その他 医療・医薬・福祉

「令和4年度 医療・行政MaaS」の実証実験を10月6日に開始

大日本印刷株式会社
MRT株式会社は、内閣府・総務省・経済産業省・国土交通省が連携して選定する令和4年度スマートシティ関連事業のうち、経済産業省「無人自動運転等のCASE対応に向けた実証・支援事業(地域新MaaS創出推進事業)」の実証事業に関わる受託事業者に選定されました。MRT株式会社は、株式会社オリエンタルコンサルタンツ、MONET Technologies株式会社、大日本印刷株式会社および三重広域連携スーパーシティ推進協議会と連携して、昨年度に実施した「オンデマンド医療MaaS(Mobility as a Service)」の実証実験*を踏まえて、医療MaaSの社会実装を視野に入れた新しい取り組み(以下、「令和4年度、医療・行政MaaS」の実証実験)を2022年10月6日から11月末まで実施します。 * 2021年11月1日付プレスリリース:「オンデマンド医療MaaS」の実証実験を11月4日に開始 https://medrt.co.jp/pr/pdf/news-2021-1101.pdf


【「令和4年度、医療・行政MaaS」の実証実験について】
本実証実験では、さまざまな用途に利用可能なマルチタスク車両を活用して、車両内で医療サービスと行政サービスを提供する他、新たな取り組みとして、公的施設の活用や薬剤の配送との連携による取り組みの有効性を検証します。具体的には、三重県大台町の報徳診療所および近隣の薬局の協力の下、町内の集会所などを巡回するマルチタスク車両を用いて、オンライン診療からオンライン服薬指導、さらには薬剤の配送に至るまで、医療に関する一連の流れを検証します。また、車両内で、マイナンバーカードの申請などの行政に関するオンライン手続きを行えるようにします。
マルチタスク車両が地域住民の社会基盤(インフラ)としての役割を担う存在になるよう、「医療・行政・交通」の視点で医療MaaSの社会実装に向けた検証を行い、過疎化や高齢化などが進む地域の医療・交通関連の課題解決を目指します。


実施場所 : 三重県大台町(いなべ市、多気町、明和町、度会町、大紀町および紀北町では体験会を実施)
協力医療機関 : 大台町報徳診療所
協力薬局 : 勝栄堂薬局、日本調剤 松阪薬局
実施内容 : [医療]オンライン診療・オンライン服薬指導[行政]マイナンバーカードの申請・その他行政手続き[交通]通院困難者のサポート
実施期間 : 10月6日~11月末

<マルチタスク車両の外装>


<サービス概念図>




<将来目指す移動車両の最適化イメージ>

■参加企業・協議会:
MRT株式会社(代表幹事) 本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:小川 智也
株式会社オリエンタルコンサルタンツ 本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:野崎 秀則
MONET Technologies株式会社 本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:清水 繁宏
大日本印刷株式会社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:北島 義斉
三重広域連携スーパーシティ推進協議会 所在地:三重県多気町役場内 代表者・会長:久保 行央


<参考>
○令和4年度のスマートシティ関連事業の概要(内閣府ホームページ) :
https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/pdf/r4_sc_besshi1.pdf

○令和4年度のスマートシティ関連事業の選定結果について(内閣府ホームページ) :
https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/20220713smartcity.html
https://www8.cao.go.jp/cstp/stmain/pdf/220713_bessi2.pdf

※実証実験の内容は発表日現在の情報です。状況に応じて予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)