ネットサービス・アプリ 美容・健康

心の課題に挑戦するrementalが資金調達を実施!メンタルヘルスケアを身近にできる世の中へ

株式会社remental
自分に合った心の専門家と気軽にはじめられるオンラインカウンセリングサービス「Kimochi」を運営する株式会社rementalが資金調達!

自分に合った心の専門家と気軽にはじめられるオンラインカウンセリングサービス「Kimochi」を運営する株式会社remental(東京都渋谷区、代表取締役CEO:佐藤利音、以下「remental」)は、East Ventures株式会社及び複数のエンジェル投資家を引受先とする第三者割当増資(プレシードラウンド)により、資金調達を実施したことをお知らせいたします。



rementalは、圧倒的なスピードかつより良いユーザー体験のできるメンタルヘルスケアサービスをお届けするために、今回調達した資金によって、プロダクト開発、マーケティング、人材採用・組織体制の強化、よりユーザーにとって利用しやすい環境の構築を行っていく予定です。

利用者に合った信頼のできる心の専門家が、いつでも寄り添ってくれる環境を提供することで、メンタルヘルスによる機会損失をゼロにし、誰しもが自分らしく生きていける世界を作っていきます。


rementalについて



「remental」は、心(精神)を元気のない状態から元気な状態に戻すという意味を持つ、私たちが作った”造語”です。
rementalは『メンタルヘルスにおける機会損失をゼロにする』をミッションに、質の高いメンタルヘルスケアの選択を提供することで、より気軽に、より身近にすることを目指す企業です。

現代では、コロナが流行し、様々なネガティブなニュースなどが飛び交う中で、心の悩みを抱えて、何かに挑戦することができない・難しいといった課題を持っている方も少なくありません。
また、情報量が多い・情報が不透明すぎる・適切な情報が分からないなどといったことが理由で、心の悩みを抱えた時や、メンタルヘルス(心の健康)の調子が悪い時、どういった選択が自分にとってより良い選択なのか分からないという課題もあります。

そんな中でrementalは、利用者の心の声を聞き、今抱えている心の悩みやメンタルヘルス対策における、その人に最適な行動を選択できるプラットフォームを提供します。

そうすることによって、心の悩みやメンタルヘルス不調における機会損失を無くし、誰しもが自分らしく、幸せの実現を目指せる環境を創造していきます。


メンタルヘルスケアがしづらい現状…




精神疾患者は年々増加傾向があり、人間関係や仕事/学校関係のことでメンタル不調になる人も少なくないです。

心の悩みを抱えたときに、家族や友達に相談する・お酒を飲むなどといったストレス解消方法はあるものの、自分自身が悩みに対して、どう考えているのか、どうすればいいのかなど課題改善への行動を取る際に何をすればいいのか不透明な状況があります。

現在では「カウンセリングは精神疾患を持つ方が受けるもの」と、カウンセリングはまだまだ気軽に行えるものでないと認識を持つ人が多くいます。
カウンセリングについても、受けた経験のある方は少なく、身近ではないものです。

カウンセラーには、資格を持つ人・民間資格を持つ人・国家資格を持つ人の保持する資格の違いや、キャリア年数など、どの観点からカウンセラーを選択すればいいのかが分からない。
どのようなカウンセラーがどのようなカウンセリングを行っているかも分からず、目に留まったカウンセラーのカウンセリングを受けることで、逆にメンタル不調になってしまうこともあります

そういったことからメンタルヘルスケアがしづらい、逆にメンタルヘルスを崩してしまうことがあるのが現状の課題として挙げられます。

※厚生労働省 | こころの病気の患者数の状況(参照 2022/10/11)
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/18/backdata/01-01-02-09.html

オンラインカウンセリングサービス「Kimochi」




Kimochi(キモチ)は、利用者に合った心の専門家とマッチングできるオンラインカウンセリングサービスです。
登録後、1分でアナタに合ったカウンセラーさんを見つけることができます。
Kimochi サイト:https://kimochi-care.net/

今まで起きていたカウンセラーとのミスマッチや、心の専門家への相談までのハードルの高さを解決し、好きな場所・好きな時間で、アナタに合った心の専門家とオンラインで気軽に悩みの相談ができるオンラインカウンセリングサービスです。
自身の心の悩みは勿論、キャリアやパートナーとの関係、子育てについて専門家に相談することができます。

KimochiのLINE公式アカウントにてβ版ユーザーの募集開始!




Kimochi β版ユーザー募集中!
https://lin.ee/qK0pDHm

カウンセラーのご登録をご希望の方はこちら!
https://lin.ee/vMaM4yl


出資者からのコメント(※順不同)

East Ventures fellow
大柴 貴紀氏

メンタルヘルスの問題は現在においてますます大きくなってきました。その問題解決の手段の一つとして「カウンセリング」の最適化というのがあると感じています。欧米に比べて日本でのカウンセリング利用率は非常に低いものがありますが、単に利用率を上げるだけでは「最適化」したとは言えません。もっと深い位置にあるカウンセリングを取り巻く様々な課題を解決し、さらにはメンタルヘルス領域全体の課題を解決していく。そんなことをrementalには期待しています。心の悩みを減らし、誰しもが自分らしく、幸せにすごせる世界の実現を目指して!

さくらインターネット株式会社
代表取締役社長 / 最高経営責任者

田中 邦裕氏
メンタルヘルスの課題は、会社経営においても、日常の生活においても無視できないテーマです。
日本では、まだまだカウンセリングを受けるハードルが高いと感じていますが、VUCAの時代においては、カウンセリングの重要性はますます高まってくるものと考えています。rementalが提供するカウンセリングプラットフォームは、気軽に相談できる相手を増やすことができ、この取り組みは、元気に日々を送れる人を増やせる一助になるはずです。
佐藤さんは一見すると大人しい印象を受けますが、メンタルヘルスの話になると、一晩中話せるほどの熱量と課題意識を持っています。佐藤さんが掲げている『人々が自分らしく生きられる世界を創造する』の実現を、心より応援致します。

株式会社マイネット
代表取締役社長
上原 仁氏

日本人にとって心の健康は今や体の健康よりも現実的な課題だと思います。少子高齢化・低成長社会が進む中でメンタル疾患が自然増するのは必定。そこにリモート面談の普及を受けてカウンセリングの敷居を下げていくrementalは社会的意義の大きいサービスだと思います。純粋に自身の周りや自社での導入を勧めたいという思いで応援しています。


代表からのコメント



日本ではまだまだメンタルヘルスケアというものは一般的には認知度が高くなく気持ちが落ち込むことを心が弱いと思われていたり、人間関係や環境などによるストレスによって生きづらいと感じる人も少なくないです。
僕もその1人でしたし、今でもそう感じることがあります。

心の悩みは誰しもが抱える可能性のあるものです。
コロナが流行し健康意識は高まってきたものの、メンタルヘルスに対する意識や行動には未だに課題があります。

rementalはそれらの課題を解決し心の悩みを持っていても何かに挑戦できる環境や、心の悩みに対して自分にあった方法で改善の第一歩を進むことが出来るような環境をお届けします。

そうすることによって、メンタルヘルスにおける機会損失をゼロにしていき、1人でも多くの人が「自分らしく」生きることができ挑戦できる社会を創っていきます


採用を強化中




採用を強化しておりますので、rementalやメンタルヘルスに興味がある方、ぜひお気軽にご連絡ください。
日本のメンタルヘルスの課題を解決し、誰しもが自分らしく生きていける世界を実現するために挑戦するアナタの応募を心よりお待ちしております。

・リードエンジニア
https://www.wantedly.com/projects/1131924

・リードマーケター
https://www.wantedly.com/projects/1137949

・UIUXデザイナー
https://www.wantedly.com/projects/1131915

・Kimochiに登録くださる心理職の方
https://lin.ee/vMaM4yl

TwitterのDMからもご連絡いただけます。
https://twitter.com/rioto_remental


会社概要

社名:株式会社remental
設立:2022年1月11日
所在地:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-7 ヒューリック渋谷公園通りビル 5F-20
代表者:代表取締役CEO 佐藤利音
事業内容:『Kimochi』の運営・開発
お問い合わせ先:info@remental.care(担当:佐藤)
URL:https://remental.co.jp/
サービスサイト:https://kimochi-care.net/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)