医療・医薬・福祉 美容・健康

自分らしさを保つ、守る、ケアする。「インフルエンサーのためのメンタルヘルス」をスタート

株式会社ニイラ
~ 10/7(金)より、2名限定でモニターを募集 ~

株式会社二イラ(本社:東京都清瀬市、代表取締役:和賀 未青)は、「インフルエンサーのためのメンタルヘルス」をコンセプトに、弁護士の監修とサポートのもと、インフルエンサーがメンタルヘルスを保ち、誹謗中傷から自らを守る、ケアするサービスをスタートしました。 本サービス開始に伴い、10/7(金)よりインフルエンサーのモニターを2名限定で募集します。


「インフルエンサーのためのメンタルヘルス」


「インフルエンサーのためのメンタルヘルス」について


■有名だから仕方ない。なんてありえない。
ごく一部の人の意見に目くじらをたてなくても、有名税だから仕方ない、我慢しろ、好きでやってるのだから、という考え方もあります。でも、人数の多い少ないではなく人は他者にむやみに攻撃されるいわれはありません。泣き寝入りする必要はないのです。

■自分を守る。セルフケアに集中する。
インフルエンサーだからこそ、自らのメンタルヘルスを整えて、気持ちが安定した状態でこそパフォーマンスを発揮できる。ネガティブな声や書き込みなどにエネルギーを奪われないように。そして、メンタルヘルスを大切にする。

■話すことは、身体から離すこと。
誹謗中傷を受けて自分が傷付いていることを誰にも話せていない、話したくない。そんな風に感じるかもしれません。自分の弱味を見せたくない、恥ずかしいと思うかもしれません。勇気をもって話すことを選んで、話してみると身体と気持ちが軽くなり、あなた本来の状態を取り戻せる。

■いまできることを、一緒に考えます。
困りごとはなるべく1人で抱えない方が良いと思います。全て自分で抱え込んで解決しようと思わずに、まずは相談をしていま対応できることを1つひとつ一緒に考えていきます。大きな荷物を背負ったままでは、本来持っているあなたの才能を生かすことができないと思うのです。

■あなたらしさを守る、メンタルヘルスと法、2つの視点。
メンタルヘルス上の困りごとを聴いて終わり、ではなく、あなたらしさを守る方法を、弁護士の監修やサポートのもと、メンタルヘルスと法という2つの視点から一緒に考えていきます。

--------------------------------------------------------------------------------
これまで、たくさんの誹謗中傷をSNSや報道などで見てきました。
どうしてそうなるのかなと思うこともたくさんありました。
そして、有名人や芸能人でなくても、
影響を持つ人や団体は誹謗中傷を受けやすいことを知りました。
インフルエンサーだからって誹謗中傷を我慢しなきゃいけないわけじゃない。
インフルエンサーこそ、より自分らしい表現をしていくために
メンタルヘルスを大切にして欲しい。

株式会社ニイラ 代表取締役 和賀 未青(精神保健福祉士)
--------------------------------------------------------------------------------

※詳しい内容はこちら: 精神保健福祉士 和賀 未青 note.(https://note.com/bold/n/n50f42aeaa7fc

「インフルエンサーのためのメンタルヘルス」概要 

●対象者:インフルエンサーほか、自分らしさを表現し、発信している全ての方
Twitter、Youtube、TikTok、Instagramなどで多数のフォロワーをお持ちの方に限らず、俳優、モデル、アスリート、経営者、社会起業家、NPO法人代表など、自分らしさを表現し、発信している全ての方を対象としています。

●こんな方はぜひご相談ください
・誹謗中傷を受け、以前と同じように行動できなくなってしまった
・自分が表現する上で、他人の目が気になるようになった
・自分が発信していることの反応が気になってしまい、伸び伸び活動できずに苦しい
・食べられなくなったり、寝付きが悪くなったり、これまでと違って辛い
・医療機関にかかるべきかや、法的措置を検討すべきかについて迷っている

●相談の流れ
1.問い合わせ方法:https://niila.info/contact.html ※こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください
2.精神保健福祉士との相談(90分・有料)※オンライン通話または対面
3.法的なサポートが必要と判断した場合に、担当弁護士にお繋ぎします
(紹介は無料。なお、別途の弁護士相談は有料)

●相談料: 90分/回 33,000円(税込)~
・担当:精神保健福祉士 和賀 末青(わが みお)
※サポート体制は柔軟に対応できますので、まずはご相談からご検討ください。
--------------------------------------------------------------------------------
■HP:https://hugniila.com/mentalhealth
■Instagram:https://www.instagram.com/hug.niila_mentalhealth/
■運営会社:株式会社二イラ
--------------------------------------------------------------------------------

<プライバシーと秘密保持について>
精神保健福祉士は、クライエントのプライバシーの権利を擁護し、業務上知り得た個人情報について秘密を保持します。なお、業務を辞めたあとでも、秘密を保持する義務は継続します。


モニター募集について

●募集人数:2名

●対象者
インフルエンサーほか、自分らしさを表現し、発信している全ての方

●募集期間:10/7(金)~11/7(月)

●応募条件
・モニター体験後感想をお聞かせいただける方
(ご相談内容に関しては秘密を保持することが前提ですので、ご安心ください)

●応募方法:https://niila.info/contact.html
※こちらのお問い合わせフォームにて、SNSのアカウント(YouTube、Instagram、Twitter、Tik Tokなど)を記載の上ご応募ください

●費用:無料(なお、弁護士への個別相談(有料)が生じる場合はお繋ぎするまでの対応となります)


Profile:株式会社二イラ 代表 和賀 未青(わが みお)  


代表:和賀 未青
・1995年大正大学文学部社会福祉学科卒業
・1995年東京都内の医療法人(精神科単科)に精神科
 ソーシャルワーカーとして就職
・2000年大正大学大学院文学部研究科
 社会福祉学専攻修士課程修了
・2001年精神保健福祉士取得
・2019年医療法人を退職
・2019年ストレスチェック実施者研修修了
・2020年株式会社ニイラ設立

《株式会社二イラ 概要》
■代表取締役:和賀 未青(わが みお)
■HP
・株式会社ニイラ : https://niila.info
・HUG : https://hugniila.com
■ブログ:https://note.com/bold

Profile:担当弁護士 小野田 峻 / 小野田高砂法律事務所・代表弁護士(東京弁護士会所属)     

盛岡で東日本大震災に遭遇したことをきっかけとして、東京弁護士会内有志の津波被災地訪問企画を立案し、継続的に実施。
2016年11月には、ソーシャルスタートアップ向けシェアオフィス(social hive HONGO)併設の小野田高砂法律事務所を本郷三丁目にて開業(2018年7月には増床。2022年9月時点で、shHに入居している団体は19社)。支援先の団体が向き合う社会課題は、子ども・若者支援や社会福祉の現場のデザイン、難民問題、介護、日本酒や祭りなど伝統文化、シビックテックや官民連携、食と演劇、女性の両立不安の解消、出生前検査など多岐にわたる。
法務支援を中心とするビジネス横断的支援にとどまらず、社会課題解決に関連する各種リソースを有機的に連携させることにより、広くソーシャルチェンジメーカーの多様な可能性を未来に繋げる活動を行っている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)