医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

介護業界初の人材定着ICT、2022年度グッドデザイン賞受賞!「ケアズ・コネクト」

株式会社ブライト・ヴィー
業界の様々な課題を解決し、働き続けたい介護現場を創る業界初となるチームICT

ー 働き続けたい介護現場に大切なことは何か? この課題に取り組む株式会社ブライト・ヴィー(愛知県名古屋市、代表取締役:飯田友一 以下 当社)は、介護向けチームICT「ケアズ・コネクト」で、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2022年度グッドデザイン賞」を受賞しました。




■ケアズ・コネクトとは?
介護事業所の日常課題を解決するバックオフィスシステム(勤怠管理・情報共有・コミュニケーション等)に、スタッフ定着エッセンスや、心理的安全性を高める仕組みを融合。
幅広い年齢層の介護従事者にも利用頂きやすい様に「親しみやすさ・シンプルさ・わかりやすさ」を大切にデザインしました。

「ステップ導入」機能を中心に、ICTが初めての介護事業所や、ITリテラシーに不安を覚える介護事業所でも安心してご利用頂くことが可能です。




■デザインが生まれた背景
国内の急激な高齢化に合わせ、介護従事者の不足は深刻さを増しており、介護業界では「採用できないなら、せめて今いるスタッフが辞めないように」と離職防止が重視され始めています。

ICTを活用したスタッフ定着への期待は高まりつつありますが、介護業界でのICT定着には業界特有の3つの課題への解決が必要不可欠です。

介護業界 ICT定着に関しての3つの課題
1.職員の年齢層が幅広く、ITへの苦手意識が強い
2.デスクワークではなくPCにふれる機会が作りづらい
3.1人一台のPCやメールアドレス配布がない

「働き続けたい介護現場を創る」をミッションとする当社は、10000人の介護スタッフと繋ることで見えた「介護スタッフ定着のエッセンス」と介護業界のバックオフィス業務を1つのICTとして融合。
そして業界特有の3つの課題全てクリアすることで、ケアズ・コネクトは日々の業務を遂行しながら、心理的安全性の高い辞めない介護事業所づくりを目指しました。





■グッドデザイン賞 受賞に寄せて
介護向けにICTを提供する私たちにとって、お会いした介護事業所の皆様から「事業所がよくなったよ」「こういうものを探してた!」といった声は一番の価値であり喜びです。

その上で、今回のグッドデザイン賞受賞は、介護業界が抱える大きなテーマを、業界外の方から社会課題として改めて認識頂き、その解決へのアプローチに対し一定の価値・効果を感じていただけたことを大変うれしく思います。

ー 審査委員評価
「人材不足と過酷な労働環境が課題であり続けている介護業界に特化した本サービスの社会的な意義は大きく、心理的安全性まで含めたサービスデザインが評価された。持続可能で人にやさしい介護現場の実現に向けて応援したい。(抜粋)」

私たちはこれからも微力ながら、働き続けたい介護現場創造の一助となれるよう、現場のみなさんから多くを学びながら前進していきたいと考えています。

■実際にケアズ・コネクトをご覧になりたい方
来る10/24(月)に、対面(ウインクあいち:名古屋)・オンラインのハイブリッド形式でセミナーが開催されます。

前半は、介護スタッフの成長意欲を創る上で欠かせない「人事考課」について。
後半では、ケアズ・コネクトが目指した姿や、各種機能、ご利用されている介護事業所での成功事例などをお話させて頂く予定です。



■お申し込み
下記ホームページよりお申し込みください。
https://carez.jp/seminar/221024.php
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)