住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

消毒依頼施設に消毒液ボトルの無償提供を開始。日常のコロナ消毒対策に。

コロナウィルス消毒センター
コロナウイルス消毒センターが依頼施設に消毒液ボトルの無償提供を開始。

コロナウイルス消毒センター(統括事務所:新宿区大京町20-6 伊藤ビル1FA)は、作業依頼のあった施設向けに、日常のコロナ消毒対策として消毒液の無償提供を開始。1施設につき3ボトルまで無償提供。



センター推奨消毒液

コロナウイルス消毒センター(統括事務所:新宿区大京町20-6 伊藤ビル1FA)
が消毒液の無償提供を開始。
対象となるのは、2020年4月29日以降に消毒作業依頼をした施設。
1施設につき3ボトルまでが無償提供される。


現在、「消毒液の作り方」なる情報を見て、消毒液を自作する人も大変多い。
しかし漂白剤などで自作する消毒液は、濃度や作り方を間違えて正しく使えていない一般の方々も多い、と同センターは語る。

「正しい消毒液」を使用してほしい。その思いから、施設消毒実施後の日常の施設利用の中で使用できる安心の消毒液の無償提供を開始したという。

また、施設消毒についても正しい防疫知識を持たずに行う業者が増えているという現状についても同センターは警鐘を鳴らしている。

「実績のない業者、値下げ交渉や大幅な割引をする業者に注意してください」
正しい防疫を持つ業者であれば、正しい装備や正しい機材を使用し、適正な価格で消毒作業を行っている。
作業にあたる作業従事者も、常に危険と隣り合わせの中で作業を行っている。

正しい防疫知識と作業実績を持つ業者をきちんと選び、正しい作業を行ってください。
(センター担当者談)


コロナウイルス消毒センターへの
消毒作業のご依頼方法について
当センターWEBサイト(http://covid-19.co.jp)よりお問い合わせください。
お急ぎの場合はお電話にてご連絡ください。
03-3577-9866(年中無休 8:00~22:00)
作業実施の時間帯は24時間作業開始可能。
早朝、夜間など、24時間体制で作業依頼に対応しております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会