ホテル・レジャー 医療・医薬・福祉

【琵琶湖ホテル】滋賀県大津市内のホテルで初めての取得「観光施設における心のバリアフリー認定制度」安全で快適なホテルステイをすべてのお客様に

京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社
 琵琶湖ホテル(所在地:滋賀県大津市浜町、総支配人:前田義和)は、観光庁が定める「観光施設における心のバリアフリー認定制度」を2022年9月13日に滋賀県大津市内のホテルで初めて取得いたしました。 琵琶湖ホテルでは、これからも訪れてくださるすべての皆様に安全で快適にお過ごしいただけるよう取り組みを進めてまいります。


琵琶湖ホテル外観
「観光施設における心のバリアフリー認定制度」とは


バリアフリー対応や情報発信に積極的に取り組む姿勢のある観光施設(宿泊施設、飲食店、観光案内所)を対象にした認定制度(2020年12月創設)。2021年9月に第1弾認定施設を発表後、順次認定が進められ、2022年9月時点で全国375施設(内、宿泊施設277件)が認定。ご高齢の方や障害のある方がより安全で快適な旅行を楽しむための環境整備を推進しています。


■認定基準
1.施設のバリアフリー性能を補完するための措置を3つ以上実施
2.バリアフリーに関する教育訓練を年に1回以上実施
3.自社ホームページ以外のウェブサイトで、バリアフリー情報を積極的に発信

琵琶湖ホテルにおける取り組み


取り組み例 筆談用具の設置
「心のバリアフリー」に関する取り組みとして、車いすの貸し出し(3台)、車いす対応客室の設置、障がい者用駐車スペースの確保、共有部建物入り口の段差の解消、筆談用具の設置、エレベーター内の操作盤の点字表示など施設面での対応のほか、社員研修等を通して「心のバリアフリー」に対するサービススタッフの意識とスキル向上に努めています。


琵琶湖ホテル 概要


2022年に開業88周年を迎えた、全室レイクビューのリゾートホテル。館内には季節営業を含め8つのレストラン・バーと天然温泉「瑠璃温泉るりの湯」があり、琵琶湖の畔でレジャーやワーケーションなど幅広くご利用いただけます。
2022年2月には、国内の宿泊施設としては初めてとなるサクラクオリティの「An ESG Practice認証」を、併せて、感染症拡大防止対策に関する宿泊施設認証・サクラクオリティ「A Clean Practice認証」を取得いたしました。








琵琶湖ホテル開業88周年
琵琶湖ホテルは2022年10月に開業88周年を迎え、お客様への「感謝」と「未来」をテーマに、様々なイベントや企画を実施しております。
詳しくは琵琶湖ホテルホームページをご確認ください。
詳細URL:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/biwakohotel/88th_anniversary/

新型コロナウイルス感染症に関する取り組み
詳しくは琵琶湖ホテルホームページをご確認ください。
詳細URL:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/biwakohotel/biwakohotel_safety_security_policy/

※リリースに掲載している写真はすべてイメージです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)