェイスラインに沿って引き上げるように下から上へ動かすことで効果がアップします。
特に目元、口元は皮膚が薄く、シワができやすいため強く押し付けながら滑らせるのは逆効果。摩擦を起こさないように、滑りを良くするローションなどの併用をおすすめします。
お風呂上がりなど血の巡りがいいタイミングで使用すると、ローションの美容成分が角質層の隅々まで行きわたるのでぜひお試しください。

防水、充電不要の美顔器で極上のバスタイム




年齢を重ねた肌や、スマホを見る時間が長くて無表情になりがちという方も手軽にケアを行えるのがアレティの光美顔器トライカラー(b1708WH/GD)です。
サロンのような3色の光美容、肌をじっくり温める40~45℃の温熱、緊張をほぐす約15,000回/分の微振動を体験できる複合美顔器ですが、光を細かく分散することで目への刺激を考慮した独自のヘッドを採用し、難しい操作は一切なし。プリントスイッチに指を重ねながら素肌に触れるだけで電源が入ります。

防水仕様(IPX5)のためお風呂でも使え、肌の上でクルクル円を描きながら使える軽量のスティックタイプ。コンパクトなヘッドはデリケートな目元、口元にも使いやすく、顔の凹凸にもフィット。
EMSやレーザーではないため低刺激で、美顔器初心者やこまめに使いたいという方にも最適です。

光美顔器トライカラー(b1708WH/GD)
・3色のLED照射
・温熱効果でリラックス
・心地よい微振動
・軽量&コンパクト設計
・お風呂で使える防水仕様
・迷わないシンプル操作
・ギフトにも最適なボックス入り

まだ強い日差しも残る10月。気温が低下すれば肌も乾燥し始め秋枯れ肌になりやすい傾向に。フェイスラインにも肌のキメにもアプローチする光美顔器トライカラー(b1708WH/GD)で癒しの時間をお楽しみください。

【期間限定セールを開催中】
通常販売価格¥9,800が特別価格の¥7,980に
期間:2022年10月5日(水)~10月10日(月)
詳細はこちらからご確認ください。
https://areti.jp//products/b1708?prtimes



ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電の(Exelentialエクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)