医療・医薬・福祉

AI顔認証技術を活用した新検温方式『EG-Keeper(R)クチナカ(TM)(口中)検温』で、瞬時により正確な検温をサーマルカメラで実現します!!

株式会社WDS
EG-Keeper(R)のクチナカ(TM)(口中)検温では、『口腔内の最も高い表面温度を測定』する口中検温方式を採用することで、従来のサーマルカメラより精度の高い検温結果が得られます。

株式会社WDS(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田浩之)は、新検温方式クチナカ(TM)(口中)検温をリリースします。従来のサーマルカメラで一般的に採用されている検温方式(額の表面温度を測定)とは異なり、『口腔内の最も高い部分の表面温度』を測定する為、より腋窩体温に近い検温結果を得ることが可能になります。(ファームウェアをバージョンアップすることで、既存のEG-Keeper(R)でも口中検温機能をご利用いただけます。※最新版ファームウェアのリリースは、10月下旬頃を予定。)尚、2022年10月12日(水)~14日(金)に幕張メッセで開催される『感染対策EXPO』展にて、当該製品を発表いたします。展示会にご来場の際は、是非弊社ブースにお立ち寄りください。 ≪EG-Keeper(R)について≫ エッジ解析カメラEeyeのテクノロジーを搭載し、超高速処理による顔認識・体表面温度検知・マスク検知を行う顔認証パネルです。アルコールチェックソリューション、勤怠管理、スマートロック等、様々なシステムとの連携が可能。一般企業を始め、行政機関や医療機関、教育機関等、幅広くご導入いただいております。


〇口中検温の有効性 ※口中検温機能は、現在特許出願中です。




〇口中検温での検温方法
EG-Keeper(R)の正面に立ち、(※マスク着用時はマスクを外すように案内が表示されます)口を開きます。
※検温は瞬時に実施・完了する為、長時間の開口は不要です。



〇オプション品の専用ガードもご用意
人前で口を開けることに抵抗がある方や、飛沫の拡散が気になる場合にご利用いただけるオプション品も、ご用意しております。


〇第2回感染対策EXPOで発表
2022年10月12日(水)~10月14日(金)に幕張メッセで開催される、第2回感染対策EXPOに出展、同商品を展示いたします。

≪第2回感染対策EXPO≫
https://www.medical-jpn.jp/tokyo/ja-jp/about/ks.html

弊社ブースでは、従来の額での検温方式と比較・体験していただきながら、口中検温を実際にお試しいただけます。更に期間中、無料で口中検温をご利用いただけるモニター企業様を募集いたします。弊社ブースへのお越しを、お待ちしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)