医療・医薬・福祉 美容・健康

美しき闘士に扮する山本美月さんが原晋監督の風邪を撃退!?かぜ薬「パイロンPL」シリーズ新CM 10月12日(水)より全国放映開始

シオノギヘルスケア株式会社
~「セルフケア」の重要性を発信する啓蒙キャンペーンも同時始動~

 ヘルスケア価値の提供を通じて社会に貢献するシオノギヘルスケア株式会社(本社:大阪府大阪市、 代表取締役社長:吉本 悟)は、女優の山本美月さんと青山学院大学体育会陸上競技部・原晋監督が出演するかぜ薬「パイロンPL」シリーズの新CM「パイロンPL顆粒Pro つらい複合症状」篇と「パイロンPL錠 ゴールド せき・たんなどの11の複合症状」篇を、10月12日(水)より全国にて放映開始致します。





 本CMは、陸上競技場で風邪に苦しむ原晋監督が、様々な風邪の複合症状に襲われ、異世界に引き込まれるところから始まります。そこにパイロンPLの化身となり赤い衣装に身をつつむ美しき闘士・山本美月さんが登場します。パイロンPLの力が宿った剣をもった山本美月さんが、勢いよくジャンプし風邪の複合症状を斬っていきます。斬られた症状は崩れ落ち、原晋監督は無事に元の世界に元気な姿で舞い戻ることができ、ふかふかなベッドで目覚めることができるというストーリーとなっています。山本美月さんが美しき闘士として、風邪の症状たちと戦うアクションシーンや、初共演となる原晋監督の演技にもご注目ください。

■CM概要
〇放映開始日:2022年10月12日(水)
〇放映エリア:全国(一部地域を除く)
〇「パイロンPL顆粒Pro つらい複合症状」篇(15秒):YouTube URL https://youtu.be/SINYprPolwg
〇「パイロンPL錠 ゴールド せき・たんなどの11の複合症状」篇(15秒):
YouTube URL  https://youtu.be/RlQe--ghkzE
〇メイキング:URL https://youtu.be/v4622Z7S6us



■原晋監督・山本美月さんコメント
Q.撮影はいかがでしたか?
山本美月さん「ワイヤーに吊られて剣を振るということが中々ないので、ゲームのキャラクターになったような感覚で楽しかったです」

原晋監督「あの原監督がテレビCMに出るなんて、驚きの連続を私自身が感じております。是非、完成版お楽しみにしてください!」

Q.原晋監督と共演されていかがでしたか?
山本美月さん「すごく気さくな方で、たくさん話しかけてくださって和やかに撮影できたかなと思います。優しかったです」

Q.山本美月さんと共演されていかがでしたか?
原晋監督「学生にも人気の山本さんと撮影させていただいたこと、本当に光栄に思います。知的美人でしたね」

Q.今回の衣装についてはどうでしたか?
山本美月さん「アクションに映えるというか、スカート部分が風に舞っていて、とても世界観に合っていたなと思います」

締めのコメント
原晋監督「これからの季節、風邪を引いた時には、こちらを推奨しております」
山本美月さん「シオノギヘルスケアのパイロンPLシリーズを」
原晋監督「のんで無理せずお家で休みましょう」
山本美月さん「是非お試しください」


■出演者プロフィール


山本 美月(やまもと みづき)

1991年7月18日生まれ、福岡県出身。O型。
2009年に雑誌『CanCam』の専属モデルとなり、モデルデビュー。
2011年から女優業を開始、翌年映画『桐島、部活やめるってよ』で
映画に初出演し注目を集める。現在は映画、ドラマ・雑誌などで
幅広く活躍中。



原 晋(はら すすむ)

青山学院大学陸上競技部 長距離ブロック監督
同大学地球社会共生学部教授
1967年3月8日、広島県三原市生まれ。世羅高校で全国高校駅伝準優勝。
中京大学に進学し、全日本インカレ5000mで3位入賞。卒業後、
陸上競技部第1期生として中国電力に進むも、故障に悩み、
5年目で競技生活から引退。95年同社でサラリーマンとして再スタート。
2004年に青山学院大学陸上競技部 長距離ブロックの監督に就任。
09年、33年ぶりに箱根駅伝出場。
22年には大会記録を更新し、6度目の総合優勝を果たす。


キャンペーン概要
シオノギヘルスケアでは、「すべての人に、やさしく、正しく、楽しくセルフケアを」というビジネスコンセプトを掲げ、セルフケアをより身近に、正しく実践できるよう、ヘルスケアの当たり前を変え続けることに挑戦をしています。その一環として、本CM放映開始に伴い、原晋監督とともに「セルフケア」の重要性を発信する啓蒙キャンペーンを展開して参ります。
キャンペーンURL:https://www.shionogi-hc.co.jp/pylon-pl/selfcare.html




■パイロンPL顆粒Pro 【指定第2類医薬品】について
「パイロンPL顆粒Pro」は、痛みをおさえ熱を下げるサリチルアミドとアセトアミノフェン、痛みをおさえるはたらきを助ける無水カフェイン、鼻みず・鼻づまり・くしゃみをおさえるプロメタジンメチレンジサリチル酸塩の4つの有効成分を医療用と同量配合※1した顆粒タイプのかぜ薬です。1日4回服用で、持ち運びしやすいSP包装※2を採用しています。



◯パイロンPL顆粒Pro 12包

希望小売価格(税別): 1,680円
販売エリア: 全国の薬局・ドラッグストア等


■パイロンPL錠 ゴールド 【指定第2類医薬品】について
「パイロンPL錠 ゴールド」は、痛みをおさえ熱を下げるサリチルアミドとアセトアミノフェン、痛みをおさえるはたらきを助ける無水カフェイン、鼻みず・鼻づまり・くしゃみをおさえるプロメタジンメチレンジサリチル酸塩、せき中枢を抑えて、せきをしずめるデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物、たんを出しやすくするブロムヘキシン塩酸塩の6つの有効成分の作用により、「せき」「たん」「のどの痛み」「発熱」「鼻みず」などのかぜの11症状にすぐれた効果を発揮する錠剤タイプの総合かぜ薬です。

※1 パイロンPL顆粒Pro:サリチルアミド、アセトアミノフェン、無水カフェイン、プロメタジンメチレンジサリチル酸塩配合量(1包中)
※2 Strip Package(ストリップパッケージ)の略。透明なフィルムで包装



◯パイロンPL錠 ゴールド 18錠 
希望小売価格(税抜):1,680円   
販売エリア: 全国の薬局・ドラッグストア等

◯パイロンPL錠 ゴールド 30錠
希望小売価格(税別): 2,380円
販売エリア: 全国の薬局・ドラッグストア等


■シオノギヘルスケアのESG経営に関して


シオノギヘルスケアは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮し、社会と共に成長いたします。国連サミットによる 国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」の中では、特に「3.すべての人に健康と福祉を」「8.働きがいも経済成長も」「10.人や国の不平等をなくそう」「11.住み続けられるまちづくりを」「12.つくる責任 つかう責任」「14.海の豊かさを守ろう」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」に着目し、社会課題を解決するための様々な取り組みを進めています。


■シオノギヘルスケアのオウンドメディア・SNSの活用に関して
シオノギヘルスケアはすべての人が、セルフケアをより身近に、正しく実践できるよう、オウンドサイト(シオノギヘルスケアONLINE)や、公式SNS(Twitter、Instagram、LINEなど)を通して製品情報・キャンペーン・各方面のPro(専門家)に学ぶセルフケア方法の発信など、皆さまの健康に役立つ情報・サービスを提供いたします。
オウンドサイト:シオノギヘルスケアONLINE(https://www.shop.shionogi-hc.co.jp/
Twitter:@shionogi_hc(https://twitter.com/shionogi_hc
Instagram:@shionogi_hc(https://www.instagram.com/shionogi_hc/
LINE:@shionogi-hc
パイロンPLスペシャルサイト:https://www.shionogi-hc.co.jp/pylon-pl.html
パイロンPL公式Twitterアカウント:@PL_Medicon(https://twitter.com/pl_medicon

■シオノギヘルスケア株式会社について
SHIONOGIグループは創業以来140年以上にわたって、人々の健康に奉仕してまいりました。その中で、シオノギヘルスケアは、“常に人々の健康を守るために必要な、最もよいヘルスケア価値を提供する”という経営理念のもと、2016年1月に設立されました。多層的な事業/アライアンスなどによる付加価値でヘルスケア事業の競争力を高め、優れた製品・情報・サービスを通じて健康寿命延伸に貢献いたします。
商号:シオノギヘルスケア株式会社(SHIONOGI HEALTHCARE CO., LTD.)
会社設立:2016年1月15日
会社開業:2016年4月1日
資本金:1,000万円
従業員数:約130 名(2022 年7 月現在)
代表者:代表取締役社長吉本悟
本社所在地:大阪府大阪市中央区北浜2丁目6番18号淀屋橋スクエア7階
事業内容:一般用医薬品、医薬部外品、管理医療機器、健康食品などのヘルスケア商品の開発・製造販売
URL:https://www.shionogi-hc.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)