教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

「看護師になりたい学生に向けて」看護師育成修学資金支援制度の募集を開始

SBCメディカルグループ
SBCメディカルグループは、2023年度第一期の看護師育成修学資金支援制度の募集を開始いたしました。




SBCメディカルグループは、2022年より、美容医療では初となる看護師育成修学資金支援制度を設立いたしました。

世の中には、経済的な理由から進学が困難な学生がいます。さらに、今までの奨学金制度では、限られた診療科への進学しか認められていませんでした。
このように進路を自由に選べない学生に向けて、新たなキャリア選択肢を創出すべく、看護師育成修学資金支援制度を設立する運びとなりました。

2023年も引き続き、学生のキャリア形成を支援してまいります。

SBCが目指すビジョンに共感し、実現に向けてともに働き活躍する人材を育成することで、幅広く社会に貢献できると信じています。


2023年 看護師育成修学資金支援制度について


1.募集期間・人数
(1)募集期間
第一期: 2022年 10月 1日~ 12月 31日迄  支給開始: 2023年 4月 25日
第二期: 2023年 4月 1日~ 7月 31日迄  支給開始: 2023年 9月 25日
応募者多数につき選考に時間を要する場合 、 支給開始時期が繰り下がる場合あり

(2)募集人数
各期若干名

2.応募資格
(1)現在大学看護学部又は看護学科(大学院を除く)、短期大学看護学科、看護専門学校など、卒業後の看護師免許の取得を目的とする教育機関に在学中、又は、2023 年 4 月に当該教育機関に入学予定の方

(2)看護師免許取得後、当グループの医療機関に勤務できること

(3)心身ともに健康であること

3.制度内容
(1)貸付金額・期間
貸付開始から正規の修学期間が終了するまでの期間、毎月 5 万円
最大 4 年間( 48 か月)で、合計貸付金額 240 万円

(2)休止要件・廃止要件
休学、停学処分を受けた場合は貸付けを休止します。
退学、大学院進学等により、当グループに帰属する法人の医療機関に勤務する見込みがなくなった場合には、既に貸し付けた全額を直ちに返還していただきます。

(3)返済要件
貸付終了月の翌月末日までに振込の方法により貸付金全額の返済を行うものとします。
貸付金は無利息とします。
修学期間終了後当グループに帰属する法人の医療機関に勤務し、看護師免許取得後ある月 1 日から末日までの 1 ヶ月間勤務した場合、5 万円の返済を免除します。この場合、免除に係る源泉所得税を給与から天引します。
当該期間計算方法により複数ヶ月間勤務した場合、5 万円に勤務月数を乗じた金額の返済を免除します。この場合、免除に係る源泉所得税を 1 ヶ月単位で給与から天引します。
当グループの雇用元法人を退職するときに貸付金の残債務が存在している場合には、当該残債務の全額を退職月の翌月末日までに返済していただきます。

(4)債権回収
(2)又は(3)において返還期限又は返済期限までに返済がない場合、法務大臣の許可を得た債権回収会社及び弁護士への債権回収の委託、債権譲渡、支払督促、民事訴訟、強制執行、その他の適法な手続により残債務の回収を行う場合があります。

4.応募方法
本制度に応募する際は、以下の書類を提出してください。
送り先)163-1303 東京都新宿区西新宿 6-5-1 アイランドタワー12F
SBC メディカルグループ採用部 修学資金制度担当
1.SBCメディカルグループ看護師育成修学金制度選考応募申込書
2.履歴書
3.看護師としての目標に関するエッセイ
書類審査に合格した方には、面談の日時をお知らせします。最終的な選考結果は、面接後 2 週間以内に通知いたします。

5.選考結果通知後の提出書類
選考により本制度の対象となった方には、以下の書類を提出していただきます。
1.看護師育成修学資金制度借入申請書兼同意書
2.在学証明書
3.成績証明書
4.戸籍抄本又は戸籍事項一部証明書
5.住民票正本
6.履歴書(本人)
7.連帯保証人の印鑑証明(生計が異なる 2 名分)
8.健康診断書


申し込み書のダウンロードはこちら

https://prtimes.jp/a/?f=d97803-20221008-046d5372bffd94a1f472bdca13b0f1db.pdf


SBCメディカルグループについて

SBCメディカルグループは、美容外科に留まらず、不妊治療、整形外科の再生医療治療など10以上の診療科目を展開しています。これからもよりよい「医療サービス」を提供していく上で、まずお客様に幸せになってもらうことを考え、実践する。そうすれば、スタッフは自分の仕事に誇りや、やり甲斐を感じることができます。その結果、SBCメディカルグループは社会になくてはならないクリニックとして、社会に貢献し続けられます。
これが、当社が目指す「究極の三方良し」です。

この「究極の三方良し」を意識しながら、今後もお客様に安心して受けていただける「医療サービス」を提供し続け、日本を代表する「総合医療グループ」として存続していきたいと考えています。


【SBCメディカルグループ採用サイト】https://www.sbc-recruit.com/
【SBCメディカルグループ】https://www.sbc-med.com/
【湘南美容クリニック】https://www.s-b-c.net/
【リッツ美容外科】https://www.ritz-tokyo.jp/
【湘南美容皮フ科】https://www.s-b-c.net/hifuka/
【六本木レディースクリニック】https://www.sbc-ladies.com/
【西新宿整形外科クリニック】https://www.ns-seikeigeka.com/
【湘南メディカル記念病院】https://www.sbc-hospital.jp/
【湘南美容歯科グループ】https://www.sbc-dental.com/
【湘南AGAクリニック】https://www.sbc-aga.jp/
【新宿近視クリニック】https://www.sbc-lasik.jp/
【湘南内科皮フ科クリニック】https://sbc-medicalcare.com/
【神奈川レディースクリニック】http://www.klc.jp/
【神奈川ウィメンズクリニック】http://kwc.main.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)